[スポンサーリンク]

ケムステニュース

ナノチューブブラシ!?

米国レンセラー工科大学(Rensselaer Polytechnic Institute)のP.M. Ajayan教授らはカーボンナノチューブを毛とするマイクロスケールのブラシを合成しました。

ブラシの柄にはシリコンカーバイド繊維を用いて、そこに化学蒸着でナノチューブを育てます。Ajayan教授らはこのナノブラシが非常に狭いところのナノサイズのゴミを掃除したり、小さな穴の中を色を塗ることができると報告しています。同チームは今回の研究結果をは科学ジャーナルNat. Mater., (published online June 12, dx.doi.org/10.1038/nmat1415)で紹介しています。(C&EN)

 

ナノブラシですか。遊び心と実用性?を兼ね備えているなかなか面白い研究ですね。同チームは以前カーボンナノチューブを骨格とする立体構造体を立体テンプレートを用いて設計通りに作製する新手法を開発し、Natureに報告しています。

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 半年服用で中性脂肪3割減 ビタミンPと糖の結合物質
  2. 茅幸二、鈴木昭憲、田中郁三ら文化功労者に
  3. 2010年日本化学会各賞発表-学会賞-
  4. 化学療法と抗がん剤の併用で進行期非扁平非小細胞肺癌の生存期間延長…
  5. 国際化学オリンピック2016でもメダルラッシュ!
  6. サリドマイドを監視
  7. 日宝化学、マイクロリアクターでオルソ酢酸メチル量産
  8. ハーバード大Whitesides教授プリーストリーメダルを受賞

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. バイアグラ /viagra
  2. ウコンの成分「クルクミン」自体に効果はない?
  3. 山元公寿 Kimihisa Yamamoto
  4. マット・シェア Matthew D. Shair
  5. リガンド結合部位近傍のリジン側鎖をアジド基に置換する
  6. 小林 修 Shu Kobayashi
  7. elements~メンデレーエフの奇妙な棚~
  8. 「イオンで農薬中和」は不当表示・公取委、米販2社に警告
  9. 環化異性化反応 Cycloisomerization
  10. 東レ、ナノ構造制御技術を駆使した半導体実装用接着シートを開発

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

イミデートラジカルを用いた多置換アミノアルコール合成

イミデートラジカルを用い、一挙に多置換アミノアルコールを合成する方法が開発された。穏和な条件かつ位置…

ジェフリー·ロング Jeffrey R. Long

ジェフリー·ロング(Jeffrey R. Long, 1969年xx月xx日-)は、アメリカの無機材…

【なんと簡単な!】 カーボンナノリングを用いた多孔性ナノシートのボトムアップ合成

第 164 回目のスポットライトリサーチは東京大学大学院新領域創成科学研究科 物質系専攻の森泰造 (…

「進化分子工学によってウイルス起源を再現する」ETH Zurichより

今回は2018年度のノーベル化学賞の対象となった進化分子工学の最前線でRNA・タンパク質工学を組み合…

アントニオ・M・エチャヴァレン Antonio M. Echavarren

アントニオ・M・エチャヴァレン(Antonio M. Echavarren、1955年3月25日–)…

スルホキシドの立体化学で1,4-ジカルボニル骨格合成を制す

イナミドと光学活性なアルケニルスルホキシドから、2位および3位に置換基をもつ1,4-ジカルボニル骨格…

PAGE TOP