[スポンサーリンク]

ケムステニュース

米メルク、「バイオックス」回収で第2・四半期は減収減益

 米医薬品大手メルクの第2・四半期決算は、純利益が7億2100万ドル(1株当たり0.33ドル)となり、前年同期の17億7000万ドル(1株当たり0.79ドル)から大幅な減益となった。海外子会社からの利益還流に伴う税負担の増加と、鎮痛剤「バイオックス」の回収が減益要因(ロイター)。

2004年の9月に自主回収に追い込まれたバイオックス。後に安全性を認められたようですが、かなり響いているようです。このバイオックス関連での訴訟も多く起こっています。

 

  • 関連書籍

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. カーボンナノチューブ量産技術を国際会議で発表へ
  2. 米国もアトピー薬で警告 発がんで藤沢製品などに
  3. 夢・化学-21 化学への招待
  4. 住友化学、Dow Chemical社から高分子有機EL用材料事業…
  5. 室内照明で部屋をきれいに 汚れ防ぐ物質「光触媒」を高度化
  6. 第32回生体分子科学討論会 
  7. ナノテクノロジー関連の特許が多すぎる問題
  8. 化学企業のグローバル・トップ50が発表【2018年版】

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. アルツハイマー薬で副作用死
  2. ベン・デイヴィス Ben G. Davis
  3. シャンパンの泡、脱気の泡
  4. 市販の新解熱鎮痛薬「ロキソニン」って?
  5. 三菱化学、酸化エチレン及びグリコールエーテルの価格を値上げ
  6. 不活性第一級C–H結合の触媒的官能基化反応
  7. フィッツィンガー キノリン合成 Pfitzinger Quinoline Synthesis
  8. 炭素をつなげる王道反応:アルドール反応 (5/最終回)
  9. プロドラッグの話
  10. 水素化ナトリウムの酸化反応をブロガー・読者がこぞって追試!?

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

【なんと簡単な!】 カーボンナノリングを用いた多孔性ナノシートのボトムアップ合成

第 164 回目のスポットライトリサーチは東京大学大学院新領域創成科学研究科 物質系専攻の森泰造 (…

「進化分子工学によってウイルス起源を再現する」ETH Zurichより

今回は2018年度のノーベル化学賞の対象となった進化分子工学の最前線でRNA・タンパク質工学を組み合…

アントニオ・M・エチャヴァレン Antonio M. Echavarren

アントニオ・M・エチャヴァレン(Antonio M. Echavarren、1955年3月25日–)…

スルホキシドの立体化学で1,4-ジカルボニル骨格合成を制す

イナミドと光学活性なアルケニルスルホキシドから、2位および3位に置換基をもつ1,4-ジカルボニル骨格…

サッカーボール型タンパク質ナノ粒子TIP60の設計と構築

第163回目のスポットライトリサーチは、慶應義塾大学理工学部 ・川上了史(かわかみ のりふみ)講師に…

不斉カルボニル触媒で酵素模倣型不斉マンニッヒ反応

ピリドキサール生体模倣触媒によるアリールN-ホスフィニルイミン類とグリシン類の不斉マンニッヒ反応が報…

PAGE TOP