[スポンサーリンク]

ケムステニュース

世界初 ソフトワーム用自発光液 「ケミホタルペイント」が発売

[スポンサーリンク]

化学発光の開発製造パイオニアの株式会社ルミカは、3年の歳月をかけて発光スプレーの商品化に世界で初めて成功し、釣具市場向けに「ケミホタルペイント」の発売を開始した。 (引用:5月24日プレスリリース)

ライブなどで多用されるケミカルライトは、二つの液を混合することで化学反応が起きて発光する仕組みです。ほとんどのケミカルライトは、二重構造の筒に二つの液が別々に封入されていて、それを曲げることで内部の壁が壊れて液体が混ざるように設計されています。

今回、発売を始めた「ケミホタルペイント」は、スプレー容器から発光するジェルが吐出される仕組みです。用途は釣り具で、専用のボトルにスプレー缶から出した後、ワームに直接注入するか、中空でない場合には専用の小型容器をワームに差し込み注入します。釣り具向けに超小型ケミカルライト、「ちもとホタル」がありましたが、このケミホタルペイントは、手持ちのワームを柔軟性を損なうことなく直接光らせることができるので画期的な商品です。発光が終わってもジェルを継ぎ足すことでもう一度、発光させることができます。また、一缶に十分な量が入っていて、ちもとホタル12,700個分使えるそうです。

スプレーの外見

ワークに差し込んだ容器に注入している様子

同様の商品として、ルミカでは「サイリュームペイント」と呼ばれる商品を2018年の12月から販売しています。こちらは、地面などに直接スプレーして発光する文字や絵柄を書くことができるものです。スプレーは同じような形をしていますが、ケミホタルペイントはボトルに出してから小さい別容器に注入できるのに対して、サイリュームペイントはマーキングできるようにジェルが吐出されるようです。

ポイントは、二つの液体を発光に適するように同時に吐出されるテクノロジーで、エアゾール大手の東洋エアゾール工業株式会社の「DUAL:Double Bag Ultimate AerosoL」と呼ばれる技術を応用したそうです。DUALはワンプッシュで二つの液体を同時に取り出せる技術で白髪染めに使われています。ただし、白髪染めでは二つの液体が同時に出てきても隣接しているだけなので混合されてはいません。そのため、3年の歳月をかけて2液同時かつ混合されてジェルが吐出できる技術を開発しケミホタルペイント、サイリュームペイントを商品化したと考えられます。東洋エアゾール株式会社と株式会社ルミカとでこの製品に関する特許を出願中とのことで、仕組みや液体の構成についてオリジナリティが高いのではないでしょうか。

ケミホタルペイントは釣り具用の商品でサイリュームペイントは防災用品ですが、ケミカルライトの制約であった2液の混合が必要なく容器が円柱である必要もないため、さらに他の潜在的な応用が数多くあると思います。イベント用途では繰り返し使え光量も多いLEDライトに押されている気もしますが、電力なしで発光するのがケミカルライトの最大の利点であるため応用した商品が開発されることを期待します。

関連書籍

関連リンク

Zeolinite

投稿者の記事一覧

ただの会社員です。某企業で化学製品の商品開発に携わっています。社内でのデータサイエンスの普及とDX促進が個人的な野望です。

関連記事

  1. エーザイ、抗てんかん剤「イノベロン」、ドイツなどで発売を開始
  2. 石油化学大手5社、今期の営業利益が過去最高に
  3. ノーベル化学賞明日発表
  4. 日本発元素がついに周期表に!!「原子番号113番」の命名権が理研…
  5. 富山化の認知症薬が米でフェーズ1入り
  6. メディビック、抗がん剤「グルフォスファミド」の第II相試験を開始…
  7. サイエンスイングリッシュキャンプin東京工科大学
  8. カネボウ化粧品、バラの香りの秘密解明 高級香水が身近に?

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 植物たちの静かな戦い
  2. 112番元素にコペルニクスに因んだ名前を提案
  3. エノラートのα-アルキル化反応 α-Alkylation of Enolate
  4. フィッシャーカルベン錯体 Fischer Carbene Complex
  5. ハリー・グレイ Harry B. Gray
  6. ウーロン茶に新薬開発の夢 県立大グループが新成分発見
  7. セミナー/講義資料で最先端化学を学ぼう!【有機合成系・2016版】
  8. ホウ素の力でイオンを見る!長波長光での観察を可能とするアニオンセンサーの開発
  9. ベンゾイン縮合反応 Benzoin Condensation
  10. マクマリーカップリング McMurry Coupling

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2019年5月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

注目情報

最新記事

材料開発における生成AIの活用方法

開催日:2024/06/26 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

Ming Yang教授の講演を聴講してみた

bergです。この度は2024年6月19日(水)に東京工業大学 大岡山キャンパス(理学部)にて開催さ…

【6/26・27開催ウェビナー】バイオ分野の分析評価・試験~粒子径測定と吸入製剤試験の新技術~(三洋貿易株式会社)

1.ウェビナー概要2024年6月26日・27日の2日間で開催される三洋貿易ウェビ…

なんとオープンアクセス!Modern Natural Product Synthesis

(注)↑上記アマゾンでは売っていますが、実はオープンアクセスで、PDFならば完全無料ですので…

ノーベル化学賞受賞者に会いに行こう!「リンダウ・ノーベル賞受賞者会議」参加者募集中!

ドイツの保養地リンダウで毎年1週間程度の日程で開催される、リンダウ・ノーベル賞受賞者会議(Linda…

ゴードン会議に参加しました【アメリカで Ph.D. を取る: 国際学会の巻】

Gordon Research Conference (GRC, ゴードン研究会議) は、科学の様々…

ノーベル賞受賞者と語り合おう!「第16回HOPEミーティング」参加者募集!

今年もHOPEミーティング の参加者募集の時期がやって来ました。HOPEミーティングは、アジア・…

有機合成化学協会誌2024年6月号:四塩化チタン・選択的フッ素化・環境調和型反応・インデン・インダセン・環状ペプチド

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2024年6月号がオンライン公開されています。…

【6月開催】 【第二期 マツモトファインケミカル技術セミナー開催】 題目:有機金属化合物 オルガチックスを用いた架橋剤としての利用(溶剤系)

■セミナー概要当社ではチタン、ジルコニウム、アルミニウム、ケイ素等の有機金属化合物を“オルガチッ…

マテリアルズ・インフォマティクスの推進成功事例 -なぜあの企業は最短でMI推進を成功させたのか?-

開催日:2024/06/18 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP