[スポンサーリンク]


2018年 7月 17日

  1. サイエンスイングリッシュキャンプin東京工科大学

    産業のグローバル化が進み、エンジニアにも国際的なセンスや語学力が求められているなか、東京工科大学(東京都八王子市)では、高校生を対象に英語での化学実験などを大学の施設で体験する『サイエンスイングリッシュキャンプ』を、7月28日(土)・29日…

  2. 特定の場所の遺伝子を活性化できる新しい分子の開発

    ついにスポットライトリサーチも150回。第150回目は理化学研究所 博士研究員の谷口 純一 (たにぐ…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 第4回慶應有機化学若手シンポジウム
  2. 岩谷産業がセシウム化合物を取り扱っている?
  3. 根岸カルボメタル化 Negishi Carbometalation
  4. 化学で何がわかるかーあなたの化学、西暦何年レベル?ー
  5. リアル『ドライ・ライト』? ナノチューブを用いた新しい蓄熱分子の設計-後編
  6. 台湾当局、半導体技術の対中漏洩でBASFの技術者6人を逮捕
  7. メスゴキブリのフェロモン合成、駆除に活用・日米チーム

注目情報

最新記事

エキノコックスにかかわる化学物質について

Tshozoです。40年以上前でしょうか、手塚治虫氏の有名な作品「ブラック・ジャック」でこう…

秋田英万 Akita Hidetaka

秋田 英万(あきた ひでたか)は、日本の有機化学者である。千葉大学薬学研究院および東北大学薬学研究院…

香料化学 – におい分子が作るかおりの世界

(さらに…)…

ギ酸ナトリウムでconPETを進化!

塩化アリールのラジカルカップリング反応が開発された。芳香環の電子状態にかかわらず種々の塩化アリールに…

料理と科学のおいしい出会い: 分子調理が食の常識を変える

(さらに…)…

PAGE TOP