[スポンサーリンク]

ケムステニュース

「消えるタトゥー」でヘンなカユミ

PPD(パラフェニレンジアミン)

愛知万博(愛・地球博)で女性来場者らが腕などにペイントする「ヘンナタトゥー」によって、7月中旬以降、30人以上がかぶれや炎症などの症状を訴えた、と万博協会が9日発表した。一部で使われた原料の成分にヘアカラーなどに使われる化学物質パラフェニレンジアミン(PPD)が含まれていたという。(引用:朝日新聞)

?

?


パラフェニレンジアミン(p-penylenediamine, 略してPPD)はアミノフェノールのパラ位にアミノ基を有しています。染色剤に入っていることが多く、ひりひりした感じはこの成分も原因となっています。一般的にアミノフェノール部位を有する化合物は人によってはアレルギーを起こす可能性があることが多いようです。

関連リンク

皮膚科Q&A:第4回 かぶれ Q16

愛・地球博におけるヘナタトウによるかぶれ・炎症について | EXPO 2005 AICHI,JAPAN

JDN /LA CONNECTION /02 ヘンナタトゥー

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. ミドリムシでインフルエンザ症状を緩和?
  2. 学士院賞:数論幾何学の加藤和也京大大学院教授ら10人に
  3. 国公立大入試、2次試験の前期日程が実施 ~東京大学の化学の試験を…
  4. 国際化学五輪、日本代表に新高校3年生4人決定/化学グランプリ20…
  5. 支局長からの手紙:科学と感受性 /京都
  6. 化学遺産スロイス『舎密学』とグリフィス『化学筆記』が展示へ
  7. Pfizer JAK阻害薬tofacitinib承認勧告
  8. 酸化亜鉛を用い青色ダイオード 東北大開発 コスト減期待

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 第94回日本化学会付設展示会ケムステキャンペーン!Part III
  2. 比色法の化学(前編)
  3. 1,3-ジオールの不斉非対称化反応による光学活性オキサゾリン誘導体の合成
  4. 木曽 良明 Yoshiaki Kiso
  5. 【追悼企画】世のためになる有機合成化学ー松井正直教授
  6. 生体深部イメージングに有効な近赤外発光分子の開発
  7. 電話番号のように文献を探すーRefPapers
  8. ダン・シェヒトマン博士の講演を聞いてきました。
  9. 脱水素型クロスカップリング重合法の開発
  10. Reaxys Prize 2012ファイナリスト45名発表!

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

有機合成化学協会誌2019年1月号:大環状芳香族分子・多環性芳香族ポリケチド天然物・りん光性デンドリマー・キャビタンド・金属カルベノイド・水素化ジイソブチルアルミニウム

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2019年1月号がオンライン公開されました。今…

リチウムイオンバッテリーの容量を最大70%まで向上させる技術が開発されている

スマートフォンや電気自動車の普及によって、エネルギー密度が高く充電効率も良いリチウムイオンバッテリー…

学部4年間の教育を振り返る

皆様、いかがお過ごしでしょうか。学部4年生の筆者は院試験も終わり、卒論作成が本格的に始まるまでの束の…

ダイセルが開発した新しいカラム: DCpak PTZ

ダイセルといえば「キラルカラムの雄」として知られており、光学活性化合物を分離するキラルカラム「CHI…

台湾当局、半導体技術の対中漏洩でBASFの技術者6人を逮捕

台湾の内政部(内政省)刑事局は7日、半導体製造に使う特殊な化学品の技術を中国企業に漏洩した営業秘密法…

「低分子医薬品とタンパク質の相互作用の研究」Harvard大学 Woo研より

海外留学記第29回目は、Harvard大学のChiristina Woo研に留学されている天児由佳さ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP