[スポンサーリンク]

ケムステニュース

「消えるタトゥー」でヘンなカユミ

PPD(パラフェニレンジアミン)

愛知万博(愛・地球博)で女性来場者らが腕などにペイントする「ヘンナタトゥー」によって、7月中旬以降、30人以上がかぶれや炎症などの症状を訴えた、と万博協会が9日発表した。一部で使われた原料の成分にヘアカラーなどに使われる化学物質パラフェニレンジアミン(PPD)が含まれていたという。(引用:朝日新聞)

?

?


パラフェニレンジアミン(p-penylenediamine, 略してPPD)はアミノフェノールのパラ位にアミノ基を有しています。染色剤に入っていることが多く、ひりひりした感じはこの成分も原因となっています。一般的にアミノフェノール部位を有する化合物は人によってはアレルギーを起こす可能性があることが多いようです。

関連リンク

皮膚科Q&A:第4回 かぶれ Q16

愛・地球博におけるヘナタトウによるかぶれ・炎症について | EXPO 2005 AICHI,JAPAN

JDN /LA CONNECTION /02 ヘンナタトゥー

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院准教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 東芝:新型リチウムイオン電池を開発 60倍の速さで充電
  2. 製薬大手のロシュ、「タミフル」効果で05年売上高20%増
  3. サンギ、バイオマス由来のエタノールを原料にガソリン代替燃料
  4. 新規作用機序の不眠症治療薬ベルソムラを発売-MSD
  5. 東海カーボンと三菱化学、カーボンブラックの共同会社を断念
  6. 2016年化学10大ニュース
  7. 使い方次第で猛毒、薬に
  8. ビタミンDで肺ガンの生存率が上がる?

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 代表的有機半導体の単結晶化に成功 東北大グループ
  2. スルホキシド/セレノキシドのsyn-β脱離 Syn-β-elimination of Sulfoxide/Selenoxide
  3. ブレデレック ピリミジン合成 Bredereck Pyrimidine Synthesis
  4. サントリー、ビールの「エグミ物質」解明に成功
  5. 2013年就活体験記(2)
  6. 炭素ー炭素結合を切る触媒
  7. ウルフ・デッツ反応 Wulff-Dotz Reaction
  8. 化学物質でiPS細胞を作る
  9. フロー法で医薬品を精密合成
  10. アフマトヴィッチ反応 Achmatowicz Reaction

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

ケミカルタイムズ 紹介記事シリーズ

関東化学が発行する化学情報誌「ケミカルタイムズ」。年4回発行のこの無料雑誌の紹介をしています。2…

光触媒ーパラジウム協働系によるアミンのC-Hアリル化反応

2015年、華中師範大学のWen-Jing Xiao・ Liang-Qiu Luらは、アミンα位での…

蓄電池 Battery

蓄電池 (Battery) とは電池の一種です.二次電池またはバッテリーとも呼ばれ,充放電が可能な電…

アメリカ大学院留学:実験TAと成績評価の裏側

前回、アメリカの大学院でのティーチングアシスタント(TA)について、講義TAの様子を紹介しました(ア…

有機合成化学協会誌 紹介記事シリーズ

有機合成化学に関わる方ならばおなじみの有機合成化学協会誌。有機合成化学協会の会員誌であり、様々な有機…

固体NMR

固体NMR(Solid State NMR)とは、核磁気共鳴 (NMR) 分光法の一種で固体そのもの…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP