[スポンサーリンク]


2018年 4月 25日

  1. 鉄カルベン活性種を用いるsp3 C-Hアルキル化

    2017年、イリノイ大学 M. Christina Whiteらは鉄フタロシアニン触媒から生成するメタルカルベン種を活用し、アリル位・ベンジル位の分子内C-Hアルキル化反応を達成した。“Catalytic C(sp3)-H Alkyla…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 11年ぶり日本開催、国際化学五輪プレイベントを3月に
  2. 後発医薬品、相次ぎ発売・特許切れ好機に
  3. アメリカの大学院で受ける授業
  4. アルコールのアルカンへの還元 Reduction from Alcohol to Alkane
  5. カルロス・バーバス Carlos F. Barbas III
  6. 藤嶋 昭 Akira Fujishima
  7. 武田、フリードライヒ失調症薬をスイス社と開発

注目情報

最新記事

マテリアルズ・インフォマティクスにおける回帰手法の基礎

開催日:2024/03/06 申込みはこちら■開催概要マテリアルズ・インフォマティクスを…

フッ素の特性が織りなす分子変換・材料化学(CSJカレントレビュー:47)

(さらに…)…

日本薬学会第144回年会「有機合成化学の若い力」を開催します!

卒業論文などは落ち着いた所が多いでしょうか。入試シーズンも終盤に差し掛かり、残すところは春休…

ホウ酸団子のはなし

Tshozoです。暇を見つけては相変わらず毎日ツイッターでネタ探しをしているのですが、その中で下…

活性酸素を効率よく安定に生成できる分子光触媒 〜ポルフィリンと分子状タングステン酸化物を複合化〜

第596回のスポットライトリサーチは、東京大学 大学院工学系研究科(山口研究室)修士課程 2年の山口…

PAGE TOP