[スポンサーリンク]


2021年 1月 07日

  1. 有機フォトレドックス触媒による酸化還元電位を巧みに制御した[2+2]環化付加反応

    新年第一回、通算第291回のスポットライトリサーチは、田中健太 助教にお願いしました。有機合成化学の世界で目下大流行中の反応コンセプト・フォトレドックス触媒。さまざまな角度から改良・発展が現在も続いていますが、応用範囲を広げる取り組…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. マレーシア警察:神経剤VX検出で、正男氏は化学兵器による毒殺と判定
  2. これならわかる マススペクトロメトリー
  3. イミダゾリニウムトリフラート塩の合成に有用なビニルスルホニウム塩前駆体
  4. ジョージ・ホワイトサイズ George M. Whitesides
  5. 名大の巽教授がIUPAC次期副会長に
  6. アルキンジッパー反応 Alkyne Zipper Reaciton
  7. ケクレの墓 (Poppelsdorf墓地)

注目情報

最新記事

エキノコックスにかかわる化学物質について

Tshozoです。40年以上前でしょうか、手塚治虫氏の有名な作品「ブラック・ジャック」でこう…

秋田英万 Akita Hidetaka

秋田 英万(あきた ひでたか)は、日本の有機化学者である。千葉大学薬学研究院および東北大学薬学研究院…

香料化学 – におい分子が作るかおりの世界

(さらに…)…

ギ酸ナトリウムでconPETを進化!

塩化アリールのラジカルカップリング反応が開発された。芳香環の電子状態にかかわらず種々の塩化アリールに…

料理と科学のおいしい出会い: 分子調理が食の常識を変える

(さらに…)…

PAGE TOP