[スポンサーリンク]

D

ダンハイザー シクロペンテン合成 Danheiser Cyclopentene Synthesis

[スポンサーリンク]

 

概要

ルイス酸で活性化された電子不足オレフィンに対し、TMSアレンを作用させるとシクロペンテンが得られる。オレフィンの代わりにアルデヒド、イミンと反応させるとそれぞれ対応するジヒドロフラン、ピロリン誘導体が得られる。

基本文献

 

反応機構

danheiser_cp_2.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. エッシェンモーザー・クライゼン転位 Eschenmoser-Cl…
  2. ポメランツ・フリッチュ イソキノリン合成 Pomeranz-Fr…
  3. 向山縮合試薬 Mukaiyama Condensation Re…
  4. 脱酸素的フッ素化 Deoxofluorination
  5. コールマン試薬 Collman’s Reagent
  6. フェントン反応 Fenton Reaction
  7. マクミラン触媒 MacMillan’s Cataly…
  8. ライセルト反応 Reissert Reaction

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 海外でのアカデミックポジションの公開インタビュー
  2. カーボンナノチューブの毒性を和らげる長さ
  3. 4-ヨードフェノキシ酢酸:4-Iodophenoxyaceticacid
  4. 落葉の化学~「コロ助の科学質問箱」に捧ぐ
  5. ブライアン・ストルツ Brian M. Stoltz
  6. ナノってなんて素敵ナノ
  7. 低分子ゲル化剤・増粘剤の活用と材料設計、応用技術
  8. ケムステイブニングミキサー2018へ参加しよう!
  9. 食品衛生関係 ーChemical Times特集より
  10. 有機合成化学者が不要になる日

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

“秒”で分析 をあたりまえに―利便性が高まるSFC

分析化学に携わったことのある方は、「超臨界流体クロマトグラフィー」、略して「SFC」のことをご存知な…

第50回―「糖やキラル分子の超分子化学センサーを創り出す」Tony James教授

第50回の海外化学者インタビューは、トニー・ジェームズ教授です。英国バース大学の化学科で超分子化学の…

光/熱で酸化特性のオン/オフ制御が可能な分子スイッチの創出に成功

第244回のスポットライトリサーチは、北海道大学大学院総合化学院・林 裕貴さんにお願いしました。…

続・企業の研究を通して感じたこと

自分は、2014年に「企業の研究を通して感じたこと」という記事を執筆しましたが、それから5年が経ち、…

第49回―「超分子の電気化学的挙動を研究する」Angel Kaifer教授

第49回の海外化学者インタビューは、エンジェル・カイファー教授です。マイアミ大学化学科で超分子系電気…

日本化学会 第100春季年会 市民公開講座 夢をかなえる科学

■ 概要企画名:    市民公開講座 夢をかなえる科学主催:        公益社団法人…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP