[スポンサーリンク]

D

ダンハイザー シクロペンテン合成 Danheiser Cyclopentene Synthesis

[スポンサーリンク]

 

概要

ルイス酸で活性化された電子不足オレフィンに対し、TMSアレンを作用させるとシクロペンテンが得られる。オレフィンの代わりにアルデヒド、イミンと反応させるとそれぞれ対応するジヒドロフラン、ピロリン誘導体が得られる。

基本文献

 

反応機構

danheiser_cp_2.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

関連記事

  1. エーテル系保護基 Ether Protective Group
  2. TEMPO酸化 TEMPO Oxidation
  3. コーンフォース転位 Cornforth Rearrangemen…
  4. フォルハルト・エルドマン環化 Volhard-Erdmann C…
  5. 脱酸素的フッ素化 Deoxofluorination
  6. フィッシャー・スペイア エステル合成 Fischer-Speie…
  7. 還元的アルドール反応 Reductive Aldol React…
  8. ヒンスバーグ チオフェン合成 Hinsberg Thiophen…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 【医薬分野のみなさま向けウェブセミナー】マイクロ波を用いた革新的製造プロセスとヘルスケア領域への事業展開
  2. 若手化学者に朗報!YMC研究奨励金に応募しよう!
  3. 人を器用にするDNAーナノ化学研究より
  4. マイクロ波プロセスの工業化 〜環境/化学・ヘルスケア・電材領域での展開と効果〜(1)
  5. 複数酵素活性の同時検出を可能とするactivatable型ラマンプローブの開発
  6. ヘテロベンザイン
  7. 太陽電池セル/モジュール封止材料・技術【終了】
  8. 計算化学:DFT計算って何?Part II
  9. 2,5-ジ-(N-(­­­­–)-プロイル)-パラ-ベンゾキノン DPBQ
  10. ビス(トリシクロヘキシルホスフィン)ニッケル(II)ジクロリド : Bis(tricyclohexylphosphine)nickel(II) Dichloride

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

第142回―「『理想の有機合成』を目指した反応開発と合成研究」山口潤一郎 教授

第142回の化学者インタビューは日本から、皆さんご存じ、山口潤一郎教授の登場です。名古屋大学理学部化…

【書籍】ゼロからの最速理解 プラスチック材料化学

今月発売された『ゼロからの最速理解 プラスチック材料化学』(佐々木 健夫 著,コロナ社)という書籍を…

重水は甘い!?

同位体はある元素、すなわち同一の原子番号をもつ原子核において、中性子数の異なる核種のことをいいますね…

人物でよみとく化学

概要化学の歴史をつくった約50人を収録。高校・大学の化学の勉強に役立つ16テーマをあつかい、…

金属ナトリウム分散体(SD Super Fine ™)

概要金属ナトリウム分散体(SD Super Fine ™)は、金属ナトリウムの微粒…

アクセラレーションプログラム 「BRAVE 2021 Spring」 参加チームのエントリー受付中!(5/10〆切)

Beyond Next Ventures株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社⻑:伊藤毅、以下「…

赤キャベツから新しい青色天然着色料を発見 -青色1号に代わる美しく安定なアントシアニン色素-

青の食品着色料として広く使われる化学合成の「青色1号」とほぼ同じ色で、長期保存時の安定性に優れた天然…

砂塚 敏明 Toshiaki Sunazuka

砂塚 敏明 (すなづか としあき)は、日本の有機化学者である。学校法人北里研究所 理事、北里大学大村…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP