[スポンサーリンク]

ケムステニュース

武田や第一三共など大手医薬、特許切れ主力薬を「延命」

医薬大手が特許切れする主力品の”延命”に乗り出す。米国で武田薬品工業は医療用の消化器薬を大衆薬に転用することを決め、第一三共は近く高脂血症治療の「メバロチン」の他社向け原料供給を拡大する。各社は成分を追加したり、飲みやすくした改良型を日米で投入。世界の大手が特許切れの課題に直面するなか、割安な後発品など他製品との違いを明確にして競争力を維持・向上する。(引用:日本経済新聞)

?

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 三菱化学:子会社と持ち株会社設立 敵対的買収を防ぐ狙い
  2. 米デュポンの第2・四半期決算は予想下回る、エネルギー費用高騰が打…
  3. 細胞集め増やす化合物…京大化学研発見、再生医療活用に…
  4. 石テレ賞、山下さんら3人
  5. 米で処方せん不要の「やせ薬」発売、売り切れ続出
  6. カーボンナノチューブ量産技術を国際会議で発表へ
  7. 化学大手4社は増収 4-6月期連結決算
  8. BASF、新規のキラル中間体生産プロセスを開発!

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 化学研究ライフハック: Firefoxアドオンで化学検索をよりスピーディに!
  2. 高分子材料中の微小異物分析技術の実際【終了】
  3. 高脂血症薬がウイルス抑制/C型肝炎で厚労省研究班
  4. 尿はハチ刺されに効くか 学研シリーズの回顧
  5. ジョン・スティル John K. Stille
  6. CYP総合データベース: SuperCYP
  7. 結晶データの登録・検索サービス(Access Structures&Deposit Structures)が公開
  8. チャド・マーキン Chad A. Mirkin
  9. 未来の車は燃料電池車でも電気自動車でもなくアンモニア車に?
  10. プラスチックを簡単に分解する方法の開発

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

ジアゾニウム塩が開始剤と捕捉剤を“兼務”する

アリールジアゾニウム塩を用いたプレニルカルバマート/ウレアのシクロアミノジアゾ化反応が開発された。入…

パラジウム光触媒が促進するHAT過程:アルコールの脱水素反応への展開

2016年、イリノイ大学シカゴ校・Vladimir Gevorgyanらは、Pd(0)触媒の共存下、…

ウラジミール・ゲヴォルギャン Vladimir Gevorgyan

ウラジミール・ゲヴォルギャン(Vladimir Gevorgyan、1956年8月12日-)は、アメ…

有機合成化学協会誌2018年11月号:オープンアクセス・英文号!

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2018年11月号がオンライン公開されました。今月…

観客が分泌する化学物質を測定することで映画のレーティングが可能になるかもしれない

映画には、年齢による鑑賞制限が設けられているものがあります。その制限は映画の内容に応じて各国の審査団…

庄野酸化 Shono Oxidation

概要アルコール溶媒中にアミドまたはカルバメートを電解酸化し、N,O-アセタールを得る反応。アミン…

PAGE TOP