[スポンサーリンク]

H

ハロホルム反応 Haloform Reaction

 

概要

メチルケトンをハロゲン化剤とアルカリで処理すると、カルボン酸とハロホルム(トリハロメタン)が得られる。化学選択性に難があるため、合成化学的用途は限られる。

ヨードホルム反応はメチルケトン・メチルカルビノールの定性分析法として有名。

 

基本文献

  • Lieben, A. Liebigs Ann. Chem. 1870, s7, 218.
  • Fuson, R. C.; Bull, B. A. Chem. Rev. 193415, 275. DOI: 10.1021/cr60052a001

 

反応機構

メチルカルビノールは系中でメチルケトンに酸化される。メチルケトンのα位がハロゲン化されたトリハロメチルケトンにヒドロキシルアニオンが求核攻撃し、脱離能の高まった-CX3基が脱離していく。
haloform_2.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

関連リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. 正宗・バーグマン反応 Masamune-Bergman Reac…
  2. メーヤワイン アリール化反応 Meerwein Arylatio…
  3. フロインターベルク・シェーンベルク チオフェノール合成 Freu…
  4. ポーソン・カーン反応 Pauson-Khand Reaction…
  5. トリプトファン選択的タンパク質修飾反応 Trp-Selectiv…
  6. カンプス キノリン合成 Camps Quinoline Synt…
  7. 福山アミン合成 Fukuyama Amine Synthesis…
  8. ウィリアムソンエーテル合成 Williamson ether s…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 研究倫理を問う入試問題?
  2. 海藻成長の誘導物質発見 バイオ研
  3. Qi-Lin Zhou 周其林
  4. フローシステムでペプチド合成を超高速化・自動化
  5. ケージ内で反応を進行させる超分子不斉触媒
  6. アセトンを用いた芳香環のC–Hトリフルオロメチル化反応
  7. ERATO伊丹分子ナノカーボンプロジェクト始動!
  8. 魅惑の薫り、漂う香り、つんざく臭い
  9. サイエンスアゴラ参加辞退のお知らせ
  10. サイエンスイングリッシュキャンプin東京工科大学

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

北エステル化反応 Kita Esterification

概要ルテニウム触媒存在下、エチニルエチルエーテル試薬を脱水剤として用い、カルボン酸とアルコールか…

一人二役のフタルイミドが位置までも制御する

N-ヒドロキシフタルイミドを用いる逆マルコフニコフ型のヒドロアミノ化が報告された。遷移金属触媒および…

ジアゾニウム塩が開始剤と捕捉剤を“兼務”する

アリールジアゾニウム塩を用いたプレニルカルバマート/ウレアのシクロアミノジアゾ化反応が開発された。入…

パラジウム光触媒が促進するHAT過程:アルコールの脱水素反応への展開

2016年、イリノイ大学シカゴ校・Vladimir Gevorgyanらは、Pd(0)触媒の共存下、…

ウラジミール・ゲヴォルギャン Vladimir Gevorgyan

ウラジミール・ゲヴォルギャン(Vladimir Gevorgyan、1956年8月12日-)は、アメ…

有機合成化学協会誌2018年11月号:オープンアクセス・英文号!

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2018年11月号がオンライン公開されました。今月…

PAGE TOP