[スポンサーリンク]


2017年 11月 28日

  1. クロスメタセシスによる三置換アリルアルコール類の合成

    クロスメタセシスを用いた三置換アリルアルコール/エーテルの合成法が開発された。用いる試薬により生成物のE/Z選択性を極めて高い精度で制御することができる。 クロスメタセシス反応による三置換オレフィン形成二種類のオレフィンの分子間クロ…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 第157回―「メカノケミカル合成の方法論開発」Tomislav Friščić教授
  2. ルーブ・ゴールドバーグ反応 その1
  3. サイエンスアゴラ2014総括
  4. メチオニン選択的なタンパク質修飾反応
  5. 半導体で水から水素 クリーンエネルギーに利用
  6. デーブナー・フォン=ミラー キノリン合成 Doebner-von Miller quinoline synthesis
  7. p-メトキシベンジル保護基 p-Methoxybenzyl (PMB) Protective Group

注目情報

最新記事

エキノコックスにかかわる化学物質について

Tshozoです。40年以上前でしょうか、手塚治虫氏の有名な作品「ブラック・ジャック」でこう…

秋田英万 Akita Hidetaka

秋田 英万(あきた ひでたか)は、日本の有機化学者である。千葉大学薬学研究院および東北大学薬学研究院…

香料化学 – におい分子が作るかおりの世界

(さらに…)…

ギ酸ナトリウムでconPETを進化!

塩化アリールのラジカルカップリング反応が開発された。芳香環の電子状態にかかわらず種々の塩化アリールに…

料理と科学のおいしい出会い: 分子調理が食の常識を変える

(さらに…)…

PAGE TOP