[スポンサーリンク]

D

ダンハイザー シクロペンテン合成 Danheiser Cyclopentene Synthesis

[スポンサーリンク]

 

概要

ルイス酸で活性化された電子不足オレフィンに対し、TMSアレンを作用させるとシクロペンテンが得られる。オレフィンの代わりにアルデヒド、イミンと反応させるとそれぞれ対応するジヒドロフラン、ピロリン誘導体が得られる。

基本文献

 

反応機構

danheiser_cp_2.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

関連記事

  1. スワーン酸化 Swern Oxidation
  2. ブーボー/ボドロー・チチバビン アルデヒド合成 Bouveaul…
  3. 有機リチウム試薬 Organolithium Reagents
  4. 1,3-ジチアン 1,3-Dithiane
  5. ヒンスバーグ オキシインドール合成 Hinsberg Oxind…
  6. 9-フルオレニルメチルオキシカルボニル保護基 Fmoc Prot…
  7. 奈良坂・プラサード還元 Narasaka-Prasad Redu…
  8. カティヴァ 酢酸合成プロセス Cativa Process fo…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. Cleavage of Carbon-Carbon Single Bonds by Transition Metals
  2. ヘンリー反応 (ニトロアルドール反応) Henry Reaction (Nitroaldol Reaction)
  3. 病理学的知見にもとづく化学物質の有害性評価
  4. 位置選択性の制御が可能なスチレンのヒドロアリール化
  5. 4-メルカプト安息香酸:4-Mercaptobenzoic Acid
  6. 有機合成化学特別賞―受賞者一覧
  7. パーコウ反応 Perkow Reaction
  8. 免疫/アレルギーーChemical Times特集より
  9. 理系のための口頭発表術
  10. サクセナ・エヴァンス還元 Saksena-Evans Reduction

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

Carl Boschの人生 その6

Tshozoです。安価で活性の高い触媒を見出した前回のつづき、早速いきます。(2)産業界との連携…

第80回―「グリーンな変換を実現する有機金属触媒」David Milstein教授

第80回の海外化学者インタビューは、デヴィッド・ミルスタイン教授です。ワイツマン化学研究所の有機化学…

自己修復性高分子研究を異種架橋高分子の革新的接着に展開

第257回のスポットライトリサーチは、東京工業大学 大学院物質理工学院・鶴岡あゆ子さんにお願いしまし…

コロナウイルス関連記事 まとめ

新型コロナウイルスの影響で、キャンパスが閉鎖となる大学も増えてきていますね。私の周りでは、コロナウイ…

機械的力で Cu(I) 錯体の発光強度を制御する

第256回のスポットライトリサーチは、沖縄科学技術大学院大学(OIST)・錯体化学触媒ユニット 狩俣…

東京化成工業より 春の学会年会に参加予定だったケムステ読者の皆様へ

東京化成工業は、東京理科大学で開催の日本化学会第100春季年会付設展示会、京都国際会館で開催の日本薬…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP