[スポンサーリンク]

G

ガッターマン・コッホ反応 Gattermann-Koch Reaction

 

概要

芳香族炭化水素にルイス酸存在下、一酸化炭素と塩化水素を作用させてアルデヒドを合成する反応。置換ベンゼンの場合、おもにパラ位にホルミル基が導入される。この反応はフェノールやアニリン類には適用できない。

 

基本文献

  • Gattermann, L.; Koch, J. A. Ber. 189730, 1622.
  • Crounse, N, N. Org. React. 1949, 5, 290.

 

反応機構

gattermann_koch_2.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. ベンジジン転位 Benzidine Rearrangement
  2. 椎名マクロラクトン化 Shiina Macrolactoniza…
  3. ルーシェ還元 Luche Reduction
  4. ピナコール転位 Pinacol Rearrangement
  5. スズアセタールを用いる選択的変換 Selective Trans…
  6. ストライカー試薬 Stryker’s Reagent…
  7. 野依不斉水素移動反応 Noyori Asymmetric Tra…
  8. フェントン反応 Fenton Reaction

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ボリルアジドを用いる直接的アミノ化
  2. 第95回日本化学会付設展示会ケムステキャンペーン!Part III
  3. 伊丹健一郎 Kenichiro Itami
  4. ピクテ・スペングラー反応 Pictet-Spengler Reaction
  5. 置き去りのアルドール、launch!
  6. モーリス・ブルックハート Maurice S. Brookhart
  7. 日本薬学会第138年会 付設展示会ケムステキャンペーン
  8. 【なんと簡単な!】 カーボンナノリングを用いた多孔性ナノシートのボトムアップ合成
  9. 2017年10大化学ニュース
  10. ディスコデルモライド /Discodermolide

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

【なんと簡単な!】 カーボンナノリングを用いた多孔性ナノシートのボトムアップ合成

第 164 回目のスポットライトリサーチは東京大学大学院新領域創成科学研究科 物質系専攻の森泰造 (…

「進化分子工学によってウイルス起源を再現する」ETH Zurichより

今回は2018年度のノーベル化学賞の対象となった進化分子工学の最前線でRNA・タンパク質工学を組み合…

アントニオ・M・エチャヴァレン Antonio M. Echavarren

アントニオ・M・エチャヴァレン(Antonio M. Echavarren、1955年3月25日–)…

スルホキシドの立体化学で1,4-ジカルボニル骨格合成を制す

イナミドと光学活性なアルケニルスルホキシドから、2位および3位に置換基をもつ1,4-ジカルボニル骨格…

サッカーボール型タンパク質ナノ粒子TIP60の設計と構築

第163回目のスポットライトリサーチは、慶應義塾大学理工学部 ・川上了史(かわかみ のりふみ)講師に…

不斉カルボニル触媒で酵素模倣型不斉マンニッヒ反応

ピリドキサール生体模倣触媒によるアリールN-ホスフィニルイミン類とグリシン類の不斉マンニッヒ反応が報…

PAGE TOP