[スポンサーリンク]

H

ハロホルム反応 Haloform Reaction

[スポンサーリンク]

 

概要

メチルケトンをハロゲン化剤とアルカリで処理すると、カルボン酸とハロホルム(トリハロメタン)が得られる。化学選択性に難があるため、合成化学的用途は限られる。

ヨードホルム反応はメチルケトン・メチルカルビノールの定性分析法として有名。

 

基本文献

  • Lieben, A. Liebigs Ann. Chem. 1870, s7, 218.
  • Fuson, R. C.; Bull, B. A. Chem. Rev. 193415, 275. DOI: 10.1021/cr60052a001

 

反応機構

メチルカルビノールは系中でメチルケトンに酸化される。メチルケトンのα位がハロゲン化されたトリハロメチルケトンにヒドロキシルアニオンが求核攻撃し、脱離能の高まった-CX3基が脱離していく。
haloform_2.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

関連リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. 水素化ホウ素亜鉛 Zinc Bodohydride
  2. ジェイムス・ブル エナンチオ過剰率決定法 James-Bull …
  3. マンダー試薬 Mander’s Reagent
  4. スズアセタールを用いる選択的変換 Selective Trans…
  5. ノッシェル・ハウザー塩基 Knochel-Hauser Base…
  6. ジオキシラン酸化 Oxidation with Dioxiran…
  7. 芳香族化合物のスルホン化 Sulfonylation of Ar…
  8. ヒンスバーグ オキシインドール合成 Hinsberg Oxind…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ポリ乳酸 Polylactic Acid
  2. SigmaAldrichフッ素化合物30%OFFキャンペーン
  3. Twitter発!「笑える(?)実験大失敗集」
  4. 2008年ノーベル化学賞『緑色蛍光タンパクの発見と応用』
  5. フタロシアニン phthalocyanine
  6. フェネストレンの新規合成法
  7. オカモト株式会社茨城工場
  8. 2007年秋の褒章
  9. e.e., or not e.e.:
  10. 親子で楽しめる化学映像集 その1

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

柔軟な小さな分子から巨大環状錯体を組み上げる ~人工タンパク質への第一歩~

第205回のスポットライトリサーチは、お茶の水女子大学 基幹研究院自然科学系・三宅 亮介 先生 にお…

光触媒を用いるスピロ環合成法が創薬の未来を明るく照らす

可視光光触媒を用いたスピロ環骨格構築法が報告された。創薬分野においてsp3炭素豊富な骨格は、構造、活…

日本初の化学専用オープンコミュニティ、ケムステSlack始動!

もし日常的に、様々な分野の日本中の化学徒・研究者と、最先端の化学について自由闊達に議論を交わし合い、…

HACCP制度化と食品安全マネジメントシステムーChemical Times特集より

関東化学が発行する化学情報誌「ケミカルタイムズ」。年4回発行のこの無料雑誌の紹介をしています。…

農薬メーカの事業動向・戦略について調査結果を発表

 この程、TPCマーケティングリサーチ株式会社(本社=大阪市西区、代表取締役社長=川原喜治)は、農薬…

書店で気づいたこと ~電気化学の棚の衰退?~

Tshozoです。少し短いですが以前から気になっていたので書いておきます。また少々電気化学系…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP