[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

ステファン・カスケル Stefan Kaskel

[スポンサーリンク]

ステファンKaskelは、(1969年2月24日-, ボン)は、ドイツの化学者。TU Dresden(ドレスデン工科大学)の教授(写真出典:TU Dresden)。

経歴

1990-1995 エバーハルト・カール大学テュービンゲン 学士
1995-1998 PhD (Joachim Strähle教授)、首席
1998-2000 アレクサンダーフォンフンボルト財団 フェオドール・ライネンフェローシップ、米国DOEエイムズ研究所、アイオワ州立大学
2000-2003 マックス・プランク石炭研究所・ルール大学ボーフム(Ferdi Schüth教授)
2004-   ドレスデン工科大学 C4教授

受賞歴

1997, Young Scientist Award, European Powder Diffraction Conference, Parma, Italy
1998–2000 Feodor Lynen-Fellowship of the Alexander von Humboldt-Foundation
2000–2002 Reimar Lüst-Fellowship of the Max-Planck-Society
2003 Young Scientist Nanotechnology Award of the Federal Ministry of Education and Research
2015 日本学術振興会賞
2017, Highly cited researcher (Clarivate Analytics)
2017, ERC Advanced Grant “Amplipore”
2016, Highly cited researcher (state of innovation, formerly Thomson Reuters)

研究業績

エネルギー貯蔵、触媒、電池、分離技術への応用を目的とした、多孔質およびナノ構造材料(合成、構造、機能)。これまでにMOFや多孔質炭素材料、CVD、CNT、吸着、印刷などの研究を行ってきた。400以上の出版物を執筆し、22000以上の引用(google scholar h-index 80)があり、50以上の特許出願がある。2016年と2017年には、トムソン・ロイター社とクラリベイト・アナリティクス社から「Highly Cited Researcher」に認定されている。

関連リンク

関連記事

  1. 2009年6月人気化学書籍ランキング
  2. 液クロ虎の巻シリーズ
  3. 有機・無機材料の相転移ダイナミクス:数理から未来のマテリアル開発…
  4. キャロライン・ベルトッツィ Carolyn R. Bertozz…
  5. マーヴィン・カルザース Marvin H. Caruthers
  6. 有機反応の立体選択性―その考え方と手法
  7. 天野 浩 Hiroshi Amano
  8. Modern Method of Organic Synthes…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ケムステ海外研究記 まとめ【地域別/目的別】
  2. 第25回 溶媒の要らない固体中の化学変換 – Len MacGillivray教授
  3. 「リジェネロン国際学生科学技術フェア(ISEF)」をご存じですか?
  4. ジボリルメタンに一挙に二つの求電子剤をくっつける
  5. 仙台の高校生だって負けてません!
  6. 第一回 人工分子マシンの合成に挑む-David Leigh教授-
  7. リチャード・ヘック Richard F. Heck
  8. 5分でできる!Excelでグラフを綺麗に書くコツ
  9. 子供と一緒にネットで化学実験を楽しもう!
  10. MacでChem3Dー新たなる希望ー

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2021年9月
« 8月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

注目情報

注目情報

最新記事

なぜあの研究室の成果は一流誌ばかりに掲載されるのか【考察】

Nature誌やScience誌は科学者ならば誰もが認める一流ジャーナルとして認識されています。そう…

PEG化合物を簡単に精製したい?それなら塩化マグネシウム!

ケミカルバイオロジー・生体関連化学用途の分子構造において、とにかくよく見かけるポリエチレングリコール…

バリー・ハリウェル Barry Halliwell

バリー・ハリウェル (Barry Halliwell、1949年10月18日-)は、イギリスの生化学…

湾曲したパラフェニレンで繋がれたジラジカルの挙動  〜湾曲効果による電子スピン状態の変化と特異性〜

第342回のスポットライトリサーチは、広島大学大学院 先進理工系科学研究科・宮澤友樹 さんにお願いし…

第165回―「光電変換へ応用可能な金属錯体の開発」Ed Constable教授

第165回の海外化学者インタビューは、エドウィン(エド)・コンステイブル教授です。バーゼル大学化学科…

MEDCHEM NEWSと提携しました

「くすり」に関係する研究者や技術者が約1万7専任が所属する日本薬学会。そ…

抗体を液滴に濃縮し細胞内へ高速輸送:液-液相分離を活用した抗体の新規細胞内輸送法の開発

第341回のスポットライトリサーチは、京都大学 薬学研究科(二木研究室)博士後期課程1年の岩田恭宗さ…

革新的なオンライン会場!「第53回若手ペプチド夏の勉強会」参加体験記

夏休みも去って新学期も始まり、研究者としては科研費申請に忙しい時期ですね。学会シーズン到来の足音も聞…

実験手袋をいろいろ試してみたーつかいすてから高級手袋までー

前回は番外編でしたが、試してみたシリーズ本編に戻ります。引き続き実験関係の消耗品…

第164回―「光・熱エネルギーを変換するスマート材料の開発」Panče Naumov教授

第164回の海外化学者インタビューは、パンチェ・ナウモフ教授です。大阪大学大学院工学研究科 生命先端…

Chem-Station Twitter

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP