[スポンサーリンク]


2018年 11月 09日

  1. 庄野酸化 Shono Oxidation

    概要アルコール溶媒中にアミドまたはカルバメートを電解酸化し、N,O-アセタールを得る反応。アミンα位の官能基化反応として有用である。 (さらに…)…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 第20回 超分子から高分子へアプローチする ― Stuart Rowan教授
  2. 実験ノートを復刻し公開へ 高峰譲吉らのアドレナリン
  3. EUのナノマテリアル監視機関が公式サイトをオープン
  4. ちょっと変わったイオン液体
  5. 114番元素と116番元素が正式認可される
  6. ペルフルオロデカリン (perfluorodecalin)
  7. Al=Al二重結合化合物

注目情報

最新記事

可視光全域を利用できるレドックス光増感剤

東京工業大学 理学院 化学系の玉置悠祐助教、入倉茉里大学院生および石谷治教授は、新たに合成したオスミ…

【ジーシー】新卒採用情報(2023卒)

弊社の社是「施無畏」は、「相手の身になって行動する」といった意味があります。これを具現化することで存…

有機合成のための新触媒反応101

(さらに…)…

化学者のためのエレクトロニクス講座~電解ニッケルめっき編~

この化学者のためのエレクトロニクス講座では半導体やその配線技術、フォトレジストやOLEDなど、エレク…

その病気、市販薬で治せます

(さらに…)…

PAGE TOP