[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

エドウィン・サザン Edwin M. Southern

[スポンサーリンク]

エドウィン・サザン(Edwin M. Southern;1938年6月7日-)は、イギリスの分子生物学者である。オックスフォード大学名誉教授。DNA型鑑定の元となるサザンブロッティング法の開発、DNAマイクロアレイの基礎技術の開発で知られる。

経歴

1958マンチェスター大学化学科 卒業
1962 グラスゴー大学 博士号取得(化学)
1963 ARC Low Temperature Research Station, Cambridge 研究員
1967 MRC Mammalian Genome Unit, Edinburgh 研究員
1980-85 MRC Mammalian Genome Unit, Edinburgh 所長
1980-85 MRC Clinical and Population Cytogenetics Unit 副所長
1985-1991 オックスフォード大学生化学科 学科長
2005 オックスフォード大学 名誉教授

受賞歴

1979 Lilley Fellow, Woods Hole Laboratory
1981 Biochemical Society BDH Gold Medal for Analytical Biochemistry
1983 王立協会フェロー
1984 Analytica Prize(ドイツ生化学会)
1986 Herbert A. Sober Memorial Lectureship(アメリカ生化学会)
1988アメリカ芸術科学アカデミー Foreign Member
1989 IBM Europe Prize for Science and Technology
1990 ガードナー国際賞
1994 Miami Symposium Special Achievement Award
1998 ロンドン王立協会 ロイヤルメダル
1999 CMB-Roche Award
1999 American Association for Molecular Pathology Award for Excellence in Molecular Diagnostics
2003 英国勲爵士
2002 Sir Frederick Gowland Hopkins medal of the Biochemical Society
2005 ラスカー・ドゥベーキー臨床医学研究賞
2005 ABRF Award(Association of Biomolecular Resource Facilities, USA)
2012 エディンバラ王立協会フェロー
2019 クラリベイト・アナリティクス引用栄誉賞

研究業績

サザンブロッティング法の開発

1970年代、Southern教授は、異なる塩基配列を持つ様々な二重らせんDNAの混合溶液から、特定の塩基配列の有無を確認できるサザンブロッティングと呼ばれる手法を開発した。

図1. サザンブロッティング法。

この手法では、まずアガロースゲル電気泳動によって、DNAを長さに応じて分離する。次に、得られたゲルを強塩基溶液に浸し、二本鎖DNAを一本鎖へと乖離する。その後、ニトロセルロース膜などの転写膜をゲルに押し付け、毛細管現象によってDNA分子を膜へ転写する。得られた膜に対し、放射性同位体や酵素などで標識した一本鎖DNAプローブを添加することで、プローブのDNA配列に適合するDNAを特異的に検出することができる。

サザンブロッティング法は、複雑な生物のゲノム中に存在する特定のDNAを検出することを初めて可能にした手法であり、生物学研究のみならずDNA鑑定やゲノムマッピング、遺伝病診断などにも広く応用されている。

DNAマイクロアレイの開発

Southern教授のもう一つの重要な功績は、DNAマイクロアレイの基礎技術の開発である。1980年代後半、Southern教授はガラス基板上にin situでオリゴヌクレオチドを合成し、DNA相互作用の検出を行う手法を報告した。基板上に異なる配列のDNAを多数合成し、その後parallelなハイブリダイゼーションによってDNA相互作用の検出を行うという手法は、その後Affymetrix社やスタンフォード大学のPatrick Brown教授によって開発された高密度DNAマイクロアレイの原型となった。

図2. Southern教授らによる、DNAマイクロアレイ。

名言集

 

コメント&その他

1973年にサザンブロッティング法を発明したSouthern教授は、その手法をJournal of Molecular Biologyに投稿したが、メソッドが中心の論文であったため受理されなかった。しかし、Southern教授は、論文未発表のその手法を他の研究者にも気兼ねなく公開し、特許を取得することなく普及させた。一方、DNAマイクロアレイに関しては、知的財産権に対する世の中の認識が変化したという背景もあり、1988年に特許を取得している。

関連動画

 

関連文献

  1. Moskos, U.; Southern, E. M. Nucleaic Acids Res. 1992, 20, 1675. DOI: 10.1093/nar/20.7.1675
  2. Southern, E. M.; Moskos, U.; Elder, J. K. Genomics 1997, 13, 1008. DOI: 10.1016/0888-7543(92)90014-J

関連リンク

kanako

kanako

投稿者の記事一覧

大学院生。化学科、ケミカルバイオロジー専攻。趣味はスポーツで、アルティメットフリスビーにはまり中。

関連記事

  1. ダニエル・ノセラ Daniel G. Nocera
  2. クリス・クミンス Christopher C. Cummins
  3. 浦野 泰照 Yasuteru Urano
  4. ダグ・ステファン Douglas W. Stephan
  5. 香月 勗 Tsutomu Katsuki
  6. ロジャー・コーンバーグ Roger Kornberg
  7. チン・リン Qing Lin
  8. 下村 脩 Osamu Shimomura

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. Merck Compound Challengeに挑戦!【エントリー〆切:2/26】
  2. 有機分子触媒の化学 -モノづくりのパラダイムシフト
  3. 第46回「趣味が高じて化学者に」谷野圭持教授
  4. 代表的有機半導体の単結晶化に成功 東北大グループ
  5. 超微細な「ナノ粒子」、健康や毒性の調査に着手…文科省
  6. 金属カルベノイドを用いるシクロプロパン化 Cyclopropanation with Metal Carbenoid
  7. フラッシュ自動精製装置に新たな対抗馬!?: Reveleris(リベラリス)
  8. 世界初、RoHS 指令の制限物質不使用で波長 14.3μm の中赤外光まで検出可能な検出器を量産化
  9. エリック・フェレイラ Eric M. Ferreira
  10. 【マイクロ波化学(株)ウェビナー】 #環境 #SDGs マイクロ波によるサステナブルなものづくり (プラ分解、フロー合成、フィルム、乾燥、焼成)

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

過酸がC–H結合を切ってメチル基を提供する

光増感剤とニッケル触媒を用いたC(sp3)–Hメチル化が開発された。合成終盤でのメチル化に威力を発揮…

化学の祭典!国際化学オリンピック ”53rd IChO 2021 Japan” 開幕!

2021年7月「オリンピック/パラリンピック 東京2020大会」も無観客ではあるものの無事開幕されま…

O-脱メチル化・脱アルキル化剤 基礎編

メトキシ基→ヒドロキシ基への変換、割と苦戦しますよね。保護基と呼ぶには利便性が数歩足…

マイクロ波化学のカーボンニュートラルや循環型社会におけるアプリケーションや事業状況

当社のマイクロ波プラットフォーム技術および工業化知見を活用し、アクリル樹脂の分解に必要なエネルギーを…

NMRデータ処理にもサブスクの波? 新たなNMRデータ処理ソフトウェアが登場

NMRメーカーである日本電子のイギリス法人、JEOL UKが6月、WindowsとmacOSの両方で…

芳香環交換反応を利用したスルフィド合成法の開発: 悪臭問題に解決策

第 326回のスポットライトリサーチは、早稲田大学理工学術院 山口潤一郎研究室 …

ゼナン・バオ Zhenan Bao

ゼナン(Zhenan Bao, 1970年xx月xx日-)は、アメリカの有機材料科学者、カーボンナノ…

文具に凝るといふことを化学者もしてみむとてするなり⑭: 液タブ XP-PEN Artist 13.3 Proの巻

少し前にペンタブレット「XP-PEN Deco01」を紹介しましたが、もう少しお金をかけると液晶ペン…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP