[スポンサーリンク]


2018年 7月 06日

  1. 芳香族ボロン酸でCatellani反応

    パラジウム触媒を用いた芳香族ボロン酸を基質とするCatellani反応が報告された。ホスフィン配位子を必要とせず、多くの基質において空気下で反応が進行する。Catellani反応とその応用炭素–水素結合を直接炭素–炭素結合へと変換す…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 創薬・医療系ベンチャー支援プログラム”BlockbusterTOKYO”選抜プログラムへの参加チーム募集中!
  2. 西田 篤司 Atsushi Nishida
  3. 広瀬すずさんがTikTok動画に初挑戦!「#AGCチャレンジ」を開始
  4. いま企業がアカデミア出身者に期待していること
  5. インターネットを活用した英語の勉強法
  6. 第一三共 抗インフルエンザ薬を承認申請
  7. 韓国へ輸出される半導体材料とその優遇除外措置について

注目情報

最新記事

エキノコックスにかかわる化学物質について

Tshozoです。40年以上前でしょうか、手塚治虫氏の有名な作品「ブラック・ジャック」でこう…

秋田英万 Akita Hidetaka

秋田 英万(あきた ひでたか)は、日本の有機化学者である。千葉大学薬学研究院および東北大学薬学研究院…

香料化学 – におい分子が作るかおりの世界

(さらに…)…

ギ酸ナトリウムでconPETを進化!

塩化アリールのラジカルカップリング反応が開発された。芳香環の電子状態にかかわらず種々の塩化アリールに…

料理と科学のおいしい出会い: 分子調理が食の常識を変える

(さらに…)…

PAGE TOP