[スポンサーリンク]

H

ハロホルム反応 Haloform Reaction

 

概要

メチルケトンをハロゲン化剤とアルカリで処理すると、カルボン酸とハロホルム(トリハロメタン)が得られる。化学選択性に難があるため、合成化学的用途は限られる。

ヨードホルム反応はメチルケトン・メチルカルビノールの定性分析法として有名。

 

基本文献

  • Lieben, A. Liebigs Ann. Chem. 1870, s7, 218.
  • Fuson, R. C.; Bull, B. A. Chem. Rev. 193415, 275. DOI: 10.1021/cr60052a001

 

反応機構

メチルカルビノールは系中でメチルケトンに酸化される。メチルケトンのα位がハロゲン化されたトリハロメチルケトンにヒドロキシルアニオンが求核攻撃し、脱離能の高まった-CX3基が脱離していく。
haloform_2.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

関連リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. ガーナーアルデヒド Garner’s Aldehyd…
  2. ケーニッヒ・クノール グリコシド化反応 Koenigs-Knor…
  3. ピーターソンオレフィン化 Peterson Olefinatio…
  4. ラロック インドール合成 Larock Indole Synth…
  5. 縮合剤 Condensation Reagent
  6. 重水素標識反応 Deuterium Labeling React…
  7. スズアセタールを用いる選択的変換 Selective Trans…
  8. スマイルス転位 Smiles Rearrangement

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 科博特別展「日本を変えた千の技術博」にいってきました
  2. 私がケムステスタッフになったワケ(2)
  3. 安積徹 Tohru Azumi
  4. ヒト遺伝子の ヒット・ランキング
  5. 2007年文化勲章・文化功労者決定
  6. 2013年ケムステ人気記事ランキング
  7. 三共、第一製薬が統合へ 売上高9000億円規模
  8. サクラの酵母で作った赤い日本酒を商品化に成功
  9. レザ・ガディリ M. Reza Ghadiri
  10. ジョージ・クラフォード M. George Craford

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

博士課程に進学したあなたへ

どういった心構えで研究生活を送るべきかについて、昨年ですが面白い記事がNatureに出ていたので、紹…

【書籍】フロンティア軌道論で理解する有機化学

「軌道の見方がわかる!有機反応を一貫して軌道論に基づいて解説。新しい有機化学を切り拓く読者へ…

少量の塩基だけでアルコールとアルキンをつなぐ

カリウムtert-ブトキシドを触媒とするα-アルキルケトン合成法が報告された。遷移金属を用いず、高い…

日本薬学会第139年会 付設展示会ケムステキャンペーン

日本化学会年会では毎年恒例の付設展示会ケムステキャンペーンを行いました。さて、本日から日本薬…

論文・学会発表に役立つ! 研究者のためのIllustrator素材集: 素材アレンジで描画とデザインをマスターしよう!

概要Adobe Illustratorを用いたイラスト作成の入門書。すぐに使えるイラスト素材…

シアノヒドリンをカルボン酸アミドで触媒的に水和する

第190回目のスポットライトリサーチは、神田 智哉(かんだ ともや)さんにお願いしました。神…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP