[スポンサーリンク]

ケムステニュース

IBM,high-k絶縁膜用ハフニウムの特性解析にスパコン「Blue Gene」を活用

[スポンサーリンク]

 米IBMは,高誘電率(high-k)絶縁膜と金属ゲート電極によるトランジスタを開発する過程で,スーパーコンピュータを使って新素材である二酸化ハフニウム(HfO2)の特性シミュレーションを行った。IBMがスイスで現地時間2月26日に明らかにした。

 

 このシミュレーションは,スイスのチューリッヒにあるIBMの研究所でスーパーコンピュータ「Blue Gene」を使って実施した。目的について,IBMは「HfO2の特性が,半導体業界で検討されてきたほかのhigh-kより優れている理由を知るため」と説明する(引用:日経BPnet)。

 

関連書籍

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. ストラディバリウスの音色の秘密は「ニス」にあらず
  2. 科学:太古の海底に眠る特効薬
  3. 伊藤嘉彦京都大名誉教授死去
  4. 発明対価280万円認める 大塚製薬元部長が逆転勝訴
  5. 電池長寿命化へ、充電するたびに自己修復する電極材
  6. スイス連邦工科大ジーベーガー教授2007年ケーバー賞を受賞
  7. 製薬大手のロシュ、「タミフル」効果で05年売上高20%増
  8. 有望ヘリウム田を発見!? ヘリウム不足解消への希望

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. カセロネス鉱山
  2. Thieme-IUPAC Prize in Synthetic Organic Chemistry ―受賞者一覧
  3. ハウザー・クラウス環形成反応 Hauser-Kraus Annulation
  4. ローゼンムント・フォンブラウン反応 Rosenmund-von Braun Reaction
  5. 博士課程の夢:また私はなぜ心配するのを止めて進学を選んだか
  6. Nazarov環化を利用した全合成研究
  7. アジドの3つの窒素原子をすべて入れる
  8. 信頼度の高い合成反応を学ぶ:Science of Synthesis(SoS)
  9. −(マイナス)と協力して+(プラス)を強くする触媒
  10. サリドマイドが骨髄腫治療薬として米国で承認

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

米国へ講演旅行へ行ってきました:Part IV

3部作で終わろうと思いながら、書くことが多すぎて終われませんでした。前回から2ヶ…

二水素錯体 Dihydrogen Complexes

水素分子がサイドオン型で金属中心に近づくと、二水素錯体を形成することができる。こうして形成した二水素…

分析化学科

お申込み・詳細はこちら◇分析化学科 (定員16名)本研修では「ものづくり企業」の品質管理等で…

多角的英語勉強法~オンライン英会話だけで満足していませんか~

国際学会で発表するにも、論文を書くにも、研究室の留学生と飲みにいくにも英語は必要です。しかし、それぞ…

ペプチドの革新的合成

第215回のスポットライトリサーチは、中部大学総合工学研究所分子性触媒センター助教・村松渉先生にお願…

年収で内定受諾を決定する際のポイントとは

転職活動の終盤で複数の企業から内定を獲得した際、「年収が決め手となって内定を受諾…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP