[スポンサーリンク]

G

ガッターマン・コッホ反応 Gattermann-Koch Reaction

[スポンサーリンク]

 

概要

芳香族炭化水素にルイス酸存在下、一酸化炭素と塩化水素を作用させてアルデヒドを合成する反応。置換ベンゼンの場合、おもにパラ位にホルミル基が導入される。この反応はフェノールやアニリン類には適用できない。

 

基本文献

  • Gattermann, L.; Koch, J. A. Ber. 189730, 1622.
  • Crounse, N, N. Org. React. 1949, 5, 290.

 

反応機構

gattermann_koch_2.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

関連記事

  1. ブーボー/ボドロー・チチバビン アルデヒド合成 Bouveaul…
  2. ドウド・ベックウィズ環拡大反応 Dowd-Beckwith Ri…
  3. ジアゾカップリング diazocoupling
  4. シュワルツ試薬 Schwartz’s Reagent…
  5. コーリー・フックス アルキン合成 Corey-Fuchs Alk…
  6. マンニッヒ反応 Mannich Reaction
  7. 衣笠反応 Kinugasa Reaction
  8. コープ脱離 Cope Elimination

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 化学者の卵に就職活動到来
  2. 野依不斉水素移動反応 Noyori Asymmetric Transfer Hydrogenation
  3. 2010年ノーベル化学賞予想―海外版
  4. ポメランツ・フリッチュ イソキノリン合成 Pomeranz-Fritsch Isoquinoline Synthesis
  5. 1日1本の「ニンジン」でガン予防!?――ニンジンの効能が見直される
  6. アステラス病態代謝研究会 2018年度助成募集
  7. 分取薄層クロマトグラフィー PTLC (Preparative Thin-Layer Chromatography)
  8. 研究者のためのCG作成術④(レンダリング編)
  9. 自転車泥棒を臭いで撃退!?「スカンクロック」を考案
  10. ホフマン脱離 Hofmann Elimination

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

「もはや有機ではない有機材料化学:フルオロカーボンに可溶な材料の創製」– MIT・Swager研より

ケムステ海外研究記の第36回はマサチューセッツ工科大学(MIT)化学科のPhD課程に在籍されている吉…

八木 政行 Masayuki Yagi

八木 政行(やぎ まさゆき、Yagi Masayuki、1968年 -)は、日本の化学者である (写…

有機化学を俯瞰する –古代ギリシャ哲学から分子説の誕生まで–【前編】

本連載では、生命体を特別視する "生気説" が覆されたことにより、有機合成化学の幕が開いたことについ…

第92回―「金属錯体を結合形成触媒へ応用する」Rory Waterman教授

第92回の海外化学者インタビューは、ロリー・ウォーターマン教授です。バーモント大学化学科に在籍し、有…

第五回ケムステVシンポジウム「最先端ケムバイオ」を開催します!

コロナウイルスの自粛も全国で解かれ、日本国内はだいぶ復帰に近づいてました(希望的観測)。しかし今年度…

ボロン酸エステルをモノ・ジフルオロメチル基に変える

ボロン酸エステルを原料としたモノ、ジフルオロメチル化反応が開発された。立体特異的に進行する本反応では…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP