[スポンサーリンク]

H

ハロホルム反応 Haloform Reaction

 

概要

メチルケトンをハロゲン化剤とアルカリで処理すると、カルボン酸とハロホルム(トリハロメタン)が得られる。化学選択性に難があるため、合成化学的用途は限られる。

ヨードホルム反応はメチルケトン・メチルカルビノールの定性分析法として有名。

 

基本文献

  • Lieben, A. Liebigs Ann. Chem. 1870, s7, 218.
  • Fuson, R. C.; Bull, B. A. Chem. Rev. 193415, 275. DOI: 10.1021/cr60052a001

 

反応機構

メチルカルビノールは系中でメチルケトンに酸化される。メチルケトンのα位がハロゲン化されたトリハロメチルケトンにヒドロキシルアニオンが求核攻撃し、脱離能の高まった-CX3基が脱離していく。
haloform_2.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

関連リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. バルビエ・ウィーランド分解 Barbier-Wieland De…
  2. 三枝・伊藤酸化 Saegusa-Ito Oxidation
  3. 光延反応 Mitsunobu Reaction
  4. ヘンリー反応 (ニトロアルドール反応) Henry Reacti…
  5. アルキンの環化三量化反応 Cyclotrimerization …
  6. クラブトリー触媒 Crabtree’s Cataly…
  7. 還元的脱硫反応 Reductive Desulfurizatio…
  8. レギッツジアゾ転移 Regitz Diazo Transfer

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 三井化学、「環状オレフィンコポリマー(商標:アペル)」の生産能力増強を決定
  2. カルボン酸をホウ素に変換する新手法
  3. パッションフルーツに「体内時計」遅らせる働き?
  4. ITを駆使して新薬開発のスピードアップを図る米国製薬業界
  5. F. S. Kipping賞―受賞者一覧
  6. アルメニア初の化学系国際学会に行ってきた!①
  7. 2009年9月人気化学書籍ランキング
  8. チャップマン転位 Chapman Rearrangement
  9. スピノシン spinosyn
  10. 真理を追求する –2017年度ロレアル-ユネスコ女性科学者日本奨励賞–

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

ケムステ版・ノーベル化学賞候補者リスト【2018年版】

各媒体からかき集めた情報を元に、「未来にノーベル化学賞の受賞確率がある化学者」をリストアップしていま…

巨大複雑天然物ポリセオナミドBの細胞死誘導メカニズムの解明

第161回目のスポットライトリサーチは、早田敦 (はやた あつし)さんにお願いしました。早田…

イグノーベル化学賞2018「汚れ洗浄剤としてヒトの唾液はどれほど有効か?」

Tshozoです。今年もIg Nobel賞、発表されましたね。色々と興味深い発表が続く中、NHKで放…

最近のwebから〜固体の水素水?・化合物名の商標登録〜

皆様夏休みはいかがお過ごしでしたでしょうか。大学はそろそろ後学期が始まってきたところです。小…

化学の力で複雑なタンパク質メチル化反応を制御する

第160回目のスポットライトリサーチは、連名での登場です。理化学研究所の五月女 宜裕 さん・島津 忠…

変わったガラス器具達

皆様、普段どんなガラス器具を使っていますか?ナスフラスコ、三角フラスコはもちろん、カラム管やジムロー…

PAGE TOP