[スポンサーリンク]


2020年 3月 01日

  1. 産総研 地質標本館

    茨城県つくば市の産総研事業所内にある博物館。入館料無料。概要日本の地質解説の他、各地から収集した化石・鉱石などの展示が豊富。小さいコーナーではあるが、元素周期表を鉱物でみることができる。先日行われていた特別展「日本初!日…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 企業の組織と各部署の役割
  2. 「銅触媒を用いた不斉ヒドロアミノ化反応の開発」-MIT Buchwald研より
  3. 付設展示会に行こう!ーシグマアルドリッチ編ー
  4. バイアグラ /viagra
  5. ネイティブ・ケミカル・ライゲーション Native Chemical Ligation (NCL)
  6. デイヴィッド・リウ David R. Liu
  7. 藤原・守谷反応 Fujiwara-Moritani Reaction

注目情報

最新記事

【酵素模倣】酸素ガスを用いた MOF 内での高スピン鉄(IV)オキソの発生

Long らは酸素分子を酸化剤に用いて酵素を模倣した反応活性種を金属-有機構造体中に発生させ、C-H…

【書評】奇跡の薬 16 の物語 ペニシリンからリアップ、バイアグラ、新型コロナワクチンまで

ペニシリンはたまたま混入したアオカビから発見された──だけではない.薬の…

MEDCHEM NEWS 33-2 号「2022年度医薬化学部会賞」

日本薬学会 医薬化学部会の部会誌 MEDCHEM NEWS より、新たにオープン…

マテリアルズ・インフォマティクスにおける分子生成の基礎と応用

開催日:2024/05/22 申込みはこちら■開催概要「分子生成」という技術は様々な問題…

AlphaFold3の登場!!再びブレイクスルーとなりうるのか~実際にβ版を使用してみた~

2021年にタンパク質の立体構造予測ツールであるAlphaFold2 (AF2) が登場し、様々な分…

PAGE TOP