[スポンサーリンク]


2018年 7月 19日

  1. 「銅触媒を用いた不斉ヒドロアミノ化反応の開発」-MIT Buchwald研より

    「ケムステ海外研究記」の第25回目は、マサチューセッツ工科大学 (MIT)博士課程で研究をされている市川早紀さんにインタビューを行いました。市川さんが所属するStephen Buchwald研究室は、遷移金属触媒を用いたクロスカップ…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 貴金属に取って代わる半導体触媒
  2. カーボンナノチューブ量産技術を国際会議で発表へ
  3. 米デュポン、高機能化学部門を分離へ
  4. 第34回「ポルフィリンに似て非なるものを研究する」忍久保洋 教授
  5. 2009年ロレアル・ユネスコ女性科学者 日本奨励賞発表
  6. MIDAボロネートを活用した(-)-ペリジニンの全合成
  7. 実験手袋をいろいろ試してみたーつかいすてから高級手袋までー

注目情報

最新記事

エキノコックスにかかわる化学物質について

Tshozoです。40年以上前でしょうか、手塚治虫氏の有名な作品「ブラック・ジャック」でこう…

秋田英万 Akita Hidetaka

秋田 英万(あきた ひでたか)は、日本の有機化学者である。千葉大学薬学研究院および東北大学薬学研究院…

香料化学 – におい分子が作るかおりの世界

(さらに…)…

ギ酸ナトリウムでconPETを進化!

塩化アリールのラジカルカップリング反応が開発された。芳香環の電子状態にかかわらず種々の塩化アリールに…

料理と科学のおいしい出会い: 分子調理が食の常識を変える

(さらに…)…

PAGE TOP