[スポンサーリンク]

archives

クロロ(1,5-シクロオクタジエン)ロジウム(I) (ダイマー):Chloro(1,5-cyclooctadiene)rhodium(I) Dimer

B1045.gif

キラルな第二級および第三級アルキルトリフルオロボラートの1,2-付加反応

Aggarwalらは,ロジウム(I)触媒によるキラルな第二級および第三級アルキルトリフルオロボラートのアルデヒドへの1,2-付加反応について報告しています。それによれば,[RhCl(cod)]2を触媒として用い,カリウムキラル第二級,第三級アルキルトリフルオロボラートとアルデヒドを反応させることにより,完全に立体を保持したまま1,2-付加反応が起こり,高収率で目的物が得られます。この反応ではβ-ヒドリド脱離が起こらないため,他の反応系への応用も期待されます。

A. Ros, V. K. Aggarwal, Angew. Chem. Int. Ed. 2009, 48, 6289.

 

関連記事

  1. フルオラス向山試薬 (Fluorous Mukaiyama re…
  2. 1,3-ビス(2,4,6-トリメチルフェニル)イミダゾリニウムク…
  3. トリフルオロメタンスルホン酸ランタン(III):Lanthanu…
  4. カルボニルトリス(トリフェニルホスフィン)ロジウム(I)ヒドリド…
  5. マイクロリアクターで新時代!先取りセミナー 【終了】
  6. セレノフェン : Selenophene
  7. トリフルオロ酢酸パラジウム(II) : Trifluoroace…
  8. 高分子材料における高次構造制御と機能発現【終了】

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. リコペン / Lycopene
  2. 炭素繊維は鉄とアルミに勝るか? 2
  3. 稲垣伸二 Shinji Inagaki
  4. 1-メチル-1-[4-(ジフェニルホスフィノ)ベンジル]ピロリジニウムブロミド:1-Methyl-1-[4-(diphenylphosphino)benzyl]pyrrolidinium Bromide
  5. Keith Fagnou Organic Chemistry Symposium
  6. 鉄カルベン活性種を用いるsp3 C-Hアルキル化
  7. 学振申請書を磨き上げるポイント ~自己評価欄 編(後編)~
  8. 創薬開発で使用される偏った有機反応
  9. 人工DNAから医薬をつくる!
  10. 「海外PIとして引率する大気化学研究室」ーカリフォルニア大学アーバイン校より

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

日本化学会と日本化学工業協会に新会長就任

日本化学会は5月23日に川合眞紀氏(自然科学研究機構分子科学研究所)が新会長に就任したことを発表した…

塩基と酸でヘテロ環サイズを”調節する”

塩基と酸を作用させるだけで環サイズを調節できるユニークな中員環合成手法が報告された。塩基による環拡大…

「人工金属酵素によるSystems Catalysisと細胞内触媒反応」University of Basel, T. R. Ward研より

海外留学記第23回目は、前回22回目の研究記を掲載させていただいた小嶋良輔さんからの紹介で、Base…

太陽ホールディングスインターシップ

経営理念に共感し、自ら考え行動できる自律した人材と働きたい私たちは、楽しい社会を実現するという経…

抽出精製型AJIPHASE法の開発

2017年、味の素社の高橋大輔らは、ペプチド液相合成法であるAJIPHASE法にさらなる改良を加え、…

【太陽HD】”世界一の技術”アルカリ現像型ソルダーレジストの開発

ソルダーレジストは、プリント配線板や半導体パッケージ用基板の表層部分に使用されはんだ付け作業時、不要…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP