[スポンサーリンク]

D

ダンハイザー シクロペンテン合成 Danheiser Cyclopentene Synthesis

 

概要

ルイス酸で活性化された電子不足オレフィンに対し、TMSアレンを作用させるとシクロペンテンが得られる。オレフィンの代わりにアルデヒド、イミンと反応させるとそれぞれ対応するジヒドロフラン、ピロリン誘導体が得られる。

基本文献

 

反応機構

danheiser_cp_2.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. ブーボー・ブラン還元 Bouveault-Blanc Reduc…
  2. ピクテ・ガムス イソキノリン合成 Pictet-Gams Iso…
  3. マクミラン触媒 MacMillan’s Cataly…
  4. コルベ・シュミット反応 Kolbe-Schmitt Reacti…
  5. ジアゾメタン diazomethane
  6. 森田・ベイリス・ヒルマン反応 Morita-Baylis-Hil…
  7. ネニチェスク インドール合成 Nenitzescu Indole…
  8. モッシャー法 Mosher Method

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 高校生の「化学五輪」、2010年は日本で開催
  2. 「超分子ポリマーを精密につくる」ヴュルツブルク大学・Würthner研より
  3. ケンダール・ハウク Kendall N. Houk
  4. ホーナー・ワズワース・エモンス反応 Horner-Wadsworth-Emmons (HWE) Reaction
  5. 最も安価なエネルギー源は太陽光発電に
  6. 軸不斉のRとS
  7. 化学 2005年7月号
  8. 室温で液状のフラーレン
  9. ニュースタッフ参加
  10. 安積徹 Tohru Azumi

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

アルデヒドのC-Hクロスカップリングによるケトン合成

プリンストン大学・David W. C. MacMillanらは、可視光レドックス触媒、ニッケル触媒…

“かぼちゃ分子”内で分子内Diels–Alder反応

環状水溶性ホスト分子であるククルビットウリルを用いて生体内酵素Diels–Alderaseの活性を模…

トーマス・レクタ Thomas Lectka

トーマス・レクタ (Thomas Lectka、19xx年xx月x日(デトロイト生)-)は、米国の有…

有機合成化学協会誌2017年12月号:四ヨウ化チタン・高機能金属ナノクラスター・ジシリルベンゼン・超分子タンパク質・マンノペプチマイシンアグリコン

2017年も残すところあとわずかですね。みなさまにとって2017年はどのような年でしたでしょうか。…

イミデートラジカルを経由するアルコールのβ位選択的C-Hアミノ化反応

オハイオ州立大学・David A. Nagibらは、脂肪族アルコールのラジカル関与型β位選択的C(s…

翻訳アルゴリズムで化学反応を予測、IBMの研究者が発表

有機化学を原子や分子ではなく、単語や文と考えることで、人工知能(AI)アルゴリズムを用いて化学反応を…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP