[スポンサーリンク]


2020年 11月 25日

  1. 第132回―「遷移金属触媒における超分子的アプローチ」Joost Reek教授

    第132回の海外化学者インタビューはジュースト・リーク教授です。アムステルダム大学ファント・ホッフ分子科学研究所に所属し、遷移金属触媒における超分子的アプローチの開発に取り組んでいます。それではインタビューをどうぞ。 (さらに&he…

  2. 位置多様性・脱水素型クロスカップリング

    第281回のスポットライトリサーチは、菅原真純 博士にお願いしました。菅原さんは理化学研究所…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. クラウソン=カース ピロール合成 Clauson-Kaas Pyrrole Synthesis
  2. 海外機関に訪問し、英語講演にチャレンジ!~② アポを取ってみよう~
  3. 最近の金事情
  4. CSJジャーナルフォーラム「ジャーナルの将来像を考える」
  5. 金属から出る光の色を利用し、食中毒の原因菌を迅速かつ同時に識別することに成功!
  6. 死海付近で臭素が漏洩
  7. 第42回ケムステVシンポ「ペプチドと膜が織りなす超分子生命工学」を開催します!

注目情報

最新記事

マリンス有機化学(上)-学び手の視点から-

概要親しみやすい会話形式を用いた現代的な教育スタイルで有機化学の重要概念を学べる標準教科書.…

【大正製薬】キャリア採用情報(正社員)

<求める人物像>・自ら考えて行動できる・高い専門性を身につけている・…

国内初のナノボディ®製剤オゾラリズマブ

ナノゾラ®皮下注30mgシリンジ(一般名:オゾラリズマブ(遺伝子組換え))は、A…

大正製薬ってどんな会社?

大正製薬は病気の予防から治療まで、皆さまの健康に寄り添う事業を展開しています。こ…

一致団結ケトンでアレン合成!1,3-エンインのヒドロアルキル化

ケトンと1,3-エンインのヒドロアルキル化反応が開発された。独自の配位子とパラジウム/ホウ素/アミン…

PAGE TOP