[スポンサーリンク]

D

ダンハイザー シクロペンテン合成 Danheiser Cyclopentene Synthesis

 

概要

ルイス酸で活性化された電子不足オレフィンに対し、TMSアレンを作用させるとシクロペンテンが得られる。オレフィンの代わりにアルデヒド、イミンと反応させるとそれぞれ対応するジヒドロフラン、ピロリン誘導体が得られる。

基本文献

 

反応機構

danheiser_cp_2.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. エノラートの酸化的カップリング Oxidative Coupli…
  2. 水素化ビス(2-メトキシエトキシ)アルミニウムナトリウム Red…
  3. レギッツジアゾ転移 Regitz Diazo Transfer
  4. ロゼムンド・リンドセー ポルフィリン合成 Rothemund-L…
  5. ボイランド・シムズ酸化 Boyland-Sims Oxidati…
  6. ベロウソフ・ジャボチンスキー反応 Belousov-Zhabot…
  7. ダンハイザー環形成反応 Danheiser Annulation…
  8. バーチ還元 Birch Reduction

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 金大大学院、ナノ微粒子開発 医薬品や塗料などに応用も
  2. 根岸 英一 Eiichi Negishi
  3. ジョナス・ピータース Jonas C. Peters
  4. 第10回 太陽光エネルギーの効率的変換に挑むー若宮淳志准教授
  5. ジェイ・キースリング Jay Keasling
  6. 製薬各社の被災状況②
  7. サノフィ・アベンティスグループ、「タキソテール」による進行乳癌の生存期間改善効果を発表
  8. マイケル・クリシェー Michael J. Krische
  9. デヴィッド・ミルステイン David Milstein
  10. 城戸 淳二 Junji Kido

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

博士後期で学費を企業が肩代わり、北陸先端大が国内初の制度

 北陸先端科学技術大学院大学は、産業界と連携した博士人材の育成制度を2019年度から開始する。企業が…

有機ホウ素化合物を用いたSNi型立体特異的β-ラムノシル化反応の開発

第166回目のスポットライトリサーチは、慶應義塾大学理工学部博士課程・西 信哉(にし のぶや)さんに…

アルキルアミンをボロン酸エステルに変換する

不活性C(sp3)–N結合をボリル化する初めての反応が開発された。入手容易なアルキルアミンから様々な…

生物の仕組みに倣う:背景と光に応じて色が変わる顔料の開発

第165回目のスポットライトリサーチは、名古屋大学大学院工学研究科 ・坂井美紀(さかい みき)さんに…

イミデートラジカルを用いた多置換アミノアルコール合成

イミデートラジカルを用い、一挙に多置換アミノアルコールを合成する方法が開発された。穏和な条件かつ位置…

ジェフリー·ロング Jeffrey R. Long

ジェフリー·ロング(Jeffrey R. Long, 1969年xx月xx日-)は、アメリカの無機材…

PAGE TOP