[スポンサーリンク]


2020年 11月 25日

  1. 第132回―「遷移金属触媒における超分子的アプローチ」Joost Reek教授

    第132回の海外化学者インタビューはジュースト・リーク教授です。アムステルダム大学ファント・ホッフ分子科学研究所に所属し、遷移金属触媒における超分子的アプローチの開発に取り組んでいます。それではインタビューをどうぞ。 (さらに&he…

  2. 位置多様性・脱水素型クロスカップリング

    第281回のスポットライトリサーチは、菅原真純 博士にお願いしました。菅原さんは理化学研究所…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 製造過程に発がん性物質/テフロンで米調査委警告
  2. 沖縄科学技術大学院大学(OIST) 教員公募
  3. ジェームズ・ロスマン James Rothman
  4. バイエル薬品、アスピリンをモチーフにしたTシャツをユニクロで発売
  5. ティム・スワガー Timothy M. Swager
  6. 18万匹のトコジラミ大行進 ~誘因フェロモンを求めて①~
  7. 第159回―「世界最大の自己組織化分子を作り上げる」佐藤宗太 特任教授

注目情報

最新記事

PCに眠る未採択申請書を活用して、外部資金を狙う新たな手法

みなさんは毎年何本の研究申請書を書きますか?そして、残念ながら日の目を見ずに、アイデアのままパソコン…

フラーレン〜ケージを拡張、時々、内包〜

トリアジン誘導体とN-フェニルマレイミドを用いた、フラーレンのケージを拡張する新規手法が開発された。…

エキノコックスにかかわる化学物質について

Tshozoです。40年以上前でしょうか、手塚治虫氏の有名な作品「ブラック・ジャック」でこう…

秋田英万 Akita Hidetaka

秋田 英万(あきた ひでたか)は、日本の有機化学者である。千葉大学薬学研究院および東北大学薬学研究院…

香料化学 – におい分子が作るかおりの世界

(さらに…)…

PAGE TOP