[スポンサーリンク]

odos 有機反応データベース

芳香族化合物のスルホン化 Sulfonylation of Aromatic Compound

 

概要

ベンゼンの発煙硫酸(SO3と濃硫酸の混合物)との反応によるスルホン酸部位の導入反応。濃硫酸のみでも反応は進むが、遅い。

 

基本文献

 

反応機構

芳香族求電子置換機構(SEAr)で進行する。他のSEAr反応と異なるのは、可逆反応であるという点。すなわち、発煙硫酸非存在下、希酸水溶液中で加熱すると、脱スルホン酸が起こる。
benzene_sulfonyl_2.gif

反応例

芳香族スルホン酸は無溶媒でNaOHと高温加熱することで、フェノールへと変換される(アルカリ融解)。これは芳香族求核置換反応の一種である。
benzene_sulfonyl_3.gif

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

 

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. 硤合不斉自己触媒反応 Soai Asymmetric Autoc…
  2. ハンチュ ジヒドロピリジン合成  Hantzsch Dihydr…
  3. シャレット不斉シクロプロパン化 Charette Asymmet…
  4. [6π]光環化 [6π]Photocyclization
  5. 福山クロスカップリング Fukuyama Cross Coupl…
  6. 三枝・伊藤酸化 Saegusa-Ito Oxidation
  7. ローゼンムント・フォンブラウン反応 Rosenmund-von …
  8. ノリッシュ・ヤン反応 Norrish-Yang Reaction…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ケトンを配向基として用いるsp3 C-Hフッ素化反応
  2. アラン・マクダイアミッド氏死去
  3. 武田、フリードライヒ失調症薬をスイス社と開発
  4. アラン・ロビンソン フラボン合成 Allan-Robinson Flavone Synthesis
  5. フェノールのC–O結合をぶった切る
  6. PACIFICHEM2010に参加してきました!①
  7. シリカゲルはメタノールに溶けるのか?
  8. マイヤース・斉藤環化 Myers-Saito Cyclization
  9. 夢の筒状分子 カーボンナノチューブ
  10. 第21回 バイオインフォ-マティクスによる創薬 – Heather Carlson

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

アルキルアミンをボロン酸エステルに変換する

不活性C(sp3)–N結合をボリル化する初めての反応が開発された。入手容易なアルキルアミンから様々な…

生物の仕組みに倣う:背景と光に応じて色が変わる顔料の開発

第165回目のスポットライトリサーチは、名古屋大学大学院工学研究科 ・坂井美紀(さかい みき)さんに…

イミデートラジカルを用いた多置換アミノアルコール合成

イミデートラジカルを用い、一挙に多置換アミノアルコールを合成する方法が開発された。穏和な条件かつ位置…

ジェフリー·ロング Jeffrey R. Long

ジェフリー·ロング(Jeffrey R. Long, 1969年xx月xx日-)は、アメリカの無機材…

【なんと簡単な!】 カーボンナノリングを用いた多孔性ナノシートのボトムアップ合成

第 164 回目のスポットライトリサーチは東京大学大学院新領域創成科学研究科 物質系専攻の森泰造 (…

「進化分子工学によってウイルス起源を再現する」ETH Zurichより

今回は2018年度のノーベル化学賞の対象となった進化分子工学の最前線でRNA・タンパク質工学を組み合…

PAGE TOP