[スポンサーリンク]

ケムステニュース

ナノチューブブラシ!?

米国レンセラー工科大学(Rensselaer Polytechnic Institute)のP.M. Ajayan教授らはカーボンナノチューブを毛とするマイクロスケールのブラシを合成しました。

ブラシの柄にはシリコンカーバイド繊維を用いて、そこに化学蒸着でナノチューブを育てます。Ajayan教授らはこのナノブラシが非常に狭いところのナノサイズのゴミを掃除したり、小さな穴の中を色を塗ることができると報告しています。同チームは今回の研究結果をは科学ジャーナルNat. Mater., (published online June 12, dx.doi.org/10.1038/nmat1415)で紹介しています。(C&EN)

 

ナノブラシですか。遊び心と実用性?を兼ね備えているなかなか面白い研究ですね。同チームは以前カーボンナノチューブを骨格とする立体構造体を立体テンプレートを用いて設計通りに作製する新手法を開発し、Natureに報告しています。

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院准教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 資生堂:育毛成分アデノシン配合の発毛促進剤
  2. 期待のアルツハイマー型認知症治療薬がPIIへ‐富山化学
  3. 首席随員に野依良治氏 5月の両陛下欧州訪問
  4. 食品安全、環境などの分析で中国機関と共同研究 堀場製
  5. 大村氏にウメザワ記念賞‐国際化学療法学会が授与
  6. <アスクル>無許可で危険物保管 消防法で義務づけ
  7. ニュースの理由・武田、米で6年ぶり大型新薬
  8. ヘリウム新供給プロジェクト、米エアプロダクツ&ケミカルズ社

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. フタロシアニン-化学と機能-
  2. 有機銅アート試薬 Organocuprate
  3. ベンゼン一つで緑色発光分子をつくる
  4. 触媒的C-H酸化反応 Catalytic C-H Oxidation
  5. 中性ケイ素触媒でヒドロシリル化
  6. 白川英樹 Hideki Shirakawa
  7. サイエンスアワード エレクトロケミストリー賞の応募を開始
  8. N-カルバモイル化-脱アルキル化 N-carbamoylation-dealkylation
  9. 究極のナノデバイスへ大きな一歩:分子ワイヤ中の高速電子移動
  10. 日本触媒で爆発事故

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

有機合成化学の豆知識botを作ってみた

皆さんこんにちは。めっきり実験から退き、教育係+マネジメント係になってしまったcosineです。…

デニス・ドーハティ Dennis A. Dougherty

デニス・A・ドーハティ(Dennis A. Dougherty、1952年12月4日-)は、米国の物…

ベンゼンの直接アルキル化

ベンゼンにアルキル基を導入したいとき、皆さんはどのような手法を用いますか? (さらに&hel…

アメリカ大学院留学:TAの仕事

私がこれまでの留学生活で経験した一番の挫折は、ティーチングアシスタント(TA)です。慣れない英語で大…

2017年の注目分子はどれ?

今年も残りあとわずかとなり、毎年おなじみのアメリカ化学会(ACS)によるMolecules of t…

アルデヒドのC-Hクロスカップリングによるケトン合成

プリンストン大学・David W. C. MacMillanらは、可視光レドックス触媒、ニッケル触媒…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP