[スポンサーリンク]

H

ハロホルム反応 Haloform Reaction

[スポンサーリンク]

 

概要

メチルケトンをハロゲン化剤とアルカリで処理すると、カルボン酸とハロホルム(トリハロメタン)が得られる。化学選択性に難があるため、合成化学的用途は限られる。

ヨードホルム反応はメチルケトン・メチルカルビノールの定性分析法として有名。

 

基本文献

  • Lieben, A. Liebigs Ann. Chem. 1870, s7, 218.
  • Fuson, R. C.; Bull, B. A. Chem. Rev. 193415, 275. DOI: 10.1021/cr60052a001

 

反応機構

メチルカルビノールは系中でメチルケトンに酸化される。メチルケトンのα位がハロゲン化されたトリハロメチルケトンにヒドロキシルアニオンが求核攻撃し、脱離能の高まった-CX3基が脱離していく。
haloform_2.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

関連リンク

関連記事

  1. 薗頭・萩原クロスカップリング Sonogashira-Hagih…
  2. ロッセン転位 Lossen Rearrangement
  3. ワインレブケトン合成 Weinreb ketone synthe…
  4. ミカエリス・アルブゾフ反応 Michaelis-Arbuzov …
  5. ガスマン インドール合成 Gassman Indole Synt…
  6. シモンズ・スミス反応 Simmons-Smith Reactio…
  7. パーコウ反応 Perkow Reaction
  8. ブンテ塩~無臭の含硫黄ビルディングブロック~

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 含ケイ素四員環-その2-
  2. フッ素のゴーシュ効果 Fluorine gauche Effect
  3. 2009年ロレアル・ユネスコ女性科学者 日本奨励賞発表
  4. 化学のためのPythonによるデータ解析・機械学習入門
  5. 呉羽化学、社名を「クレハ」に
  6. 松本和子氏がIUPACのVice Presidentに選出される
  7. 「ヨーロッパで修士号と博士号を取得する」 ―ETH Zürichより―
  8. カストロ・ステファンス カップリング Castro-Stephens Coupling
  9. 住友化学、液晶関連事業に100億円投資・台湾に新工場
  10. 黎书华 Shuhua Li

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

第143回―「単分子エレクトロニクスと化学センサーの研究」Nongjian (NJ) Tao 教授

第143回の化学者インタビューは、ノンジャン・タオ教授です。アリゾナ州立大学バイオデザイン研究所バイ…

不溶性アリールハライドの固体クロスカップリング反応

第305回のスポットライトリサーチは、北海道大学大学院工学研究院 (伊藤研究室)・瀬尾 珠恵さんにお…

化学のためのPythonによるデータ解析・機械学習入門

hodaです。今回は筆者の勉強用に読んだ機械学習関連の書籍を紹介します。概要本書は、…

アカデミックから民間企業へ転職について考えてみる 第三回

カデミックから民間企業へ転職した場合、入社後にギャップを感じる人が少なからずいます。もちろん、どんな…

第142回―「『理想の有機合成』を目指した反応開発と合成研究」山口潤一郎 教授

第142回の化学者インタビューは日本から、皆さんご存じ、山口潤一郎教授の登場です。名古屋大学理学部化…

【書籍】ゼロからの最速理解 プラスチック材料化学

今月発売された『ゼロからの最速理解 プラスチック材料化学』(佐々木 健夫 著,コロナ社)という書籍を…

重水は甘い!?

同位体はある元素、すなわち同一の原子番号をもつ原子核において、中性子数の異なる核種のことをいいますね…

人物でよみとく化学

概要化学の歴史をつくった約50人を収録。高校・大学の化学の勉強に役立つ16テーマをあつかい、…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP