[スポンサーリンク]

海外化学者インタビュー

第44回―「N-ヘテロ環状カルベン錯体を用いる均一系触媒開発」Steve Nolan教授

[スポンサーリンク]

第44回の海外化学者インタビューは、スティーブ・ノラン教授です。スペインのタラゴナにあるカタルーニャ化学研究所(ICIQ)に在籍(2019年現在はベルギーのゲント大学所属)し、有機金属化学と均一系触媒開発研究に取り組んでいます。それではインタビューをどうぞ。

Q. あなたが化学者になった理由は?

化学に興味を持つようになったのは、まさに高校の先生が理由です。

Q. もし化学者でなかったら、何になりたいですか?またその理由は?

プロ野球選手です。球遊びに多くの時間を使うことに、若い頃から憧れていました。

Q. 概して化学者はどのように世界に貢献する事ができますか?

これは良いことですが、化学者はすでに世界全体の幸福に貢献しています。しかしさらに環境に優しい方法で化学を行うために、もっと多くのことができるでしょうし、今後とも行われていくでしょう。

Q.あなたがもし歴史上の人物と夕食を共にすることができたら誰と?またその理由は?

トーマス・ジェファーソンがディナーに良いゲストかもしれない、といつも思っていました。

Q. あなたが最後に研究室で実験を行ったのはいつですか?また、その内容は?

およそ1年前、実験室で使用する化合物(500g程度)について大スケールの前処理を行い、反応はうまくいきました。大抵の場合、学生達は私が研究室にいてほしくないようです。なぜかはわかりませんが…。

Q.もしあなたが砂漠の島に取り残されたら、どんな本や音楽が必要ですか?1つだけ答えてください。

本:1冊だけだと大変です。古典が大好きです。「ライ麦畑でつかまえて」がいいでしょう…。

無人島?ボブ・マーリーのアルバム「Legend」を聞くにはうってつけの場所のようですね。これも古典です。

原文:Reactions – Steve Nolan

※このインタビューは2007年12月21日に公開されました。

 

cosine

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. Christoph A. Schalley
  2. 第81回―「均一系高分子重合触媒と生分解性ポリマーの開発」奥田 …
  3. 第33回「セレンディピティを計画的に創出する」合田圭介 教授
  4. 第六回 電子回路を合成するー寺尾潤准教授
  5. 第49回―「超分子の電気化学的挙動を研究する」Angel Kai…
  6. 第64回―「ホウ素を含むポルフィリン・コロール錯体の研究」Pen…
  7. 第三回 ナノレベルのものづくり研究 – James …
  8. 第84回―「トップ化学ジャーナルの編集者として」Anne Pic…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ReaxysPrize2015ファイナリスト発表!
  2. 森田・ベイリス・ヒルマン反応 Morita-Baylis-Hillman Reaction
  3. 有機合成創造の軌跡―126のマイルストーン
  4. 2017年(第33回)日本国際賞受賞者 講演会
  5. ゲルマニウム触媒でアルキンからベンゼンをつくる
  6. 誰も教えてくれなかった 実験ノートの書き方 (研究を成功させるための秘訣)
  7. 可視光増感型電子移動機構に基づく強還元触媒系の構築
  8. 第96回日本化学会付設展示会ケムステキャンペーン!Part III
  9. 中高生・高専生でも研究が学べる!サイエンスメンタープログラム
  10. 完熟バナナはブラックライトで青く光る

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

「もはや有機ではない有機材料化学:フルオロカーボンに可溶な材料の創製」– MIT・Swager研より

ケムステ海外研究記の第36回はマサチューセッツ工科大学(MIT)化学科のPhD課程に在籍されている吉…

八木 政行 Masayuki Yagi

八木 政行(やぎ まさゆき、Yagi Masayuki、1968年 -)は、日本の化学者である (写…

有機化学を俯瞰する –古代ギリシャ哲学から分子説の誕生まで–【前編】

本連載では、生命体を特別視する "生気説" が覆されたことにより、有機合成化学の幕が開いたことについ…

第92回―「金属錯体を結合形成触媒へ応用する」Rory Waterman教授

第92回の海外化学者インタビューは、ロリー・ウォーターマン教授です。バーモント大学化学科に在籍し、有…

第五回ケムステVシンポジウム「最先端ケムバイオ」を開催します!

コロナウイルスの自粛も全国で解かれ、日本国内はだいぶ復帰に近づいてました(希望的観測)。しかし今年度…

ボロン酸エステルをモノ・ジフルオロメチル基に変える

ボロン酸エステルを原料としたモノ、ジフルオロメチル化反応が開発された。立体特異的に進行する本反応では…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP