[スポンサーリンク]

化学者のつぶやき

有機合成化学の豆知識botを作ってみた

[スポンサーリンク]

皆さんこんにちは。めっきり実験から退き、教育係+マネジメント係になってしまったcosineです。

さてこのたび、ウェブに転がっている実験系豆知識を定期配信するTwitter botを作りました。

その名も

「合成化学TIPS bot」(@OrgSynTIPS_bot)!

はい、なーんのひねりもない名前ですが・・・ご愛敬ということで。

これって何なの?

あちこちのウェブに転がっている有機合成TIPSを、3時間に一度の頻度でURL付きでつぶやくbotです。これをフォローしておけば、知っ得実験テクは一通りOK!!的なものを目指しています。

具体的には下記のようなトピックが100パタンほど登録されています(2017年12月現在)。随時追加予定です。

どうやって使うの?

Twitterがベースですので、単にフォローするだけでOKです。定期で繰り返しつぶやかれるので、以前見逃したテクニックでもいつかは目に触れる仕組みになっています。

ただTwitterだとあまりにライトに流れてしまうので、筆者のグループではSlack内にbotがつぶやき続ける連携チャネルを一つ作り、有機合成技術を日々要するメンバーにフォローさせています。スキマ時間に情報取得して貰うことを意図しています。

なぜ作ったの?

情報を専門家視点でキュレーションした上で、それを自動的に撒く仕組みをつくっておくと、「豆知識についての情報格差縮小が期待できる」と考えたためです。

豆知識伝達の難しさは、相手が必要とするタイミングで伝えない限り、全く吸収してくれない点にあります。たとえばトリフェニルホスフィンを除くのに苦労した経験がない人に、良い除き方を教えてもすぐに忘れてしまいます。それゆえきめ細かくメンバーの様子をモニターし、必要時にさりげなく手を差し伸べるのがデキる先輩・教員だよ!・・・とする意見も、甚だごもっともかと思えます。

ただ筆者は面倒くさがり屋なので、

「毎回ほぼ同じ知識をメンバーに伝えてるんだから、自動性のある定期伝達ツールをフォローさせ、繰り返し目に触れさせておけばそれで事足りるんじゃない?」

と考えたわけです。こういう豆知識はメンバー全員で知っておく必要がないものですから、この程度のゆるーい把握で繰り返し伝えるやり方が効果的に思えました。

多くのラボではその辺りを、メンバー間の口伝に頼っているのが実情だと思います。ただ、メンバーの入れ替わりが多い場合、シニアメンバーが抜けてしまうとノウハウ共有経路が途絶えがちです。加えて長年の伝言ゲームによる不正確化やノイズの混入、伝達漏れも出てきがちです。

また、有機合成を専門としないラボ、地方大学、高専などでは、実験に関して相談できる上級生がそもそも周りにいない、身近な豆知識発信役がそもそも存在しないという話も耳にします。まとめ記事などの形で世に転がっていたとしても、情報の存在や探索法を思いつけないような人には、活用されようがありません。異分野の英語情報ともなれば、経験豊かな人材であっても情報取得がとたんに難しくなるのはご存じの通りです。

何だかんだでうまいやり方を知らず歯がゆい思いをしている人は、日本全国のラボに数多く居るんじゃないでしょうか。botの形でオープンにしておけば、ラボ外にいる方々にも便利に使ってもらえるんじゃないかと思っています。

皆さんも是非作ってみて下さい!

本botの作成に当たっては、ChemDraw botを参考にさせて頂きました。このアプリはまとめサイトどころかマニュアルがあるのでそれ見ろよ、と言う意見もおありでしょうか、スマホと同じで実のところマニュアルなんて誰も丁寧に見ないもんです。だからこそ「専門家視点で要点だけかいつまんだbot」のニーズがあると思えるのです。

またこの方式は、分野を問わず通用する情報共有法だと思えます。分野の学習をはじめたばかりの人が得づらい情報、すなわちネットで検索しにくく、どの教科書に載っているかもイマイチ分かりづらい暗黙知をbotの形で一元化・明文化させておくと、利便性が高まるはずです。

ここまで読んでピンと来られた方は、本事例を参考モデルに是非とも所属分野の豆知識botを作成してみてはいかがでしょう?筆者としても有機合成以外の豆知識botがあればとてもうれしいですし・・・(特に有機金属とかケミカルバイオロジーとか超分子とか)。

Twitterのbotは無料作成サービスを使えば誰でも簡単に作れます。今回はtwittbotを使って作りましたが、50パタン程度なら数時間で揃えられました。一度作ってしまえば放置できるため、管理コストが少なくて済むのもよい点です。作成したら宣伝しますので、是非@chemstationまでお知らせ下さい!

cosine

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 科学は夢!ロレアル-ユネスコ女性科学者日本奨励賞2015
  2. プレプリントサーバについて話そう:Emilie Marcusの翻…
  3. 二窒素の配位モードと反応性の関係を調べる: Nature Rev…
  4. 安定なケトンのケイ素類縁体“シラノン”の合成 ケイ素—酸素2重結…
  5. なぜクロスカップリングは日本で発展したのか?
  6. フラーレンの単官能基化
  7. 研究者目線からの論文読解を促す抄録フォーマット
  8. グリコシル化反応を楽にする1位選択的”保護̶…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 東レ、ナノ構造制御技術を駆使した半導体実装用接着シートを開発
  2. カーボンナノチューブを有機色素で染めて使う新しい光触媒技術
  3. 名大の巽教授がIUPAC次期副会長に
  4. タンパクの「進化分子工学」とは
  5. ビス(ピナコラト)ジボロン:Bis(pinacolato)diboron
  6. 自由研究にいかが?1:ルミノール反応実験キット
  7. マイケル・グレッツェル Michael Gratzel
  8. 「さくら、さくら」劇場鑑賞券プレゼント結果発表!
  9. 医薬品天然物化学 (Medicinal Natural Products: A Biosynthetic Approach)
  10. DNAのもとは隕石とともに

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

高分子化学をふまえて「神経のような動きをする」電子素子をつくる

第267回のスポットライトリサーチは、東北大学大学院工学研究科 バイオ工学専攻 三ツ石研究室 助教の…

アルケンのエナンチオ選択的ヒドロアリール化反応

パラジウム触媒を用いたアルケンの還元的Heck型ヒドロアリール化反応が開発された。容易に着脱可能なキ…

第109回―「サステイナブルな高分子材料の創製」Andrew Dove教授

第109回の海外化学者インタビューは、アンドリュー・ダヴ教授です。ワーウィック大学化学科に所属(訳注…

蛍光異方性 Fluorescence Anisotropy

蛍光異方性(fluorescence anisotropy)とは溶液中で回転する分子の回転速…

(–)-Spirochensilide Aの不斉全合成

(–)-Spirochensilide Aの初の不斉全合成が達成された。タングステンを用いたシクロプ…

第108回―「Nature Chemistryの編集長として」Stuart Cantrill博士

第108回の海外化学者インタビューは、スチュアート・カントリル博士です。Nature Chemist…

化学工業で活躍する有機電解合成

かつて化学工業は四大公害病をはじめ深刻な外部不経済をもたらしましたが、現代ではその反省を踏まえ、安全…

細胞内の温度をあるがままの状態で測定する新手法の開発 ~「水分子」を温度計に~

第266回のスポットライトリサーチは、東北大学大学院薬学研究科 中林研究室 修士二年生の杉村 俊紀(…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP