[スポンサーリンク]

化学者のつぶやき

リンダウ会議に行ってきた③

[スポンサーリンク]

リンダウ・ノーベル賞受賞者会議(Lindau Nobel Laureate Meeting)の参加報告、第三回目です。 (前回の記事はこちら)
今回はノーベル賞化学者達の講演ハイライトについてお伝えします。

ノーベル賞受賞者は個性豊かな方々ばかりで、奇抜な講演も目白押しでした。自身の研究からかけ離れた話をされていた人も少なくありませんでした。数名紹介してみましょう。

 

Richard R. Ernst (1991年化学賞)

BO5C1141.JPGP1010528.JPG

エルンスト教授はFT-NMR開発の業績でノーベル賞を受賞されています。が、この講演では研究の話をいっさいせず。「科学者はマルチタレントな人が多い」という前置きの後、ご自身の趣味である、チベット芸術や曼荼羅のコレクション披露と解説の独演会に。

 

その入れ込みようはまさに現在の研究テーマと言ってもよいほどで、自宅には顔料分析のためのラマン分光装置まで持ってるそうです。この分析には”NMR is useless ! “などと言って会場の爆笑を誘っておられ、あまりにシュールすぎました。

 講演自体かなり年季の入ったスタイルで、どうもこの話はあちらこちらでされているようです。いや、正直いったいどんな世界に旅立ってしまわれたのかと・・・あまりにぶっ飛んだ光景そのものでした。

Harold Kroto (1996年化学賞)

BO5C3213.JPG

 

フラーレンC60の発見者の一人であるクロトー教授。もしこれまでに彼の講演を聴いたことがないのであれば、公式サイトへ行って是非一度視聴してみてください。エンターテイメントとして相当ハイクオリティなトークで、会場を絶えなき爆笑の渦に誘っておられました。

現在は化学啓蒙に力を入れておられる様子です。

 

Walter Kohn (1998年化学賞)

BO5C3449.JPGBO5C3492.JPG

 

 

密度汎関数理論(DFT)の提唱で受賞されたコーン教授。しかしご自身の化学については全く触れず。いや喋るどころか、自分が監督し出演した、ソーラーエナジー活用に関する啓蒙ビデオを30分流して終わりという・・・ビデオの出来は確かにいいんですけど・・・そんなのアリなんですか? 会議側も、ちゃんと内容の打ち合わせぐらいしといてくださいよ・・・と正直思えました。

講演後にはそのビデオを聴衆に配布しておられました(写真右)。

 

下村脩Martin ChalfieRoger Tsien (2008年化学賞)

BO5C3731.JPGBO5C3772.JPGBO5C3891.JPG

 

緑色蛍光タンパク(CFP)関連の研究にて受賞されていた三氏は連続講演。いずれも自身の研究について話されていました。

下村教授はGFPよりも、むしろルシフェリン・ルシフェラーゼシステムの研究をライフワークとされてるそうです。仕事は大変オリジナリティが高く素晴らしいと思えましたが、英語での講演はそれほどご達者では無さそうな感じでした。アメリカのお二方は、プレゼンテーションスキルがやはり高いですね。何を見せれば聴衆が凄いと思うか、良く分かって喋っているような印象を受けました。

いずれの科学者も熱の入ったメッセージを若手科学者に贈っておられました。

 

ノーベル賞科学者達のパネルディスカッション

受賞者たちが壇上に上り、特定のテーマに対して議論を交わすパネルディスカッション。会議を通じて2回ほど催されていました。議題は「Renewable Energyと気候変動」について。現在のホットトピックながら、2回とも似たような主題でした。

実は今回の会議では、オゾン層破壊のメカニズムを示した1995年受賞の三氏(Rowland, Crutzen, Molina)も、全員参加して講演していました (冒頭の写真はRowland教授)。似たような話ばっかりになってしまってるので、聞いてる方はちょっと退屈でしたが・・・。

つまりは、環境問題に力を入れているドイツならではの企画意図があるわけですね。いかに国として力を注ぎ、確固たる方針を打ち出そうとしているか、世界へ向けてのアピールタイムでもあったというわけです。

