[スポンサーリンク]

ケムステニュース

IBM,high-k絶縁膜用ハフニウムの特性解析にスパコン「Blue Gene」を活用

[スポンサーリンク]

 米IBMは,高誘電率(high-k)絶縁膜と金属ゲート電極によるトランジスタを開発する過程で,スーパーコンピュータを使って新素材である二酸化ハフニウム(HfO2)の特性シミュレーションを行った。IBMがスイスで現地時間2月26日に明らかにした。

 

 このシミュレーションは,スイスのチューリッヒにあるIBMの研究所でスーパーコンピュータ「Blue Gene」を使って実施した。目的について,IBMは「HfO2の特性が,半導体業界で検討されてきたほかのhigh-kより優れている理由を知るため」と説明する(引用:日経BPnet)。

 

関連書籍

webmaster

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 小6、危険物取扱者乙種全類に合格 「中学で理科実験楽しみ」
  2. 期待のアルツハイマー型認知症治療薬がPIIへ‐富山化学
  3. 毛染めでのアレルギー大幅低減へ ~日華化学がヘアカラー用染料開発…
  4. 緑茶成分テアニンに抗ストレス作用、太陽化学、名大が確認
  5. 化学五輪で日本の高校生2人が金メダル
  6. 科学の未解決のナゾ125を選出・米サイエンス誌
  7. 2011年10大化学ニュース【前編】
  8. 米デュポン、高機能化学部門を分離へ

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. (–)-Vinigrol短工程不斉合成
  2. ブロック共重合体で無機ナノ構造を組み立てる
  3. 水島 公一 Koichi Mizushima
  4. なんと!アルカリ金属触媒で進む直接シリル化反応
  5. 2005年ノーベル化学賞『オレフィンメタセシス反応の開発』
  6. 触媒なの? ?自殺する酵素?
  7. 化学と権力の不健全なカンケイ
  8. 2005年2月分の気になる化学関連ニュース投票結果
  9. 第95回日本化学会付設展示会ケムステキャンペーン!Part I
  10. サリドマイドを監視

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

第92回―「金属錯体を結合形成触媒へ応用する」Rory Waterman教授

第92回の海外化学者インタビューは、ロリー・ウォーターマン教授です。バーモント大学化学科に在籍し、有…

第五回ケムステVシンポジウム「最先端ケムバイオ」を開催します!

コロナウイルスの自粛も全国で解かれ、日本国内はだいぶ復帰に近づいてました(希望的観測)。しかし今年度…

ボロン酸エステルをモノ・ジフルオロメチル基に変える

ボロン酸エステルを原料としたモノ、ジフルオロメチル化反応が開発された。立体特異的に進行する本反応では…

特許情報から読み解く大手化学メーカーの比較

前回のIR情報から読み解く大手化学メーカーの比較では、IR情報からわかる売上や収益で比較を行いました…

千田憲孝 Noritaka Chida

千田憲孝(ちだ のりたか)は、日本の化学者である(写真はこちらより引用)。慶應義塾大学理工学部教授。…

荷電処理が一切不要な振動発電素子を創る~有機EL材料の新しい展開~

第262回のスポットライトリサーチは、千葉大学先進科学センター・石井久夫研究室 助教の田中有弥さんに…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP