[スポンサーリンク]

M

向山酸化還元縮合反応 Mukaiyama Redox Condensation

概要

キノン-ホスフィンの酸化還元系を用いる縮合反応を経てエステルもしくはエーテルを与える反応。光延反応類似の機構で進行する。アルコール側は立体化学の反転を伴う。
三級アルコールのような通常SN2型反応が進行しないとされる基質ですら、反転生成物を与える。

基本文献

  •  Mukaiyama, T.; Shintou, T.; Fukumoto, K. J. Am. Chem. Soc. 2003, 125, 10538. DOI: 10.1021/ja0303844
  •  Shintou, T.; Mukaiyama, T.; J. Am. Chem. Soc. 2004126, 7359. DOI: 10.1021/ja0487877
  •  Recent Review on Mukaiyama’s Work: Angew. Chem. Int. Ed. 2004, 43, 5590. doi:10.1002/anie.200300641

 

反応機構

mukaiyama_condensation_2

反応例

後の研究により、多種多様な求核剤が使用可能であることも明らかとされてきている。光延反応では求核剤側に適度な酸性度が必須であるが、本反応の場合そのような制限は少ない。

mukaiyama_condensation_3

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

関連リンク

 

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. ニーメントウスキー キノリン/キナゾリン合成 Niementow…
  2. 藤原・守谷反応 Fujiwara-Moritani Reacti…
  3. エシュバイラー・クラーク反応 Eschweiler-Clarke…
  4. アセタール系保護基 Acetal Protective Grou…
  5. ベロウソフ・ジャボチンスキー反応 Belousov-Zhabot…
  6. p-メトキシベンジル保護基 p-Methoxybenzyl (P…
  7. リンドラー還元 Lindlar Reduction
  8. カンプス キノリン合成 Camps Quinoline Synt…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. スマイルス転位 Smiles Rearrangement
  2. 【第一回】シード/リード化合物の創出に向けて 2/2
  3. 中性ケイ素触媒でヒドロシリル化
  4. イスラエルの化学ってどうよ?
  5. 求核置換反応 Nucleophilic Substitution
  6. コケに注目!:薬や香料や食品としても
  7. 資金洗浄のススメ~化学的な意味で~
  8. 準結晶的なナノパーティクルスーパーラティス
  9. マーティン・カープラス Martin Karplus
  10. 相田 卓三 Takuzo Aida

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

ベンゼンの直接アルキル化

ベンゼンにアルキル基を導入したいとき、皆さんはどのような手法を用いますか? (さらに&hel…

アメリカ大学院留学:TAの仕事

私がこれまでの留学生活で経験した一番の挫折は、ティーチングアシスタント(TA)です。慣れない英語で大…

2017年の注目分子はどれ?

今年も残りあとわずかとなり、毎年おなじみのアメリカ化学会(ACS)によるMolecules of t…

アルデヒドのC-Hクロスカップリングによるケトン合成

プリンストン大学・David W. C. MacMillanらは、可視光レドックス触媒、ニッケル触媒…

“かぼちゃ分子”内で分子内Diels–Alder反応

環状水溶性ホスト分子であるククルビットウリルを用いて生体内酵素Diels–Alderaseの活性を模…

トーマス・レクタ Thomas Lectka

トーマス・レクタ (Thomas Lectka、19xx年xx月x日(デトロイト生)-)は、米国の有…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP