[スポンサーリンク]

ケムステニュース

製薬、3強時代に 「第一三共」きょう発足

第一三共

?「画期的新薬をグローバルに、継続的に生み出したい」と第一三共の社長に就任する庄田隆・三共社長は強調する。生活水準向上に伴って先進国と同じ薬が普及し始めた途上国もあり、市場が世界各地に大きく広がっているからだ。

 それに対応するために、新薬の研究開発費をさらに増やす必要が出てきた。04年度は、三共単独で865億円だったが、第一と合算すると1439億円。国内では武田と並ぶ水準に膨らむ。(引用:朝日新聞

 

 ついに合併しました。日本ではアステラス製薬を抜いて第二位の売り上げとなります。しかし1位の武田薬品工業でも世界で10位以内に入っていません。必要なのは新薬開発力と、自社化合物データベースです。これからも買収、合併は進むでしょう。

 

 現に10月には住友製薬と大日本製薬の合併により、大日本住友製薬が、 帝国臓器製薬とグレラン製薬の合併であすか製薬が誕生します。

 

 10年前からタイムスリップしたとすると武田、エーザイぐらいしかわからないかもしれません。次はT製薬とも言われていますがどうなんでしょうか?

関連書籍

武田薬品・萬有製薬「メルク」―新薬開発と薬害根絶に直面する製薬企業

製薬業界は世界的再編に生き残れるか?タケダと万有を通して医薬品産業の現状と課題をチェックする。


製薬業界・この会社が危ない―世界大再編時代の乱戦マップ

?

?

図解入門業界研究 最新医薬品業界の動向とカラクリがよーくわかる本
加速する医薬品メーカーの提携と合併、トクホで医薬品業界に参入する異業種、拡大するジェネリック医薬品市場、ゲノムが導く新しい医薬品の世界など、医薬品会社の最新動向がわかるトピックを満載。

よくわかる医薬品業界
薬事法改正、バイオ技術の進歩による新薬開発、外資も巻き込んだ業界再編など、医薬品業界や業界を取り巻く環境は大きく変貌している。


The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院准教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 名城大教授ら会社設立 新素材販売
  2. 非選択性茎葉処理除草剤の『ザクサ液剤』を登録申請
  3. 旭硝子が新中期計画、液晶・PDPガラス基板事業に注力
  4. 日本化学会、論文無料公開へ新方式
  5. 元素周期表:文科省の無料配布用、思わぬ人気 10万枚増刷、100…
  6. ハーバード大Whitesides教授がWelch Awardを受…
  7. 海藻成長の誘導物質発見 バイオ研
  8. タミフル、化学的製造法を開発…スイス社と話し合いへ

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 専門用語(科学英単語)の発音
  2. 三共と第一製薬が正式に合併契約締結
  3. 2009年人気記事ランキング
  4. 「女性用バイアグラ」開発・認可・そして買収←イマココ
  5. 血液型をChemistryしてみよう!
  6. GlycoProfile アジド糖
  7. バリー・トロスト Barry M. Trost
  8. 野依賞―受賞者一覧
  9. 100年前のノーベル化学賞ーリヒャルト・ヴィルシュテッター
  10. 「無機化学」とはなにか?

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

アルデヒドのC-Hクロスカップリングによるケトン合成

プリンストン大学・David W. C. MacMillanらは、可視光レドックス触媒、ニッケル触媒…

“かぼちゃ分子”内で分子内Diels–Alder反応

環状水溶性ホスト分子であるククルビットウリルを用いて生体内酵素Diels–Alderaseの活性を模…

トーマス・レクタ Thomas Lectka

トーマス・レクタ (Thomas Lectka、19xx年xx月x日(デトロイト生)-)は、米国の有…

有機合成化学協会誌2017年12月号:四ヨウ化チタン・高機能金属ナノクラスター・ジシリルベンゼン・超分子タンパク質・マンノペプチマイシンアグリコン

2017年も残すところあとわずかですね。みなさまにとって2017年はどのような年でしたでしょうか。…

イミデートラジカルを経由するアルコールのβ位選択的C-Hアミノ化反応

オハイオ州立大学・David A. Nagibらは、脂肪族アルコールのラジカル関与型β位選択的C(s…

翻訳アルゴリズムで化学反応を予測、IBMの研究者が発表

有機化学を原子や分子ではなく、単語や文と考えることで、人工知能(AI)アルゴリズムを用いて化学反応を…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP