[スポンサーリンク]

ケムステニュース

製薬、3強時代に 「第一三共」きょう発足

[スポンサーリンク]

第一三共

?「画期的新薬をグローバルに、継続的に生み出したい」と第一三共の社長に就任する庄田隆・三共社長は強調する。生活水準向上に伴って先進国と同じ薬が普及し始めた途上国もあり、市場が世界各地に大きく広がっているからだ。

 それに対応するために、新薬の研究開発費をさらに増やす必要が出てきた。04年度は、三共単独で865億円だったが、第一と合算すると1439億円。国内では武田と並ぶ水準に膨らむ。(引用:朝日新聞

 

 ついに合併しました。日本ではアステラス製薬を抜いて第二位の売り上げとなります。しかし1位の武田薬品工業でも世界で10位以内に入っていません。必要なのは新薬開発力と、自社化合物データベースです。これからも買収、合併は進むでしょう。

 

 現に10月には住友製薬と大日本製薬の合併により、大日本住友製薬が、 帝国臓器製薬とグレラン製薬の合併であすか製薬が誕生します。

 

 10年前からタイムスリップしたとすると武田、エーザイぐらいしかわからないかもしれません。次はT製薬とも言われていますがどうなんでしょうか?

関連書籍

武田薬品・萬有製薬「メルク」―新薬開発と薬害根絶に直面する製薬企業

製薬業界は世界的再編に生き残れるか?タケダと万有を通して医薬品産業の現状と課題をチェックする。


製薬業界・この会社が危ない―世界大再編時代の乱戦マップ

?

?

図解入門業界研究 最新医薬品業界の動向とカラクリがよーくわかる本
加速する医薬品メーカーの提携と合併、トクホで医薬品業界に参入する異業種、拡大するジェネリック医薬品市場、ゲノムが導く新しい医薬品の世界など、医薬品会社の最新動向がわかるトピックを満載。

よくわかる医薬品業界
薬事法改正、バイオ技術の進歩による新薬開発、外資も巻き込んだ業界再編など、医薬品業界や業界を取り巻く環境は大きく変貌している。


webmaster

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 学士院賞:数論幾何学の加藤和也京大大学院教授ら10人に
  2. 超微細な「ナノ粒子」、健康や毒性の調査に着手…文科省…
  3. 三菱化学、酸化エチレン及びグリコールエーテルの価格を値上げ
  4. 駅トイレ光触媒で消臭
  5. 希少金属
  6. 硫黄化合物で新めっき 岩手大工学部
  7. ノーベル化学賞、米・イスラエルの3氏に授与
  8. 犬の「肥満治療薬」を認可=米食品医薬品局

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. Hazardous Laboratory Chemicals Disposal Guide
  2. 新元素、2度目の合成成功―理研が命名権獲得
  3. 2011年ロレアル・ユネスコ女性科学者 日本奨励賞発表
  4. フェニル酢酸を基質とするC-H活性化型溝呂木-Heck反応
  5. Heterocyclic Chemistry
  6. 感染制御ー薬剤耐性(AMR)ーChemical Times特集より
  7. カーボンナノチューブをふりかえる〜Nano Hypeの狭間で
  8. ロイ・ペリアナ Roy A. Periana
  9. Grubbs第一世代触媒
  10. チャン転位(Chan Rearrangement)

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

第111回―「予防・診断に有効なナノバイオセンサーと太陽電池の開発」Ted Sargent教授

第111回の海外化学者インタビューは、Ted Sargent教授です。トロント大学電気・計算機工学科…

アレノフィルを用いるアレーンオキシドとオキセピンの合成

脱芳香族化を伴う直接的な酸化により芳香族化合物からアレーンオキシドとオキセピンを合成する手法が開発さ…

ケムステニュース 化学企業のグローバル・トップ50が発表【2020年版】

It's no secret that the COVID-19 pandemic ha…

スポットライトリサーチムービー:動画であなたの研究を紹介します

5年前、ケムステ15周年の際に新たな試みとしてはじめたコンテンツ「スポットライトリサーチ」。…

第110回―「動的配座を制御する化学」Jonathan Clayden教授

第110回の海外化学者インタビューは、ジョナサン・クレイデン教授です。マンチェスター大学化学科(訳注…

化学研究で役に立つデータ解析入門:エクセルでも立派な解析ができるぞ編

化学分野でのAIを使った研究が多数報告されていてデータ解析は流行のトピックとなっていますが、専門外か…

高分子化学をふまえて「神経のような動きをする」電子素子をつくる

第267回のスポットライトリサーチは、東北大学大学院工学研究科 バイオ工学専攻 三ツ石研究室 助教の…

アルケンのエナンチオ選択的ヒドロアリール化反応

パラジウム触媒を用いたアルケンの還元的Heck型ヒドロアリール化反応が開発された。容易に着脱可能なキ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP