[スポンサーリンク]

H

ハロホルム反応 Haloform Reaction

[スポンサーリンク]

 

概要

メチルケトンをハロゲン化剤とアルカリで処理すると、カルボン酸とハロホルム(トリハロメタン)が得られる。化学選択性に難があるため、合成化学的用途は限られる。

ヨードホルム反応はメチルケトン・メチルカルビノールの定性分析法として有名。

 

基本文献

  • Lieben, A. Liebigs Ann. Chem. 1870, s7, 218.
  • Fuson, R. C.; Bull, B. A. Chem. Rev. 193415, 275. DOI: 10.1021/cr60052a001

 

反応機構

メチルカルビノールは系中でメチルケトンに酸化される。メチルケトンのα位がハロゲン化されたトリハロメチルケトンにヒドロキシルアニオンが求核攻撃し、脱離能の高まった-CX3基が脱離していく。
haloform_2.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

関連リンク

関連記事

  1. 不均一系接触水素化 Heterogeneous Hydrogen…
  2. ウィッティヒ転位 Wittig Rearrangement
  3. ブラン・ウレー クロロアルキル化 Blanc-Quellet C…
  4. コープ転位 Cope Rearrangement
  5. ウォルフ転位 Wolff Rearrangement
  6. マルコフニコフ則 Markovnikov’s Rul…
  7. アイルランド・クライゼン転位 Ireland-Claisen R…
  8. コーリー・ニコラウ マクロラクトン化 Corey-Nicolao…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. カルボン酸を触媒のみでアルコールに還元
  2. イソプロポキシボロン酸ピナコール:Isopropoxyboronic Acid Pinacol Ester
  3. アルカロイドの大量生産
  4. NHKアニメ『エレメントハンター』 2009年7月スタート!
  5. ザック・ボール Zachary T. Ball
  6. Stephacidin Bの全合成と触媒的ヒドロアミノアルキル化反応
  7. 2016年2月の注目化学書籍
  8. 実験の再現性でお困りではありませんか?
  9. ヒドロアシル化界のドンによる巧妙なジアステレオ選択性制御
  10. 光親和性標識 photoaffinity labeling (PAL)

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

海外機関に訪問し、英語講演にチャレンジ!~③ いざ、機関訪問!~

海外学会のついでに近郊機関に訪問し、ディスカッションと英語講演にトライしてみよう!シリーズ記事です。…

サントリー生命科学研究者支援プログラム SunRiSE

サントリー生命科学財団は1月31日、生命科学分野の若手研究者に1人当たり研究費1千万円を5年間、計5…

コロナウイルスが免疫システムから逃れる方法(2)

前回の記事では、コロナウイルスの基礎知識とコロナウイルスが持つRNA分解酵素(EndoU)について述…

第79回―「高分子材料と流体の理論モデリング」Anna Balazs教授

第79回の海外化学者インタビューは、アンナ・バラズ教授です。ピッツバーグ大学 化学・石油工学科に在籍…

コロナウイルスが免疫システムから逃れる方法(1)

新型コロナウイルスによる感染症が、世界中で猛威を振るっています。この記事を書いている私も、大学の閉鎖…

換気しても、室内の化学物質は出ていかないらしい。だからといって、健康被害はまた別の話!

Human health is affected by indoor air quality. On…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP