[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

エドウィン・サザン Edwin M. Southern

[スポンサーリンク]

エドウィン・サザン(Edwin M. Southern;1938年6月7日-)は、イギリスの分子生物学者である。オックスフォード大学名誉教授。DNA型鑑定の元となるサザンブロッティング法の開発、DNAマイクロアレイの基礎技術の開発で知られる。

経歴

1958マンチェスター大学化学科 卒業
1962 グラスゴー大学 博士号取得(化学)
1963 ARC Low Temperature Research Station, Cambridge 研究員
1967 MRC Mammalian Genome Unit, Edinburgh 研究員
1980-85 MRC Mammalian Genome Unit, Edinburgh 所長
1980-85 MRC Clinical and Population Cytogenetics Unit 副所長
1985-1991 オックスフォード大学生化学科 学科長
2005 オックスフォード大学 名誉教授

受賞歴

1979 Lilley Fellow, Woods Hole Laboratory
1981 Biochemical Society BDH Gold Medal for Analytical Biochemistry
1983 王立協会フェロー
1984 Analytica Prize(ドイツ生化学会)
1986 Herbert A. Sober Memorial Lectureship(アメリカ生化学会)
1988アメリカ芸術科学アカデミー Foreign Member
1989 IBM Europe Prize for Science and Technology
1990 ガードナー国際賞
1994 Miami Symposium Special Achievement Award
1998 ロンドン王立協会 ロイヤルメダル
1999 CMB-Roche Award
1999 American Association for Molecular Pathology Award for Excellence in Molecular Diagnostics
2003 英国勲爵士
2002 Sir Frederick Gowland Hopkins medal of the Biochemical Society
2005 ラスカー・ドゥベーキー臨床医学研究賞
2005 ABRF Award(Association of Biomolecular Resource Facilities, USA)
2012 エディンバラ王立協会フェロー
2019 クラリベイト・アナリティクス引用栄誉賞

研究業績

サザンブロッティング法の開発

1970年代、Southern教授は、異なる塩基配列を持つ様々な二重らせんDNAの混合溶液から、特定の塩基配列の有無を確認できるサザンブロッティングと呼ばれる手法を開発した。

図1. サザンブロッティング法。

この手法では、まずアガロースゲル電気泳動によって、DNAを長さに応じて分離する。次に、得られたゲルを強塩基溶液に浸し、二本鎖DNAを一本鎖へと乖離する。その後、ニトロセルロース膜などの転写膜をゲルに押し付け、毛細管現象によってDNA分子を膜へ転写する。得られた膜に対し、放射性同位体や酵素などで標識した一本鎖DNAプローブを添加することで、プローブのDNA配列に適合するDNAを特異的に検出することができる。

サザンブロッティング法は、複雑な生物のゲノム中に存在する特定のDNAを検出することを初めて可能にした手法であり、生物学研究のみならずDNA鑑定やゲノムマッピング、遺伝病診断などにも広く応用されている。

DNAマイクロアレイの開発

Southern教授のもう一つの重要な功績は、DNAマイクロアレイの基礎技術の開発である。1980年代後半、Southern教授はガラス基板上にin situでオリゴヌクレオチドを合成し、DNA相互作用の検出を行う手法を報告した。基板上に異なる配列のDNAを多数合成し、その後parallelなハイブリダイゼーションによってDNA相互作用の検出を行うという手法は、その後Affymetrix社やスタンフォード大学のPatrick Brown教授によって開発された高密度DNAマイクロアレイの原型となった。

図2. Southern教授らによる、DNAマイクロアレイ。

名言集

 

コメント&その他

1973年にサザンブロッティング法を発明したSouthern教授は、その手法をJournal of Molecular Biologyに投稿したが、メソッドが中心の論文であったため受理されなかった。しかし、Southern教授は、論文未発表のその手法を他の研究者にも気兼ねなく公開し、特許を取得することなく普及させた。一方、DNAマイクロアレイに関しては、知的財産権に対する世の中の認識が変化したという背景もあり、1988年に特許を取得している。

関連動画

 

関連文献

  1. Moskos, U.; Southern, E. M. Nucleaic Acids Res. 1992, 20, 1675. DOI: 10.1093/nar/20.7.1675
  2. Southern, E. M.; Moskos, U.; Elder, J. K. Genomics 1997, 13, 1008. DOI: 10.1016/0888-7543(92)90014-J

関連リンク

kanako

kanako

投稿者の記事一覧

大学院生。化学科、ケミカルバイオロジー専攻。趣味はスポーツで、アルティメットフリスビーにはまり中。

関連記事

  1. ロバート・コリュー R. J .P. Corriu
  2. ヨン・ピエール Jorn Piel
  3. ジャン=ピエール・ソヴァージュ Jean-Pierre Sauv…
  4. 黎书华 Shuhua Li
  5. アビシェック・チャッタージー Abhishek Chatterj…
  6. 檜山爲次郎 Tamejiro Hiyama
  7. アロイ・フュルスナー Alois Furstner
  8. 楊井 伸浩 Nobuhiro Yanai

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 第46回「趣味が高じて化学者に」谷野圭持教授
  2. シャープレス・香月不斉エポキシ化反応 Sharpless-Katsuki Asymmetric Epoxidation (Sharpless AE)
  3. エピスルフィド合成 Episulfide Synthesis
  4. カルボニル化を伴うクロスカップリング Carbonylative Cross Coupling
  5. 「次世代医療を目指した細胞間コミュニケーションのエンジニアリング」ETH Zurich、Martin Fussenegger研より
  6. 化学の成果で脚光を浴びた小・中・高校生たち
  7. IR情報から読み解く大手化学メーカーの比較
  8. 元素周期 萌えて覚える化学の基本
  9. 無限の可能性を合成コンセプトで絞り込むーリアノドールの全合成ー
  10. ヨアヒム・ザウアー Joachim Sauer

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

三角形ラジカルを使って発光性2次元ハニカムスピン格子構造を組み立てる!

第309回のスポットライトリサーチは、木村舜 博士にお願いしました。金属と有機配位子がネット…

第148回―「フッ素に関わる遷移金属錯体の研究」Graham Saunders准教授

第148回の海外化学者インタビューは、グラハム・サウンダース准教授です。ニュージーランドのハミルトン…

ケムステチャンネルをチャンネル登録しませんか?

5月11日で化学の情報サイトケムステは開設21周年を迎えます。これまで記事中心の活動を行ってきました…

化学研究で役に立つデータ解析入門:回帰分析の活用を広げる編

前回の化学研究で役に立つデータ解析入門:回帰分析の応用編では、Rを使ってエクセルにはできない回帰分析…

いろんなカタチの撹拌子を試してみた

大好評、「試してみた」シリーズの第5弾。今回は様々な化合物を反応させる際に必須な撹拌子(回転…

【マイクロ波化学(株)医薬分野向けウェビナー】 #ペプチド #核酸 #有機合成 #凍結乾燥 第3のエネルギーがプロセスと製品を変える  マイクロ波適用例とスケールアップ

<内容>本イベントは、医薬分野向けに事業・開発課題のソリューションとして、マイクロ波の適用例や効…

バイオマスからブタジエンを生成する新技術を共同開発

日本ゼオンは、理研、横浜ゴムと共同で設置している「バイオモノマー生産研究チーム」の研究により、バイオ…

【ケムステSlackに訊いてみた②】化学者に数学は必要なのか?

日本初のオープン化学コミュニティ・ケムステSlackの質問チャンネルに流れてきたQ&Aの紹介…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP