[スポンサーリンク]

ケムステニュース

「消えるタトゥー」でヘンなカユミ

[スポンサーリンク]

PPD(パラフェニレンジアミン)

愛知万博(愛・地球博)で女性来場者らが腕などにペイントする「ヘンナタトゥー」によって、7月中旬以降、30人以上がかぶれや炎症などの症状を訴えた、と万博協会が9日発表した。一部で使われた原料の成分にヘアカラーなどに使われる化学物質パラフェニレンジアミン(PPD)が含まれていたという。(引用:朝日新聞)

?

?


パラフェニレンジアミン(p-penylenediamine, 略してPPD)はアミノフェノールのパラ位にアミノ基を有しています。染色剤に入っていることが多く、ひりひりした感じはこの成分も原因となっています。一般的にアミノフェノール部位を有する化合物は人によってはアレルギーを起こす可能性があることが多いようです。

関連リンク

皮膚科Q&A:第4回 かぶれ Q16

愛・地球博におけるヘナタトウによるかぶれ・炎症について | EXPO 2005 AICHI,JAPAN

JDN /LA CONNECTION /02 ヘンナタトゥー

webmaster

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 化学療法と抗がん剤の併用で進行期非扁平非小細胞肺癌の生存期間延長…
  2. ノバルティス、後発薬品世界最大手に・米独社を買収
  3. 三井化学、機能性ポリマーのウェブサイト始動
  4. 位相情報を含んだ波動関数の可視化に成功
  5. リピトールの特許が切れました
  6. 防カビ効果、長持ちします 住友化学が新プラスチック
  7. 抗生物質
  8. 114番元素と116番元素が正式認可される

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ミック因子 (Myc factor)
  2. 塩谷光彦 Mitsuhiko Shionoya
  3. 【動画】元素のうた―日本語バージョン
  4. ブロック共重合体で無機ナノ構造を組み立てる
  5. 【追悼企画】生命現象の鍵を追い求めてー坂神洋次教授
  6. 振動結合:新しい化学結合
  7. 第40回「分子エレクトロニクスの新たなプラットフォームを目指して」Paul Low教授
  8. ラウリマライドの全合成
  9. ゲルマニウムビニリデン
  10. ハリーポッターが参考文献に登場する化学論文

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

ウレエートを強塩基性官能基として利用したキラルブレンステッド塩基触媒の創製

第255回のスポットライトリサーチは、東北大学大学院理学研究科 化学専攻・石川 奨さんにお願いしまし…

天然物生合成経路および酵素反応機構の解析 –有機合成から生化学への挑戦–

ケムステ海外研究記の第 33 回はテキサス大学 Liu 研究室に留学されていた牛丸理一郎先生にお願い…

海外機関に訪問し、英語講演にチャレンジ!~③ いざ、機関訪問!~

海外学会のついでに近郊機関に訪問し、ディスカッションと英語講演にトライしてみよう!シリーズ記事です。…

サントリー生命科学研究者支援プログラム SunRiSE

サントリー生命科学財団は1月31日、生命科学分野の若手研究者に1人当たり研究費1千万円を5年間、計5…

コロナウイルスが免疫システムから逃れる方法(2)

前回の記事では、コロナウイルスの基礎知識とコロナウイルスが持つRNA分解酵素(EndoU)について述…

第79回―「高分子材料と流体の理論モデリング」Anna Balazs教授

第79回の海外化学者インタビューは、アンナ・バラズ教授です。ピッツバーグ大学 化学・石油工学科に在籍…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP