[スポンサーリンク]

ケムステニュース

製薬、3強時代に 「第一三共」きょう発足

第一三共

?「画期的新薬をグローバルに、継続的に生み出したい」と第一三共の社長に就任する庄田隆・三共社長は強調する。生活水準向上に伴って先進国と同じ薬が普及し始めた途上国もあり、市場が世界各地に大きく広がっているからだ。

 それに対応するために、新薬の研究開発費をさらに増やす必要が出てきた。04年度は、三共単独で865億円だったが、第一と合算すると1439億円。国内では武田と並ぶ水準に膨らむ。(引用:朝日新聞

 

 ついに合併しました。日本ではアステラス製薬を抜いて第二位の売り上げとなります。しかし1位の武田薬品工業でも世界で10位以内に入っていません。必要なのは新薬開発力と、自社化合物データベースです。これからも買収、合併は進むでしょう。

 

 現に10月には住友製薬と大日本製薬の合併により、大日本住友製薬が、 帝国臓器製薬とグレラン製薬の合併であすか製薬が誕生します。

 

 10年前からタイムスリップしたとすると武田、エーザイぐらいしかわからないかもしれません。次はT製薬とも言われていますがどうなんでしょうか?

関連書籍

武田薬品・萬有製薬「メルク」―新薬開発と薬害根絶に直面する製薬企業

製薬業界は世界的再編に生き残れるか?タケダと万有を通して医薬品産業の現状と課題をチェックする。


製薬業界・この会社が危ない―世界大再編時代の乱戦マップ

?

?

図解入門業界研究 最新医薬品業界の動向とカラクリがよーくわかる本
加速する医薬品メーカーの提携と合併、トクホで医薬品業界に参入する異業種、拡大するジェネリック医薬品市場、ゲノムが導く新しい医薬品の世界など、医薬品会社の最新動向がわかるトピックを満載。

よくわかる医薬品業界
薬事法改正、バイオ技術の進歩による新薬開発、外資も巻き込んだ業界再編など、医薬品業界や業界を取り巻く環境は大きく変貌している。


The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院准教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. エーザイ、抗てんかん剤「イノベロン」、ドイツなどで発売を開始
  2. リピトールの特許が切れました
  3. ニホニウムグッズをAmazonでゲットだぜ!
  4. 米メルク、シェリング・プラウを4兆円で買収
  5. サリドマイドが骨髄腫治療薬として米国で承認
  6. 極小の「分子ペンチ」開発
  7. Bayer/Janssen Rivaroxaban 国内発売/F…
  8. のむ発毛薬の輸入承認 国内初、年内にも発売へ

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 小学2年生が危険物取扱者甲種に合格!
  2. シュライバー・アトキンス 無機化学 (上)・(下) 第 6 版
  3. 比色法の化学(後編)
  4. エノラートの酸化的カップリング Oxidative Coupling of Enolate
  5. マンガン触媒による飽和炭化水素の直接アジド化
  6. トリチウム水から完全無害な水素ガスを作り出す?
  7. 第七回 巧みに非共有結合相互作用をつかうー Vince Rotello教授
  8. 高分子の合成(上)(下)
  9. 化学者のランキング指標「h-index」 廃止へ
  10. 含ケイ素三重結合化合物(Si≡Mo、Si≡C)

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

酵素触媒によるアルケンのアンチマルコフニコフ酸化

酵素は、基質と複数点で相互作用することにより、化学反応を厳密にコントロールしています。通常のフラ…

イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

第124回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系錯体化学研究分野(錯体化学・超分…

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

三種類の分子が自発的に整列した構造をもつ超分子共重合ポリマーの開発

第123回のスポットライトリサーチは、テキサス大学オースティン校博士研究員(Jonathan L. …

超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018

「超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018」CEMS International Sy…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP