[スポンサーリンク]

海外化学者インタビュー

第137回―「リンや硫黄を含む化合物の不斉合成法を開発する」Stuart Warren教授

[スポンサーリンク]

第137回の海外化学者インタビューはスチュアート・ウォーレン教授です。ケンブリッジ大学化学科に所属し、新しい合成法、特にリンや硫黄を含む合成法と、転位や不斉合成に取り組んでいます。残念ながら昨年3月に亡くなりました。

それではインタビューをどうぞ。

Q. あなたが化学者になった理由は?

チェルシーのチードル・ハルム学校に通い、デビッド・グッディソンから化学を教えてもらえたのは幸運でした。早くから科学が大好きでしたが、デビッドの思慮深いアプローチと、「どのように」ではなく「なぜ」を重視する姿勢から、科学のうち他の何よりも化学を好むようになるまでに、そう時間はかかりませんでした。彼が有機化学を紹介してくれた日のことは、今でも鮮明に思い出すことができます。彼はカルボン酸を例に挙げていたのですが、私はこれに腹を立て、「あんなものは酸ではない」と彼に抗議しました。彼は微笑んで、続きが何なのかを待つように提案しました。ものごとに対しかなり激しく反抗していても、一転してそれを好きになることがあります。それに深く関わるからこそです。私が有機化学を好きになった理由はそういうものです。しかし、確固たる知的基盤を有した有機化学を教えてくれたのはケンブリッジ大学の学部時代に出会ったデニス・マリアン、ピーター・サイクス、マルコム・クラークであり、それゆえ一生、有機化学をやりたいと思うようになりました。

Q. もし化学者でなかったら、何になりたいですか?またその理由は?

プロのクリケット選手になろうとしたかもしれませんが、自分には無理でした。ハーバード大学で フランク・ウェストハイマーに 師事して生化学をやろうとしましたが、 有機化学のほうが好きだったので辞めました。他の科学には手を出しませんでした。あとは俳優か小説家か聖職者でしょうか。

Q. 現在取り組んでいることは何ですか?そしてそれをどう展開させたいですか?

私はもう研究グループを持っていませんが、執筆活動は続けています。今は、Jonathan Claydenと一緒に、Oxford University Pressの教科書『Organic Chemistry』の第2版に取り組んでいます。Paul Wyattと、Wiileyの有機合成シリーズ本の4冊を完成させ、最終巻が今年(訳注:2009年)発刊されます。Paulとはまた、産業界で「Advanced Heterocyclic Chemistry」などのコースを担当しており、次はこの題名で本を作ろうかと思っています。私にとってはおそらく最後のプロジェクトになるでしょう。反応のリストを示すというよりは反応を説明している、メカニズムに立脚したとっつきやすい複素環化学の本は大いに必要とされているように思います。

Q.あなたがもし 歴史上の人物と夕食を共にすることができたら誰と?またその理由は?

ウェリントン公爵は切れ味鋭い言葉を使う達人で、支配するだけでは我慢できず、現場の結果こそが真に重要だと考えていました。半島戦争でのイギリス、スペイン、ポルトガルの支配をどうやって切り抜けたのか、 カトリックの奴隷解放法案に 執着した理由は何だったのか、 知りたいものです。もちろん、彼は招待を断るでしょうから、そうなったらクリケット選手としての長きにわたるキャリアを語ってくれるペラム・ワーナーが良いかもしれませんね。もしくはチャールズ・リースを蘇らせて、彼の死によって突然に中断されてしまった会話をたくさん続けたいです。

Q. あなたが最後に研究室で実験を行ったのはいつですか?また、その内容は?

1973年、ロビン・シェパードは、Ph2PO転移における立体特異性を解明する一連の実験を終えました。彼は出発物のX線像を持っていましたが、生成物を結晶化することができませんでした。そこで私がそれを行い、ルイジ・ナシンベニからX線像を入手し、その結果をNature誌に発表しました(Nature 248, 670–671 (1974))。

Q.もしあなたが砂漠の島に取り残されたら、どんな本や音楽が必要ですか?1つだけ答えてください。

『大いなる遺産』、『高慢と偏見』、HardyまたはWordsworthの全詩集、 『新約聖書』の中から選ぶでしょうが、とても難しいですね。

音楽は簡単です。Ian BostrichFinziによって歌われるシューベルトやヴォーン・ウィリアムズの曲にします。Ian Partridgeが歌う『Ode on the Intimations of Immortality』も良いです。素晴らしい人間の声楽を一番求めるのではないかと思います。

Q.「Reactions」でインタビューしてほしい化学者と、その理由を教えてください。

ガイ・ロイド・ジョーンズ(ブリストル大学)です。というのも彼の仕事は、最高の反応機構解析と、最新の有機金属化学と不斉触媒を組み合わせているように思えるからです。今日の有機化学界において最も鋭い思想家の一人です。

原文:Reactions – Stuart Warren

※このインタビューは2009年11月27日に公開されました。

cosine

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 第79回―「高分子材料と流体の理論モデリング」Anna Bala…
  2. 第七回 生命を化学する-非ワトソン・クリックの世界を覗く! ー杉…
  3. 第43回「はっ!」と気づいたときの喜びを味わい続けたい R…
  4. 第50回―「糖やキラル分子の超分子化学センサーを創り出す」Ton…
  5. 第45回「天然物合成化学の新展開を目指して」大栗博毅教授
  6. 第57回―「アニオン認識の超分子化学」Phil Gale教授
  7. 第34回 生物学と合成化学のハイブリッド高分子材料を開発する―J…
  8. 第41回―「クロム錯体のユニークな触媒活性と反応性を解明する」K…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 招福豆ムクナの不思議(6)植物が身を護る化学物資
  2. 日本プロセス化学会2018ウインターシンポジウム
  3. 化学構造式描画のスタンダードを学ぼう!【基本編】
  4. 第36回 生体を模倣する化学― Simon Webb教授
  5. Molecules That Changed the World
  6. 掃除してますか?FTIR-DRIFTチャンバー
  7. 細孔内単分子ポリシラン鎖の特性解明
  8. 研究者版マイナンバー「ORCID」を取得しよう!
  9. ゲルセジン型アルカロイドの網羅的全合成
  10. リチャード・ラーナー Richard Lerner

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

Carl Boschの人生 その9

Tshozoです。書いてると色々膨らんで収集がつかなくなりますね。ということで前回の続き。W…

創薬・医療系ベンチャー支援プログラム”BlockbusterTOKYO” ビジネスプラン発表会を開催!

東京都が主催し、Beyond Next Ventures株式会社が運営するBlockbuster T…

酸化反応を駆使した(-)-deoxoapodineの世界最短合成

第294回のスポットライトリサーチは、吉田慶 博士にお願いしました。今回取り上げる研究は有機…

特許取得のための手続き

bergです。本記事では特許出願に必要な手続きについてかいつまんでご紹介します。皆さんの研究もひょっ…

「ソーシャルメディアを活用したスタートアップの価値向上」 BlockbusterTOKYO 2020 第9回 研修プログラムを実施!

Blockbuster TOKYOは東京都が主催し、Beyond Next Ventures株式会社…

カルボカチオンの華麗なリレー:ブラシラン類の新たな生合成経路

反応経路の自動探索によりセスキテルペンのトリコブラシレノールの新たな全生合成経路が提唱された。ト…

特許の効力と侵害

bergです。今回は知的財産権の代表格である特許権について、その効力と侵害された/侵害してしまったと…

光レドックス触媒反応 フォトリアクター Penn PhD Photoreactor M2をデモしてみた

いまや有機反応の開発に欠かせなくなった可視光反応場。多くの化学論文誌で毎週必ずいくつかみるほどですね…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP