[スポンサーリンク]


2017年 11月 10日

  1. フラスコ内でタンパクが連続的に進化する

    ハーバード大学のDavid R. Liu教授らは、連続流動培養装置の中で、大腸菌から発現されるアミノアシルtRNA合成酵素が自律的に進化し、活性・選択性を大幅に向上する手法を開発しました。“Continuous directed evo…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. Lead Optimization for Medicinal Chemists
  2. 松本和子氏がIUPACのVice Presidentに選出される
  3. 化学者のためのエレクトロニクス講座~電解で起こる現象編~
  4. 顕微鏡で有機化合物のカタチを決める!
  5. ゲームプレイヤーがNatureの論文をゲット!?
  6. 第四回 ケムステVシンポ「持続可能社会をつくるバイオプラスチック」
  7. ニトログリセリン / nitroglycerin

注目情報

最新記事

有機合成化学協会誌2024年4月号:ミロガバリン・クロロププケアナニン・メロテルペノイド・サリチル酸誘導体・光励起ホウ素アート錯体

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2024年4月号がオンライン公開されています。…

日本薬学会第144年会 (横浜) に参加してきました

3月28日から31日にかけて開催された,日本薬学会第144年会 (横浜) に参加してきました.筆者自…

キシリトールのはなし

Tshozoです。 35年くらい前、ある食品メーカが「虫歯になりにくい成分」を使ったお菓子を…

2つの結合回転を熱と光によって操る、ベンズアミド構造の新たな性質を発見

 第 608回のスポットライトリサーチは、北海道大学大学院 生命科学院 生命科学専攻 生命医…

スポットライトリサーチ まとめ【初回〜第200回まで】

ケムステの人気企画スポットライトリサーチ、2015 年に始まって以来、2024 年現…

PAGE TOP