[スポンサーリンク]


2019年 1月 03日

  1. アニリン版クメン法

    アルキルアレーンまたはベンジルアルコールからC–C結合切断を経てアニリンを合成する手法が開発された。基質適用範囲が広く、様々なアニリン合成に応用されることが期待される。アニリンの合成法アニリンは医薬品や農薬などの様々な物質の合成に用…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 総収率57%! 超効率的なタミフルの全合成
  2. 論文がリジェクトされる10の理由
  3. 中外製薬が工場を集約へ 宇都宮など2カ所に
  4. イミデートラジカルを経由するアルコールのβ位選択的C-Hアミノ化反応
  5. 1,3-ジヨード-5,5-ジメチルヒダントイン:1,3-Diiodo-5,5-dimethylhydantoin
  6. スケールアップ実験スピードアップ化と経済性計算【終了】
  7. 身近なカガクを説明した記事まとめ

注目情報

最新記事

Delta 6.0.0 for Win & Macがリリース!

NMR解析ソフトDeltaの最新版6.0.0がリリースされました!&nb…

こんなのアリ!?ギ酸でヒドロカルボキシル化

可視光レドックス触媒によるギ酸を炭素源としたヒドロカルボキシル化が開発された。チオール触媒を介したラ…

ポンコツ博士研究員の海外奮闘録 ケムステ異色連載記

本稿は,世間一般にほとんど知られていない地方私立大学で学位を修了し,エリートでもなく何も成し遂げてい…

新型コロナの飲み薬モルヌピラビルの合成・生体触媒を用いた短工程化

新型コロナウイルス (SARS-CoV-2) 感染症に対する飲み薬として、Merck…

秋吉一成 Akiyoshi Kazunari

秋吉 一成(あきよしかずなり)は日本の有機化学者である。京都大学大学院 工学研究科 高分子化学専攻 …

PAGE TOP