[スポンサーリンク]

chemglossary

分子モーター Molecular Motor

[スポンサーリンク]

分子モーター(Molecular Motor)は、分子機械(分子レベルの機械装置・究極のナノテクノロジー)における素子の一つです。モーター機能を単一分子(もしくは複数分子の複合体)の分子で実現してしまおう、というものです。


人工的にはロタキサン・カテナンなどの超分子骨格を用いて研究されることが多いですが、動力学機構を実際に備えたものはほとんど報告がありません。

 冒頭の図でも示されている、オレフィン架橋型ヘリセン分子は、オランダ・グローニンゲン大学のBen Feringaによって1999年に開発されました。[1] 熱/光のエネルギーを周期的にかけてやることで一方向にだけ回転するという、ユニークな特性を持ちます。

Feringa_motor_1.gif

 東北大の原田宜之らは、世界で始めて動力機構を備えた光動力分子モーターの構築に成功しています。これは、オレフィンのシスートランス光異性化を回転の動力源とし、ツメ歯車効果、モーター分子のキラリティの特性を生かしたものです。

 一方で、生物界で知られるたんぱく質・RNAでできた分子の中には、モーター挙動を示すものが知られています。

 ATP合成酵素(ATP synthase)は、アデノシン三リン酸(ATP)を分解・消費して上にくっついたF1部位を回転させることが実験的に観測されています。[2] ATPを燃料とした分子モーターというわけです。

ATPsynthase

 では逆に、これを人力的に回してやればどうなるでしょうか?なんと、これによってATPが化学合成されてくるそうです(!)。モーターに対する”発電機”の関係と同じというわけですね。これを実証せしめた[3]のは日本人研究者です。こんなミクロな世界にまで人工物と自然のアナロジーが観られるというのは、本当に面白いですね。

関連文献

[1] “Light-driven monodirectional molecular rotor”

Koumura, N.; Zijlstra, R. W. J.; van Delden, R. A.; Harada, N.; Feringa, B. L. Nature 1999, 401, 152. DOI: 10.1038/43646

Attempts to fabricate mechanical devices on the molecular level1, 2have yielded analogues of rotors3, gears4, switches5, shuttles6, 7, turnstiles8 and ratchets9. Molecular motors, however, have not yet been made, even though they are common in biological systems10. Rotary motion as such has been induced in interlocked systems11, 12, 13 and directly visualized for single molecules14, but the controlled conversion of energy into unidirectional rotary motion has remained difficult to achieve. Here we report repetitive, monodirectional rotation around a central carbon–carbon double bond in a chiral, helical alkene, with each 360° rotation involving four discrete isomerization steps activated by ultraviolet light or a change in the temperature of the system. We find that axial chirality and the presence of two chiral centres are essential for the observed monodirectional behaviour of the molecular motor. Two light-induced cis-trans isomerizations are each associated with a 180° rotation around the carbon–carbon double bond and are each followed by thermally controlled helicity inversions, which effectively block reverse rotation and thus ensure that the four individual steps add up to one full rotation in one direction only. As the energy barriers of the helicity inversion steps can be adjusted by structural modifications, chiral alkenes based on our system may find use as basic components for ‘molecular machinery’ driven by light.

[2] “Direct observation of the rotation of F1-ATPase”

Noji, H.; Yasuda, R.; Yoshida, M.; Kinoshita, K. Nature 1997, 286, 299. DOI: 10.1038/386299a0

Cells employ a variety of linear motors, such as myosin1–3, kinesin4 and RNA polymerase5, which move along and exert force on a filamentous structure. But only one rotary motor has been investigated in detail, the bacterial flagellum6 (a complex of about 100 protein molecules7). We now show that a single molecule of F1-ATPase acts as a rotary motor, the smallest known, by direct observation of its motion. A central rotor of radius ~1 nm, formed by its γ-subunit, turns in a stator barrel of radius ~5nm formed by three α– and three β-subunits8. F1 ATPase, together with the membrane-embedded proton-conducting unit F0, forms the H+-ATP synthase that reversibly couples transmembrane proton flow to ATP synthesis/hydrolysis in respiring and photosynthetic cells9,10. It has been suggested that the γ-subunit of F1-ATPase rotates within the αβ-hexamer11, a conjecture supported by structural8, biochemical12,13 and spectroscopic14 studies. We attached a fluorescent actin filament to the γ-subunit as a marker, which enabled us to observe this motion directly. In the presence of ATP, the filament rotated for more than 100 revolutions in an anticlockwise direction when viewed from the ‘membrane’ side. The rotary torque produced reached more than 40 pN nm −l under high load.

[3] “Mechanically driven ATP synthesis by F1-ATPase”

Itoh, H.; Takahashi, A.; Adachi, K.; Noji, H.; Yasuda, R.; Yoshida, M.; Kinoshita, K. Nature 2004, 427, 465.  DOI:10.1038/nature02212

ATP, the main biological energy currency, is synthesized from ADP and inorganic phosphate by ATP synthase in an energy-requiring reaction1, 2, 3. The F1 portion of ATP synthase, also known as F1-ATPase, functions as a rotary molecular motor: in vitro its γ-subunit rotates4against the surrounding α3β3 subunits5, hydrolysing ATP in three separate catalytic sites on the β-subunits. It is widely believed that reverse rotation of the γ-subunit, driven by proton flow through the associated Fo portion of ATP synthase, leads to ATP synthesis in biological systems1, 2, 3, 6, 7. Here we present direct evidence for the chemical synthesis of ATP driven by mechanical energy. We attached a magnetic bead to the γ-subunit of isolated F1 on a glass surface, and rotated the bead using electrical magnets. Rotation in the appropriate direction resulted in the appearance of ATP in the medium as detected by the luciferase–luciferin reaction. This shows that a vectorial force (torque) working at one particular point on a protein machine can influence a chemical reaction occurring in physically remote catalytic sites, driving the reaction far from equilibrium.

関連書籍

関連リンク

cosine

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. メタンハイドレート Methane Hydrate
  2. リード指向型合成 / Lead-Oriented Synthes…
  3. 輸出貿易管理令
  4. 多成分連結反応 Multicomponent Reaction…
  5. 導電性ゲル Conducting Gels: 流れない流体に電気…
  6. トリメチルロック trimethyl lock
  7. 二重可変領域抗体 Dual Variable Domain Im…
  8. 徹底比較 特許と論文の違い ~その他編~

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 一流化学者たちの最初の一歩
  2. 山本明夫 Akio Yamamoto
  3. テトラキス[3,5-ビス(トリフルオロメチル)フェニル]ほう酸ナトリウム水和物 : Sodium Tetrakis[3,5-bis(trifluoromethyl)phenyl]borate Hydrate
  4. 電池長寿命化へ、充電するたびに自己修復する電極材
  5. 松村 保広 Yasuhiro Matsumura
  6. 韓国チームがiPS細胞の作製効率高める化合物を発見
  7. 熱分析 Thermal analysis
  8. 第44回―「N-ヘテロ環状カルベン錯体を用いる均一系触媒開発」Steve Nolan教授
  9. ノンコーディングRNA 〜 RNA分子の全体像を俯瞰する〜
  10. 武田や第一三共など大手医薬、特許切れ主力薬を「延命」

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

フルオロシランを用いたカップリング反応~ケイ素材料のリサイクルに向けて~

第282回のスポットライトリサーチは、大阪府立大学 大学院理学系研究科(松坂研究室)・山本大貴さんに…

第133回―「遺伝暗号リプログラミングと翻訳後修飾の研究」Jason Chin教授

第133回の海外化学者インタビューはジェイソン・チン教授です。ケンブリッジMRC分子生物学研究所のタ…

アメリカ大学院留学:卒業後の進路とインダストリー就活(3)

前回・前々回の記事では、アメリカのPhD取得後の進路について、一般的な進路やインダストリー就活の流れ…

リンだ!リンだ!ホスフィン触媒を用いたメチルアミノ化だ!

有機リン触媒とアリールボロン酸を用いたニトロメタンの還元的C–Nカップリング反応が報告された。本手法…

化学者のためのエレクトロニクス講座~次世代の通信技術編~

このシリーズでは、化学者のためのエレクトロニクス講座では半導体やその配線技術、フォトレジストやOLE…

第132回―「遷移金属触媒における超分子的アプローチ」Joost Reek教授

第132回の海外化学者インタビューはジュースト・リーク教授です。アムステルダム大学ファント・ホッフ分…

位置多様性・脱水素型クロスカップリング

第281回のスポットライトリサーチは、菅原真純 博士にお願いしました。菅原さんは理化学研究所…

エノールエーテルからα-三級ジアルキルエーテルをつくる

α-オキシラジカルを経るエノールエーテルのa位官能基化が開発された。種々のアルキルエノールエーテルと…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP