[スポンサーリンク]


2019年 10月 16日

  1. C–NおよびC–O求電子剤間の還元的クロスカップリング

    C–N求電子剤とC–O求電子剤間のクロスカップリング反応が初めて開発された。有機化合物中に普遍的に存在する窒素原子および酸素原子を利用する本手法は、C–C結合形成の新たな戦略として期待される。求電子剤から直接C–C結合を形成するクロスカ…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 生理活性物質? 生物活性物質?
  2. マイヤース 不斉アルキル化 Myers Asymmetric Alkylation
  3. 有機金属反応剤ハンドブック―3Liから83Biまで
  4. 2012年の被引用特許件数トップ3は富士フイルム、三菱化学、積水化学
  5. Pixiv発!秀作化学イラスト集【Part 2】
  6. シリカゲルはメタノールに溶けるのか?
  7. 藤原・守谷反応 Fujiwara-Moritani Reaction

注目情報

最新記事

Delta 6.0.0 for Win & Macがリリース!

NMR解析ソフトDeltaの最新版6.0.0がリリースされました!&nb…

こんなのアリ!?ギ酸でヒドロカルボキシル化

可視光レドックス触媒によるギ酸を炭素源としたヒドロカルボキシル化が開発された。チオール触媒を介したラ…

ポンコツ博士研究員の海外奮闘録 ケムステ異色連載記

本稿は,世間一般にほとんど知られていない地方私立大学で学位を修了し,エリートでもなく何も成し遂げてい…

新型コロナの飲み薬モルヌピラビルの合成・生体触媒を用いた短工程化

新型コロナウイルス (SARS-CoV-2) 感染症に対する飲み薬として、Merck…

秋吉一成 Akiyoshi Kazunari

秋吉 一成(あきよしかずなり)は日本の有機化学者である。京都大学大学院 工学研究科 高分子化学専攻 …

PAGE TOP