[スポンサーリンク]

ケムステニュース

武田や第一三共など大手医薬、特許切れ主力薬を「延命」

医薬大手が特許切れする主力品の”延命”に乗り出す。米国で武田薬品工業は医療用の消化器薬を大衆薬に転用することを決め、第一三共は近く高脂血症治療の「メバロチン」の他社向け原料供給を拡大する。各社は成分を追加したり、飲みやすくした改良型を日米で投入。世界の大手が特許切れの課題に直面するなか、割安な後発品など他製品との違いを明確にして競争力を維持・向上する。(引用:日本経済新聞)

?

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 大日本製薬と住友製薬が来年10月合併・国内6位に
  2. 浅野・県立大教授が化学技術賞
  3. 富士写、化学材料を事業化
  4. 兵庫で3人が農薬中毒 中国産ギョーザ食べる
  5. 旭硝子が新中期計画、液晶・PDPガラス基板事業に注力
  6. 日本化学会第85回春季年会
  7. トムソン:2007年ノーベル賞の有力候補者を発表
  8. 性フェロモン感じる遺伝子、ガで初発見…京大グループ

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 電子実験ノートもクラウドの時代? Accelrys Notebook
  2. ジンクピリチオン (zinc pyrithione)
  3. 複雑分子を生み出す脱水素型ディールス・アルダー反応
  4. 18万匹のトコジラミ大行進 ~誘因フェロモンを求めて①~
  5. 医薬品の合成戦略ー医薬品中間体から原薬まで
  6. 第13回 化学を楽しみ、創薬に挑み続ける ―Derek Lowe博士
  7. 特許庁「グリーン早期審査・早期審理」の試行開始
  8. ローゼンムント・フォンブラウン反応 Rosenmund-von Braun Reaction
  9. 期待のアルツハイマー型認知症治療薬がPIIへ‐富山化学
  10. 2013年就活体験記(1)

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

磯部 寛之 Hiroyuki Isobe

磯部寛之(いそべひろゆき、1970年11月9日–東京都生まれ)は日本の有機化学者である。東京大学理学…

死海付近で臭素が漏洩

イスラエル警察は死海付近の向上から臭素が漏れだしたことを明らかにし、付近住民に自宅にとどまるよう呼び…

光触媒反応用途の青色LED光源を比較してみた

巷で大流行の可視光レドックス触媒反応ですが、筆者のラボでも活用するようになりました。しかし経…

宮沢賢治の元素図鑑

概要本書は宮沢賢治の作品に登場する元素を取り上げ、作品を入り口として各元素について解説した書…

電子豊富芳香環に対する触媒的芳香族求核置換反応

2017年、ノースカロライナ大学チャペルヒル校・David Nicewiczらは、可視光レドックス触…

毛染めでのアレルギー大幅低減へ ~日華化学がヘアカラー用染料開発~

日華化学(本社福井県福井市、江守康昌社長)は、髪へのダメージや頭皮への刺激がなく、アレルギーのリスク…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP