[スポンサーリンク]


2017年 11月 17日

  1. DNAを切らずにゲノム編集-一塩基変換法の開発

    ゲノム編集といえば、今流行りのCRISPR/Cas9を思い浮かべる方が多いと思います。CRISPR/Cas9に限らず、ゲノム編集の基本的な戦略は、DNAを切り、そこに目的の遺伝子を導入するという方法をとります。しかし、DNAの切断を経る方法…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ジ-π-メタン転位 Di-π-methane Rearrangement
  2. 第109回―「サステイナブルな高分子材料の創製」Andrew Dove教授
  3. シラフルオフェン (silafluofen)
  4. アーント・アイシュタート合成 Arndt-Eistert Synthesis
  5. 抗結核薬R207910の不斉合成
  6. 医薬品の合成戦略ー医薬品中間体から原薬まで
  7. 磁石でくっつく新しい分子模型が出資募集中

注目情報

最新記事

エキノコックスにかかわる化学物質について

Tshozoです。40年以上前でしょうか、手塚治虫氏の有名な作品「ブラック・ジャック」でこう…

秋田英万 Akita Hidetaka

秋田 英万(あきた ひでたか)は、日本の有機化学者である。千葉大学薬学研究院および東北大学薬学研究院…

香料化学 – におい分子が作るかおりの世界

(さらに…)…

ギ酸ナトリウムでconPETを進化!

塩化アリールのラジカルカップリング反応が開発された。芳香環の電子状態にかかわらず種々の塩化アリールに…

料理と科学のおいしい出会い: 分子調理が食の常識を変える

(さらに…)…

PAGE TOP