[スポンサーリンク]

ケムステニュース

中外製薬、抗悪性腫瘍剤「エルロチニブ塩酸塩」の製造販売承認を申請

中外製薬株式会社[本社:東京都中央区/社長:永山 治]は、進行再発非小細胞肺がんを対象として開発を進めておりました、エルロチニブ塩酸塩の製造販売承認申請を4月14日に厚生労働省に行いましたので、お知らせします。

エルロチニブ塩酸塩は、非小細胞肺がん患者において、延命効果を示した唯一のヒト上皮増殖因子受容体(EGFR/HER1)チロシンキナーゼ阻害剤です。この延命効果は、化学療法が無効もしくは化学療法施行後にがんの増悪が見られた進行性非小細胞肺がん患者を対象とし、カナダ国立がんセンター臨床試験グループ、OSI Pharmaceuticals、ジェネンテックおよびロシュが共同で実施した、多国籍共同臨床第III相二重盲検試験(BR.21試験)において示されました。(引用:日経プレリリース

 

エルロニチブ塩酸塩(Erlotinib hydrochloride)はEGFR tyrosine kinaseのATP結合部位でATPと競合阻害します。現在、米国、欧州を含む50カ国以上で、「Tarceva(R)」(タルセバ)の製品名にて販売されています。

 

関連書籍

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院准教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 第六回サイエンス・インカレの募集要項が発表
  2. 信越化学、排水・排ガスからの塩水回収技術を開発
  3. “クモの糸”が「ザ・ノース・フェイス」の…
  4. 全薬工業とゼファーマ、外用抗真菌薬「ラノコナゾール」配合の水虫治…
  5. ハーバード大Whitesides教授がWelch Awardを受…
  6. サンギ、バイオマス由来のエタノールを原料にガソリン代替燃料
  7. ノーベル化学賞:下村脩・米ボストン大名誉教授ら3博士に
  8. 仏サノフィ・アベンティス、第2・四半期は6.5%増収

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. キラルオキサゾリジノン
  2. ヨウ化サマリウム(II) Samarium(II) Iodide SmI2
  3. 2016 SciFinder Future Leadersプログラム参加のススメ
  4. とあるカレイラの天然物〜Pallambins〜
  5. 農工大で爆発事故発生―だが毎度のフォローアップは適切か?
  6. トラネキサム酸 / tranexamic acid
  7. 炭素をつなげる王道反応:アルドール反応 (5/最終回)
  8. 大分の高校生が特許を取得!
  9. [12]シクロパラフェニレン : [12]Cycloparaphenylene
  10. キセノン (xenon; Xe)

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

触媒のチカラで拓く位置選択的シクロプロパン合成

嵩高いコバルト錯体を触媒として用いた位置選択的Simmons–Smith型モノシクロプロパン化反応が…

「原子」が見えた! なんと一眼レフで撮影に成功

An Oxford University student who captured an image…

2018年3月2日:ケムステ主催「化学系学生対象 企業合同説明会」

2月も後半となり、3月1日の就活解禁に向けて、2019年卒業予定の学生のみなさんは、就活モードが本格…

高専シンポジウム in KOBE に参加しました –その 2: 牛の尿で発電!? 卵殻膜を用いた燃料電池–

1 月 27 日に開催された第 23 回 高専シンポジウム in KOBE の参加報告の後編です。前…

化学探偵Mr.キュリー7

昨年3月からついに職業作家となった、化学小説家喜多喜久氏。その代表作である「化学探偵Mr.キュリー」…

き裂を高速で修復する自己治癒材料

第139回目のスポットライトリサーチは、物質・材料研究機構(NIMS) 構造材料研究拠点 長田 俊郎…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP