[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

ジョージ・クラフォード M. George Craford

[スポンサーリンク]

 

M・ジョージ・クラフォード (M. George Craford、19xx年xx月xx日-)は米国の電気工学者である。黄色発光ダイオードの開発者として有名(写真:nae.edu

経歴

1961 イリノイ大学 卒業
1963 イリノイ大学 修士号取得
1967 イリノイ大学 博士号取得
1967 モンサント社 勤務
1979 ヒューレット・パッカード社 勤務
1982 ヒューレット・パッカード社 電子光学部門 開発主任
1999 Lumileds Lighting 最高技術責任者

 

受賞歴

1995 IEEE Morris N. Liebmann Memorial Award
2002 National Medal of Technology

 

研究業績

黄色発光ダイオード(LED)の発明

1972年に窒素ドープ型ガリウム-ヒ素-リン材料を開発し、それを応用することで世界初の黄色発光LEDを発明。

 

関連動画

関連文献

 

関連書籍

 

外部リンク

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。国立大学教員→国研研究員にクラスチェンジ。専門は有機合成化学、触媒化学、医薬化学、ペプチド/タンパク質化学。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 野依 良治 Ryoji Noyori
  2. 和田 猛 Takeshi Wada
  3. ベン・シェンBen Shen
  4. 井上 佳久 Yoshihisa Inoue
  5. ステファン・ヘル Stefan W. Hell
  6. ジョージ・フェール George Feher
  7. スティーヴン・バックワルド Stephen L. Buchwal…
  8. アレクサンダー・リッチ Alexander Rich

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. シュタウディンガー反応 Staudinger Reaction
  2. 阪大で2億7千万円超の研究費不正経理が発覚
  3. ムスカリン muscarine
  4. フランク・グローリアス Frank Glorius
  5. ランディ・シェックマン Randy Schekman
  6. 高分子の合成(上)(下)
  7. 脂質ナノ粒子によるDDS【Merck/Avanti Polar Lipids】
  8. タキサン類の全合成
  9. 超難関天然物 Palau’amine・ついに陥落
  10. アノマー効果を説明できますか?

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2014年9月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

注目情報

最新記事

プロトン共役電子移動を用いた半導体キャリア密度の精密制御

第582回のスポットライトリサーチは、物質・材料研究機構(NIMS) ナノアーキテクトニクス材料研究…

有機合成化学協会誌2023年11月号:英文特別号

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2023年11月号がオンライン公開されています。…

高懸濁試料のろ過に最適なGFXシリンジフィルターを試してみた

久々の、試してみたシリーズ。今回試したのはアドビオン・インターチム・サイエンティフィ…

細胞内で酵素のようにヒストンを修飾する化学触媒の開発

第581回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院 薬学系研究科 有機合成化学教室(金井研究室)の…

カルロス・シャーガスのはなし ーシャーガス病の発見者ー

Tshozoです。今回の記事は8年前に書こうと思って知識も資料も足りずほったらかしておいたのです…

巨大な垂直磁気異方性を示すペロブスカイト酸水素化物の発見 ―水素層と酸素層の協奏効果―

第580回のスポットライトリサーチは京都大学大学院工学研究科物質エネルギー化学専攻 陰山研究室の難波…

2023年度第1回日本化学連合シンポジウム「ヒューメインな化学 ~感覚の世界に化学はどう挑むか~」

人間の幸福感は、五感に依るところが大きい。化学は文明的で健康的な社会を支える物質を継続的に産み出して…

超難溶性ポリマーを水溶化するナノカプセル

第579回のスポットライトリサーチは東京工業大学 化学生命科学研究所 吉沢・澤田研究室の青山 慎治(…

目指せ抗がん剤!光と転位でインドールの(逆)プレニル化

可視光レドックス触媒を用いた、インドール誘導体のジアステレオ選択的な脱芳香族的C3位プレニル化および…

マテリアルズ・インフォマティクスに欠かせないデータ整理の進め方とは?

開催日:2023/11/29 申し込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の…

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP