[スポンサーリンク]

ケムステニュース

世界の中分子医薬品市場について調査結果を発表

[スポンサーリンク]

この程、TPC マーケティングリサーチ株式会社(本社=大阪市西区、代表取締役社長=川原喜治)は、 世界の中分子医薬品市場について調査を実施、その結果を発表した。

2019年度中分子医薬品市場

2019 年度の全世界における世界の中分子医薬品市場は、 前年度比 4.1%増の 2 兆 4,626.6 億円となった。

  • 2019 年度の全世界における中分子医薬品市場は、前年度比 4.1%増の 2 兆 4,626.6 億円となった。
  • モダリティ別では、核酸医薬品が 2,970.6 億円となり、全体の 12.1%を占めている。核酸医薬品は、1998 年に世界初の製品「Vitravene」が米国で上市されたものの、2 製品目(「Macugen」)は 2005 年、3 製品目(「Kynamro」)は 2013 年と発売のペースは極めて遅い。最初の製品上市から約 15 年 間で 3 製品の上市にとどまっている。
  •  しかし、2016 年に米国で脊髄性筋萎縮症治療薬「スピンラザ」とデュシェンヌ型筋ジストロフィー 治療薬「Exondys51」の 2 品目が上市。これを皮切りに、2017 年には、日本で 1 品目、欧州で 1 品目が上市。2018 年には、米国で 3 品目、欧州で 2 品目が上市。2019 年には、日本で 1 品目、米 国で 2 品目、欧州で 1 品目が上市されるなど、ラインアップが充実し本格的な市場形成がなされた。
  •  一方、ペプチド医薬品は2兆1,656億円となり、全体の87.9%を占めた。ペプチド医薬品自体は既 存のモダリティであり、複数のブロックバスターを擁していることから、大きな市場が形成されてい る。但し、製品的には長期収載品も多く、後発品や新規製剤と競合する大型製品も目立つ。

2019 年度の全世界における核酸医薬品市場

2019 年度の全世界における核酸医薬品市場は、前年度比 30.4%増の 2,970.6 億円となった。 日本市場では、2020 年に国内企業初となる核酸医薬品が上市された。

  • 2019 年度の全世界における核酸医薬品市場は、前年度比 30.4%増の 2,970.6 億円となった。
  • 日本、米国、欧州の 3 極のシェアを見ると、日本が 62.7 億円で全体の 2.1%を占めている。また、 米国が 1,638.1 億円で同 55.1%、欧州が 1,018.2 億円で同 34.3%の占有率となっている。なお、その他地域の売上は 251.6 億円で全体の 8.5%を占めた。
  • 地域別に見ると、日本の市場は、米国・欧州と比べて承認されている製品の数が少ないことから、その規模もまた小さい。その中で、2020 年には国内企業初となる核酸医薬品が上市されている。
  • 米国は、最も多くの製品が上市されており、核酸医薬品の中心市場を形成している。
  • 欧州は、米国に次いで 1,000 億円規模の市場を形成しているが、米国では迅速承認されたエクソン・スキップ療法の製剤群が承認されていない。

2019 年度の全世界におけるペプチド医薬品の市場規模

2019 年度の全世界におけるペプチド医薬品の市場規模は、 前年度比 1.3%増の 2 兆 1,656 億円となった。 地域別では、米国が 1 兆 3,050 億円で全体の 6 割強を占める。

  • 2019 年度の全世界におけるペプチド医薬品の市場規模は、前年度比 1.3%増の 2 兆 1,656 億円と なった。
  • 地域別にみると、米国が 1 兆 3,050 億円で全体の 6 割強を占める。次いで、欧州が 3,900 億円の 18.2%、その他地域が 2,640 億円の 12.2%、日本が 2,066 億円の 9.5%となっている。
  • 米国市場では、NovoNordisk の 2 型糖尿病治療薬が大きなシェアを獲得している。その中でも、今 後は週 1 回投与で効果の持続性が高い「Ozempic」と、「Ozempic」の錠剤タイプ「Rybelsus」の 2 剤が、1 日 1 回投与の「Victoza」からの置き換え需要を背景に大きく伸びていく見込み。
  • 欧州市場では、NovoNordisk の 2 型糖尿病治療薬、Teva Pharmaceuticals の多発性硬化症治療薬、 武田薬品工業および AbbVie が展開するリュープロレリンを有効成分とする抗癌剤などが主力であ るが、いずれも売上は減少推移となっている。一方、米国と同様に、今後は「Ozempic」が大きく伸 長していくとみられる。
  • 日本市場では、テリパラチドを有効成分とする Eli Lily および旭化成ファーマの骨粗鬆症治療薬や、 武田薬品工業の長期収載品となる抗癌剤が大きなシェアを保持しているが、テリパラチドについて は 2019 年に特許が失効したため、今後は後発品との競合により市場規模が小さくなっていく見通 し。なお、今回ジェネリック医薬品は調査対象外としている。

【調査要覧】

<調査対象>
核酸医薬品とペプチド医薬品の 2 つのモダリティ (インスリン製剤・ジェネリックのペプチド医薬品は調査対象外)

<調査対象企業>
[日本企業編] 武田薬品工業、旭化成ファーマ、日本新薬、大日本住友製薬、塩野義製薬、エーザイ、小野薬品工業、協 和キリン、第一三共、中外製薬、ペプチドリーム、ジーンテクノサイエンス、リボミック、ナノキャリア [海外企業編] Eli Lily、NovoNordisk、Biogen、Sarepta Therapeutics、Alnylam Pharmaceuticals、Novartis

<調査期間> 2020年4月~2020年8月

<資料名>
「2020 年 世界の中分子医薬品市場」 ―新規創薬モダリティとして注目される核酸医薬品とペプチド医薬品― http://www.tpc-osaka.com/fs/bibliotheque/mr410200513

発刊日:2020 年 8 月 20 日 頒価:97,000 円(税抜)

【会社概要】

会社名:TPC マーケティングリサーチ株式会社

所在地:大阪府大阪市西区新町 2-4-2 なにわ筋 SIA ビル

事業内容:マーケティングリサーチおよび調査レポートの出版

コーポレートサイト:http://www.tpc-cop.co.jp/

オンラインショップ「TPC ビブリオテック」:http://www.tpc-osaka.com/

ISO27001 認証書番号:IS598110

【本件に関するお問い合わせ】

フリーダイヤル:0120-30-6531

*本記事はTPCマーケティングリサーチ株式会社から提供をうけたプレスリリース記事です。

F

webmaster

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. コーラから発がん物質?
  2. 武田や第一三共など大手医薬、特許切れ主力薬を「延命」
  3. 石油化学大手5社、今期の営業利益が過去最高に
  4. カフェインの覚醒効果を分子レベルで立証
  5. 中国産ウナギから合成抗菌剤、厚労省が検査義務づけ
  6. 東大薬小林教授がアメリカ化学会賞を受賞
  7. 大気中のメタン量、横ばいに/温暖化防止に朗報か
  8. 「自然冷媒」に爆発・炎上の恐れ

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ポール・アリヴィサトス Paul Alivisatos
  2. おまえら英語よりもタイピングやろうぜ ~上級編~
  3. トロスト酸化 Trost Oxidation
  4. ケミストリ・ソングス【Part1】
  5. The Merck Index: An Encyclopedia of Chemicals, Drugs, And Biologicals
  6. フルオロシランを用いたカップリング反応~ケイ素材料のリサイクルに向けて~
  7. リン酸アルミニウムを飲んだら爆発?
  8. 岩村 秀 Hiizu Iwamura
  9. リーベスカインド・スローグル クロスカップリング Liebeskind-Srogl Cross Coupling
  10. クリス・クミンス Christopher C. Cummins

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

有機合成化学協会誌2021年4月号:共有結合・ゲル化剤・Hoveyda-Grubbs型錯体・糸状菌ジテルペノイドピロン・Teleocidin B

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2021年4月号がオンライン公開されました。新…

第144回―「CO2を捕捉する多孔性金属-有機構造体の開発」Myunghyun Paik Suh教授

第144回の化学者インタビューは、ミョンヒョン・パク・ソ教授です。韓国のソウル大学で化学を専攻し、有…

ガラス器具を見積もりできるシステム導入:旭製作所

化学実験に欠かせないガラス器具。自分の使いやすいようにカスタマイズしたいと思いませんか? 昔は大学に…

陰イオン認識化学センサーの静水圧制御に成功~高選択的な分子検出法を確立~

東京工業大学 理学院 化学系の木下 智和 大学院生、福原 学 准教授、立命館大学の前田 大光 教授ら…

第143回―「単分子エレクトロニクスと化学センサーの研究」Nongjian (NJ) Tao 教授

第143回の化学者インタビューは、ノンジャン・タオ教授です。アリゾナ州立大学バイオデザイン研究所バイ…

不溶性アリールハライドの固体クロスカップリング反応

第305回のスポットライトリサーチは、北海道大学大学院工学研究院 (伊藤研究室)・瀬尾 珠恵さんにお…

化学のためのPythonによるデータ解析・機械学習入門

hodaです。今回は筆者の勉強用に読んだ機械学習関連の書籍を紹介します。概要本書は、…

アカデミックから民間企業へ転職について考えてみる 第三回

カデミックから民間企業へ転職した場合、入社後にギャップを感じる人が少なからずいます。もちろん、どんな…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP