[スポンサーリンク]


2018年 10月 05日

  1. 最終面接で内定をもらう人の共通点について考えてみた

    ある製薬企業での最終面接の後、社長と合否についてお話した際、こんなことがあった。候補者は国立大学を卒業後、大手製薬企業の研究開発の部門長をしている40代後半の男性で、経験、経歴ともに申し分ない。一次面接の現場面接では好評価を得ており…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. フェルナンド・アルベリシオ Fernando Albericio
  2. 「日産化学」ってどんな会社?
  3. 1-ヒドロキシタキシニンの不斉全合成
  4. カルボラン carborane
  5. フランク・グローリアス Frank Glorius
  6. ペプチド触媒で不斉エポキシ化を実現
  7. レフォルマトスキー反応 Reformatsky Reaction

注目情報

最新記事

エキノコックスにかかわる化学物質について

Tshozoです。40年以上前でしょうか、手塚治虫氏の有名な作品「ブラック・ジャック」でこう…

秋田英万 Akita Hidetaka

秋田 英万(あきた ひでたか)は、日本の有機化学者である。千葉大学薬学研究院および東北大学薬学研究院…

香料化学 – におい分子が作るかおりの世界

(さらに…)…

ギ酸ナトリウムでconPETを進化!

塩化アリールのラジカルカップリング反応が開発された。芳香環の電子状態にかかわらず種々の塩化アリールに…

料理と科学のおいしい出会い: 分子調理が食の常識を変える

(さらに…)…

PAGE TOP