[スポンサーリンク]


2020年 11月 07日

  1. 第128回―「二核錯体を用いる触媒反応の開発」George Stanley教授

    第128回の海外化学者インタビューはジョージ・スタンレー教授です。ルイジアナ州立大学化学科に所属し、新しい均一系バイメタル触媒と触媒プロセスの開発に取り組んでいます。それではインタビューをどうぞ。 (さらに…)…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. マイケル・レヴィット Michael Levitt
  2. ヨードホルム (iodoform)
  3. 外国人研究者あるある
  4. 仏サノフィ・アベンティス、第2・四半期は6.5%増収
  5. システインの位置選択的修飾を実現する「π-クランプ法」
  6. 高純度フッ化水素酸のあれこれまとめ その1
  7. C&EN コラム記事 ~Bench & Cubicle~

注目情報

最新記事

分子間相互作用の協同効果を利用した低対称分子集合体の創出

第469回のスポットライトリサーチは、長崎大学 大学院工学研究科 物質科学部門 錯体化学研究室に所属…

松田 豊 Yutaka Matsuda

松田 豊(まつだゆたか, 1985年07月04日-)は、抗体薬物複合体(ADC)の製造技術を開発して…

化学産業のサプライチェーンをサポートする新しい動き

長瀬産業株式会社、ナガセ情報開発株式会社は、2023年2月1日より、化学品ドキュメントの配付管理ツー…

シクロデキストリンの「穴の中」で光るセンサー

第468回のスポットライトリサーチは、上智大学理工学部 物質生命理工学科 分析化学研究グループ(早下…

Excelでできる材料開発のためのデータ解析[超入門]-統計の基礎や機械学習との違いを解説-

 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影響を受け、従来の経験と勘によ…

PAGE TOP