[スポンサーリンク]

ケムステニュース

三井化学、出光興産と有機EL材料の協業体制構築で合意

三井化学<4183.T>は13日、出光興産(東京都千代田区)と有機EL材料の研究開発・製造の協業体制を構築することで合意したと発表した。

 有機ELの材料の開発で両社の技術を融合させる。製造体制については、三井・出光両社の製造設備を相互で利用するが、具体的な内容は今後、両社で協議する。これらの協業によって得られた有機EL材料は、出光興産が販売を行うとしている。 (引用:朝日新聞)

 

 最近テレビ市場を占有している液晶ディスプレイやプラズマテレビ。携帯電話の画面等では有機ELディスプレイが登場していますが、テレビとしてはまだまだこれからです。多数の特許を有する三井化学と、高い技術力を有する出光が協業体制をとり、テレビ市場での有機ELディスプレイが本格化することによって、フラットパネルディスプレイ市場は活性化されるのでしょうか。期待ですね。

関連書籍

液晶・PDP・有機EL徹底比較

有機ELビジネス最前線
液晶、プラズマに続く、第三のフラットパネルディスプレイ、有機ELディスプレイがわかる。


The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. よくわかる最新元素の基本と仕組み
  2. 肺がん治療薬イレッサ「使用制限の必要なし」 厚労省検討会
  3. 柴崎・東大教授が英化学会メダル受賞
  4. 白い粉の正体は…入れ歯洗浄剤
  5. 肩こりにはラベンダーを
  6. 関大グループ、カプロラクタムの新製法開発
  7. 製薬各社 2010年度 第3四半期決算を発表
  8. 名大・山本名誉教授に 「テトラへドロン賞」 有機化学分野で業績

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 第95回日本化学会付設展示会ケムステキャンペーン!Part I
  2. 抗体結合ペプチドを用いる非共有結合的抗体-薬物複合体の創製
  3. エレクトロクロミズム Electrochromism
  4. フォルハルト・エルドマン環化 Volhard-Erdmann Cyclization
  5. 武田薬品、週1回投与の骨粗鬆症治療薬「ベネット錠17.5mg」を発売
  6. 第15回 有機合成化学者からNature誌編集者へ − Andrew Mitchinson博士
  7. 野依記念物質科学研究館
  8. 中学生の研究が米国の一流論文誌に掲載された
  9. 化学者が麻薬を合成する?:Breaking Bad
  10. 窒素固定をめぐって-1

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

死海付近で臭素が漏洩

イスラエル警察は死海付近の向上から臭素が漏れだしたことを明らかにし、付近住民に自宅にとどまるよう呼び…

光触媒反応用途の青色LED光源を比較してみた

巷で大流行の可視光レドックス触媒反応ですが、筆者のラボでも活用するようになりました。しかし経…

宮沢賢治の元素図鑑

概要本書は宮沢賢治の作品に登場する元素を取り上げ、作品を入り口として各元素について解説した書…

電子豊富芳香環に対する触媒的芳香族求核置換反応

2017年、ノースカロライナ大学チャペルヒル校・David Nicewiczらは、可視光レドックス触…

毛染めでのアレルギー大幅低減へ ~日華化学がヘアカラー用染料開発~

日華化学(本社福井県福井市、江守康昌社長)は、髪へのダメージや頭皮への刺激がなく、アレルギーのリスク…

スナップタグ SNAP-tag

スナップタグ(SNAP-tag)は、特定のタンパク質だけを化学標識したいときに、目印として融合発現さ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP