[スポンサーリンク]

ケムステニュース

トムソン・ロイターのIP & Science事業売却へ

[スポンサーリンク]

トムソン・ロイターのIP & Science事業がオネックス・コーポレーションとベアリング・プライベート・エクイティ・アジアに売却されることが先般発表されましたが、その手続きが本日、完了しました。当該事業はよく知られるブランドを数多く有し、その中にはWeb of Science™、Cortellis™、Thomson Innovation™、Derwent World Patents Index™、Thomson CompuMark™、MarkMonitor®、Thomson IP Manager™、 Techstreet™などが含まれています。

新しく独立する会社の名称はClarivate Analyticsで、世界中のお客さまへ信頼の置ける知見や分析を提供することでイノベーションを加速させる、という事業方針が社名に示されています(引用:トムソン・ロイタープレスリリース 2016年10月4日)。

ものすごいタイミングで、学術界にはかなりびっくりするニュースが舞い込んできました。毎年ノーベル賞が近づくと、「トムソン・ロイター引用栄誉賞」(近い将来ノーベル賞を受賞する可能性の高い研究者が選出する)を発表する、トムソン・ロイターのIP&Science事業がなんと売却され、今日から別会社になったとのこと。売却額はおよそ3800億円。この引用栄誉賞も名前が変わるかなくなっちゃうんですかね?

そもそも、学術関係の情報データベースなどを扱っていたトムソンISIとニュース通信社であるロイターが2008年に合併して作られたこの会社。その学術部門を売却とは…

もっと研究者に身近なものといえば、文献や引用情報を管理・分析する「Web of Science」も同社の製品です。研究者の個別のIDである「Researcher ID」を発行し、Web of Scienceの引用情報などを掲載している研究者の方も多いことでしょう。さらにいえば、良くも悪くも論文の1指標である「インパクトファクター」を提唱し、毎年公開しているのもこの会社。

Web of Science と Researchers ID

Web of Science と Researcher ID

 

ニュースによると売却後は、Clarivate Analyticsという新会社を設立し同事業を続けていくとのこと。

すでに、日本のトムソン・ロイターのウェブサイトにいくと、こんな表示が。

データで表してなんになるという方もいるかもしれませんが、科学関連のデータの取扱を容易にし、科学者の評価などに一役買ってきた有名企業の一部門が売却されるというなかなか気になるニュースでした。

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. トムソン:2007年ノーベル賞の有力候補者を発表
  2. ポリエチレンなど合成樹脂、値上げ浸透
  3. エーザイ 巨大市場、抗ガン剤開発でライバルに先行
  4. 文化勲章にノーベル賞の天野さん・中村さんら7人
  5. 天然物化学談話会
  6. ニュースの理由・武田、米で6年ぶり大型新薬
  7. 「イオンで農薬中和」は不当表示・公取委、米販2社に警告
  8. 薬の副作用2477症例、HP公開始まる

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ビタミンB12 /vitamin B12
  2. 2007年度ノーベル化学賞を予想!(2)
  3. 亜鉛クロロフィル zinc chlorophyll
  4. Google日本語入力の専門用語サジェストが凄すぎる件:化学編
  5. バージェス試薬 Burgess Reagent
  6. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」④(解答編)
  7. 少量の塩基だけでアルコールとアルキンをつなぐ
  8. 若手研究者vsノーベル賞受賞者 【基礎編】
  9. 第一回 福山透教授ー天然物を自由自在につくる
  10. 投票!2014年ノーベル化学賞は誰の手に??

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

微小な前立腺がんを迅速・高感度に蛍光検出する

第231回のスポットライトリサーチは、河谷稔さんにお願い致しました。河谷さんが研究を実施され…

有機合成化学協会誌2019年11月号:英文版特集号

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2019年11月号がオンライン公開されました。…

製品開発職を検討する上でおさえたい3つのポイント

基礎研究と製品開発は、目的や役割がそれぞれ異なります。しかし、求人情報の応募要件を見てみると「〇〇の…

二刀流のホスフィン触媒によるアトロプ選択的合成法

不斉付加環化反応による新奇アリールナフトキノン合成法が報告された。2つの機能を有する不斉ホスフィン触…

ヒドロゲルの新たな力学強度・温度応答性制御法

第230回のスポットライトリサーチは、東京農工大学大学院工学府(村岡研究室)・石田敦也さんにお願い致…

光誘導アシルラジカルのミニスキ型ヒドロキシアルキル化反応

可視光照射条件下でのアジン類のミニスキ型ヒドロキシアルキル化反応が開発された。官能基許容性が高いため…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP