[スポンサーリンク]

ケムステニュース

「消えるタトゥー」でヘンなカユミ

[スポンサーリンク]

PPD(パラフェニレンジアミン)

愛知万博(愛・地球博)で女性来場者らが腕などにペイントする「ヘンナタトゥー」によって、7月中旬以降、30人以上がかぶれや炎症などの症状を訴えた、と万博協会が9日発表した。一部で使われた原料の成分にヘアカラーなどに使われる化学物質パラフェニレンジアミン(PPD)が含まれていたという。(引用:朝日新聞)

?

?


パラフェニレンジアミン(p-penylenediamine, 略してPPD)はアミノフェノールのパラ位にアミノ基を有しています。染色剤に入っていることが多く、ひりひりした感じはこの成分も原因となっています。一般的にアミノフェノール部位を有する化合物は人によってはアレルギーを起こす可能性があることが多いようです。

関連リンク

皮膚科Q&A:第4回 かぶれ Q16

愛・地球博におけるヘナタトウによるかぶれ・炎症について | EXPO 2005 AICHI,JAPAN

JDN /LA CONNECTION /02 ヘンナタトゥー

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 武田薬品、高血圧治療剤が米で心不全の効能追加
  2. 学士院賞:数論幾何学の加藤和也京大大学院教授ら10人に
  3. 大麻複合物が乳がんの転移抑止効果―米医療チームが発見
  4. 製薬外資、日本へ攻勢 高齢化で膨らむ市場
  5. 武田薬品、糖尿病薬「アクトス」に抗炎症作用報告
  6. 2017卒大学生就職企業人気ランキングが発表
  7. Pfizer JAK阻害薬tofacitinib承認勧告
  8. トクヤマが参入へ/燃料電池部材市場

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 第98回日本化学会春季年会 付設展示会ケムステキャンペーン Part II
  2. ボールマン・ラーツ ピリジン合成 Bohlmann-Rahtz Pyridine Synthesis
  3. ガーナーアルデヒド Garner’s Aldehyde
  4. アルキンメタセシス Alkyne Metathesis
  5. ボタン一つで化合物を自動合成できる機械
  6. 秋山隆彦 Takahiko Akiyama
  7. マイクロリアクター徹底活用セミナー【終了】
  8. リアルタイムFT-IRによる 樹脂の硬化度評価・硬化挙動の分析【終了】
  9. 第37回反応と合成の進歩シンポジウムに参加してきました。
  10. マーティン・カープラス Martin Karplus

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

2つのグリニャールからスルホンジイミンを作る

グリニャール試薬とスルフィニルアミンを用いたスルホンジイミン合成が達成された。爆発性物質、臭気性物質…

赤外光で分子の結合を切る!

第224回のスポットライトリサーチは、東京大学生産技術研究所芦原研究室の森近一貴(もりちか いっき)…

トム・マイモニ Thomas J. Maimone

トーマス・J・マイモニ(Thomas J. Maimone、1982年2月13日–)は米国の有機化学…

キャリアデザイン研究講演会~化学研究と企業と君との出会いをさがそう!~

詳細はこちら:https://csjkinki.com/career/日時…

世界のエリートが今一番入りたい大学 ミネルバ

概要・校舎がない(4年間で世界の7都市をめぐる)・教師は「講義」も「テスト」もしない…

鴻が見る風景 ~山本尚教授の巻頭言より~

Tshozoです。先日公開され色々話題を呼んだ山本尚 元日本化学会会長による日本化学会論説 巻頭言(…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP