[スポンサーリンク]

ケムステニュース

ナノチューブを大量生産、産業技術総合研が技術開発

 次世代の新素材として注目される超微細の炭素素材「カーボンナノチューブ」を従来の数百分の1のコストで大量生産できる基礎的な技術を、産業技術総合研究所ナノカーボン研究センター(茨城県つくば市)が開発した。

 化学メーカーの日本ゼオン(東京都千代田区)と協力して、2010年までに大量生産を実現し、寿命の長い高性能電池の電極などに応用する(引用:読売新聞)。

 

純度は99.98%。コストは1g数百円以下に抑えることができるそうです。

 

関連書籍

 

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. ノバルティス、米カイロンを5000億円で完全子会社に
  2. メディビック、抗がん剤「グルフォスファミド」の第II相試験を開始…
  3. 一家に1枚周期表を 理科離れ防止狙い文科省
  4. 日本企業クモ糸の量産技術確立:強さと柔らかさあわせもつ究極の素材…
  5. 武田、フリードライヒ失調症薬をスイス社と開発
  6. ストラディバリウスの音色の秘密は「ニス」にあらず
  7. 秋の褒章2009 -化学-
  8. 信越化学、塩化ビニル樹脂を値上げ

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. YMC「水素吸蔵合金キャニスター」:水素を安全・効率的に所有!
  2. できる研究者の論文生産術―どうすれば『たくさん』書けるのか
  3. 材料費格安、光触媒型の太陽電池 富大教授が開発、シリコン型から脱却
  4. カンプトテシン /camptothecin
  5. 分子の聖杯カリックスアレーンが生命へとつながる
  6. ロバート・グラブス Robert H. Grubbs
  7. 中学生の研究が米国の一流論文誌に掲載された
  8. アミン化合物をワンポットで簡便に合成 -新規還元的アミノ化触媒-:関東化学
  9. ピロティ・ロビンソン ピロール合成 Piloty-Robinson Pyrrole Synthesis
  10. 第97回日本化学会春季年会 付設展示会ケムステキャンペーン Part I

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

工程フローからみた「どんな会社が?」~タイヤ編 その1

Tshozoです。今回の主役はゴムで出来ている車両用タイヤ。通勤時に道路で毎日目にするわりに…

感染制御ー薬剤耐性(AMR)ーChemical Times特集より

関東化学が発行する化学情報誌「ケミカルタイムズ」。年4回発行のこの無料雑誌の紹介をしています。…

有機合成化学協会誌2019年1月号:大環状芳香族分子・多環性芳香族ポリケチド天然物・りん光性デンドリマー・キャビタンド・金属カルベノイド・水素化ジイソブチルアルミニウム

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2019年1月号がオンライン公開されました。今…

リチウムイオンバッテリーの容量を最大70%まで向上させる技術が開発されている

スマートフォンや電気自動車の普及によって、エネルギー密度が高く充電効率も良いリチウムイオンバッテリー…

学部4年間の教育を振り返る

皆様、いかがお過ごしでしょうか。学部4年生の筆者は院試験も終わり、卒論作成が本格的に始まるまでの束の…

ダイセルが開発した新しいカラム: DCpak PTZ

ダイセルといえば「キラルカラムの雄」として知られており、光学活性化合物を分離するキラルカラム「CHI…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP