[スポンサーリンク]


2017年 11月 09日

  1. 有機合成化学協会誌2017年11月号:オープンアクセス・英文号!

    今月もこの日がやってきました!有機化学合成協会が発行する有機合成化学協会誌の発行日!今月11月号はオープンアクセスの英文号になっています。年に一度の号にふさわしく、著者の方々はとっても豪華な顔ぶれです。今回も、会員の方ならばそれぞれ…

  2. カガクをつなげるインターネット:サイエンスアゴラ2017

    11月下旬に開催される日本最大級のサイエンスコミュニケーションイベント「サイエンスアゴラ」。…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 第19回 有機エレクトロニクスを指向した合成 – Glen Miller
  2. 「優れた研究テーマ」はどう選ぶべき?
  3. クネーフェナーゲル縮合 Knoevenagel Condensation
  4. デーヴィス酸化 Davis Oxidation
  5. 第94回―「化学ジャーナルの編集長として」Hilary Crichton博士
  6. ヨードラクトン化反応 Iodolactonization
  7. 可視光照射でトリメチルロックを駆動する

注目情報

最新記事

なぜあの研究室の成果は一流誌ばかりに掲載されるのか【考察】

Nature誌やScience誌は科学者ならば誰もが認める一流ジャーナルとして認識されています。そう…

PEG化合物を簡単に精製したい?それなら塩化マグネシウム!

ケミカルバイオロジー・生体関連化学用途の分子構造において、とにかくよく見かけるポリエチレングリコール…

バリー・ハリウェル Barry Halliwell

バリー・ハリウェル (Barry Halliwell、1949年10月18日-)は、イギリスの生化学…

湾曲したパラフェニレンで繋がれたジラジカルの挙動  〜湾曲効果による電子スピン状態の変化と特異性〜

第342回のスポットライトリサーチは、広島大学大学院 先進理工系科学研究科・宮澤友樹 さんにお願いし…

第165回―「光電変換へ応用可能な金属錯体の開発」Ed Constable教授

第165回の海外化学者インタビューは、エドウィン(エド)・コンステイブル教授です。バーゼル大学化学科…

PAGE TOP