とはいえ環境化学が専門で無い学者も多く、議題として答えの出ようがない難しいものだったためか、若干議論がかみ合ってない感はあったような・・・。P1010635-thumb-200x150-1645

BO5C2753-thumb-200x150-1630

 

ともあれ他にもたくさん、すばらしい講演がありました。講演動画は公式サイトにアップされているので、そちらも参照していただければと思います。

 

ノーベル賞学者とのディスカッション

午前中はノーベル賞化学者の講演を聴き、昼食休憩のあと当日講演したノーベル賞化学者とのディスカッションに参加する、というのが毎日のスケジュールとなっていました。

ノーベル賞学者一人ずつに対し、島内各所の会場が一つずつあてがわれていました。興味のある学者がいる場所を若手研究者が訪れ、一対多の質疑応答に参加するという形式でした。

それぞれの学者ごとに、スペースなどがそもそもかなり異なる感じで、ディスカッションに集まってくる人数も違っていました。個人的には右の写真程度の小さめの会場のほうが、ノーベル賞学者を身近に感じられ、かつ質問もしやすいので、むしろ好ましいと感じられました。

どのノーベル賞学者もバイタリティは十分で、二時間にもわたる学生からの絶え間なき質疑応答(時には激論になることも)に対し、真剣に応えておられました。

BO5C2834.JPGBO5C3606.JPG(左:Ciechanover教授とのディスカッション、右:Agre教授とのディスカッション)

こんな感じで毎日のアカデミックイベントは進んでいました。

次回は最後に、参加者同士の交流イベントの様子をお伝えしたいと思います。

 

cosine

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. リンダウ会議に行ってきた②
  2. 顕微鏡で化学反応を見る!?
  3. サイエンスアゴラ2014総括
  4. 研究室でDIY!~エバポ用真空制御装置をつくろう~ ②
  5. 2つのアシロイン縮合
  6. カイコが紡ぐクモの糸
  7. 位置選択的C-H酸化による1,3-ジオールの合成
  8. 年に一度の「事故」のおさらい

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 有機合成化学協会誌2019年8月号:パラジウム-フェナントロリン触媒系・環状カーボネート・素粒子・分子ジャイロコマ・テトラベンゾフルオレン・海洋マクロリド
  2. 論文執筆ABC
  3. コーンフォース転位 Cornforth Rearrangement
  4. ヘリウム不足いつまで続く?
  5. Shvo触媒 : Shvo’s Catalyst
  6. スイス医薬大手のロシュ、「タミフル」の生産能力を増強へ
  7. 秋田の女子高生が「ヒル避け」特許を取得
  8. 安定な環状ケトンのC–C結合を組み替える
  9. 年収で内定受諾を決定する際のポイントとは
  10. ウギ反応 Ugi Reaction

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

天然物生合成経路および酵素反応機構の解析 –有機合成から生化学への挑戦–

ケムステ海外研究記の第 33 回はテキサス大学 Liu 研究室に留学されていた牛丸理一郎先生にお願い…

海外機関に訪問し、英語講演にチャレンジ!~③ いざ、機関訪問!~

海外学会のついでに近郊機関に訪問し、ディスカッションと英語講演にトライしてみよう!シリーズ記事です。…

サントリー生命科学研究者支援プログラム SunRiSE

サントリー生命科学財団は1月31日、生命科学分野の若手研究者に1人当たり研究費1千万円を5年間、計5…

コロナウイルスが免疫システムから逃れる方法(2)

前回の記事では、コロナウイルスの基礎知識とコロナウイルスが持つRNA分解酵素(EndoU)について述…

第79回―「高分子材料と流体の理論モデリング」Anna Balazs教授

第79回の海外化学者インタビューは、アンナ・バラズ教授です。ピッツバーグ大学 化学・石油工学科に在籍…

コロナウイルスが免疫システムから逃れる方法(1)

新型コロナウイルスによる感染症が、世界中で猛威を振るっています。この記事を書いている私も、大学の閉鎖…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP