[スポンサーリンク]

ケムステニュース

ナノチューブを大量生産、産業技術総合研が技術開発

[スポンサーリンク]

 次世代の新素材として注目される超微細の炭素素材「カーボンナノチューブ」を従来の数百分の1のコストで大量生産できる基礎的な技術を、産業技術総合研究所ナノカーボン研究センター(茨城県つくば市)が開発した。

 化学メーカーの日本ゼオン(東京都千代田区)と協力して、2010年までに大量生産を実現し、寿命の長い高性能電池の電極などに応用する(引用:読売新聞)。

 

純度は99.98%。コストは1g数百円以下に抑えることができるそうです。

 

関連書籍

 

webmaster

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 光触媒による水素生成効率が3%に
  2. 代表的有機半導体の単結晶化に成功 東北大グループ
  3. 超小型シリンジ開発 盛岡の企業
  4. 換気しても、室内の化学物質は出ていかないらしい。だからといって、…
  5. ヘリウムガスのリサイクルに向けた検討がスタート
  6. ノーベル化学賞、米仏の3氏に・「メタセシス反応」研究を評価
  7. 市販の新解熱鎮痛薬「ロキソニン」って?
  8. 旭化成、5年で戦略投資4千億

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. プラトー反応 Prato Reaction
  2. 光触媒反応用途の青色LED光源を比較してみた【2019/8/1更新】
  3. 生体組織を人工ラベル化する「AGOX Chemistry」
  4. 有機合成化学協会誌2019年8月号:パラジウム-フェナントロリン触媒系・環状カーボネート・素粒子・分子ジャイロコマ・テトラベンゾフルオレン・海洋マクロリド
  5. ロジャー・コーンバーグ Roger Kornberg
  6. 第1回ACCELシンポジウムを聴講してきました
  7. 2011年10大化学ニュース【前編】
  8. 未来のノーベル化学賞候補者
  9. 林松 Song Lin
  10. カストロ・ステファンス カップリング Castro-Stephens Coupling

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

高分子化学をふまえて「神経のような動きをする」電子素子をつくる

第267回のスポットライトリサーチは、東北大学大学院工学研究科 バイオ工学専攻 三ツ石研究室 助教の…

アルケンのエナンチオ選択的ヒドロアリール化反応

パラジウム触媒を用いたアルケンの還元的Heck型ヒドロアリール化反応が開発された。容易に着脱可能なキ…

第109回―「サステイナブルな高分子材料の創製」Andrew Dove教授

第109回の海外化学者インタビューは、アンドリュー・ダヴ教授です。ワーウィック大学化学科に所属(訳注…

蛍光異方性 Fluorescence Anisotropy

蛍光異方性(fluorescence anisotropy)とは溶液中で回転する分子の回転速…

(–)-Spirochensilide Aの不斉全合成

(–)-Spirochensilide Aの初の不斉全合成が達成された。タングステンを用いたシクロプ…

第108回―「Nature Chemistryの編集長として」Stuart Cantrill博士

第108回の海外化学者インタビューは、スチュアート・カントリル博士です。Nature Chemist…

化学工業で活躍する有機電解合成

かつて化学工業は四大公害病をはじめ深刻な外部不経済をもたらしましたが、現代ではその反省を踏まえ、安全…

細胞内の温度をあるがままの状態で測定する新手法の開発 ~「水分子」を温度計に~

第266回のスポットライトリサーチは、東北大学大学院薬学研究科 中林研究室 修士二年生の杉村 俊紀(…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP