[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

ジョージ・クラフォード M. George Craford

[スポンサーリンク]

 

M・ジョージ・クラフォード (M. George Craford、19xx年xx月xx日-)は米国の電気工学者である。黄色発光ダイオードの開発者として有名(写真:nae.edu

経歴

1961 イリノイ大学 卒業
1963 イリノイ大学 修士号取得
1967 イリノイ大学 博士号取得
1967 モンサント社 勤務
1979 ヒューレット・パッカード社 勤務
1982 ヒューレット・パッカード社 電子光学部門 開発主任
1999 Lumileds Lighting 最高技術責任者

 

受賞歴

1995 IEEE Morris N. Liebmann Memorial Award
2002 National Medal of Technology

 

研究業績

黄色発光ダイオード(LED)の発明

1972年に窒素ドープ型ガリウム-ヒ素-リン材料を開発し、それを応用することで世界初の黄色発光LEDを発明。

 

関連動画

関連文献

 

関連書籍

 

外部リンク

cosine

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 高知和夫 J. K. Kochi
  2. アーウィン・ローズ Irwin A. Rose
  3. 砂塚 敏明 Toshiaki Sunazuka
  4. 京都賞―受賞化学者一覧
  5. トーマス・ホイ Thomas R. Hoye
  6. ジュリアス・レベック Julius Rebek, Jr.
  7. ナタリー カロリーナ ロゼロ ナバロ Nataly Caroli…
  8. ロイ・ペリアナ Roy A. Periana

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 第13回 次世代につながる新たな「知」を創造するー相田卓三教授
  2. トーマス・エブソン Thomas Ebbesen
  3. 米デュポン、原料高騰で製品値上げ
  4. 化学者の卵に就職活動到来
  5. タングステン酸光触媒 Tungstate Photocatalyst
  6. 三菱化学が有機太陽電池事業に参入
  7. 使い方次第で猛毒、薬に
  8. 比色法の化学(前編)
  9. 2005年11月分の気になる化学関連ニュース投票結果
  10. ハウアミンAのラージスケール合成

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

三角形ラジカルを使って発光性2次元ハニカムスピン格子構造を組み立てる!

第309回のスポットライトリサーチは、木村舜 博士にお願いしました。金属と有機配位子がネット…

第148回―「フッ素に関わる遷移金属錯体の研究」Graham Saunders准教授

第148回の海外化学者インタビューは、グラハム・サウンダース准教授です。ニュージーランドのハミルトン…

ケムステチャンネルをチャンネル登録しませんか?

5月11日で化学の情報サイトケムステは開設21周年を迎えます。これまで記事中心の活動を行ってきました…

化学研究で役に立つデータ解析入門:回帰分析の活用を広げる編

前回の化学研究で役に立つデータ解析入門:回帰分析の応用編では、Rを使ってエクセルにはできない回帰分析…

いろんなカタチの撹拌子を試してみた

大好評、「試してみた」シリーズの第5弾。今回は様々な化合物を反応させる際に必須な撹拌子(回転…

【マイクロ波化学(株)医薬分野向けウェビナー】 #ペプチド #核酸 #有機合成 #凍結乾燥 第3のエネルギーがプロセスと製品を変える  マイクロ波適用例とスケールアップ

<内容>本イベントは、医薬分野向けに事業・開発課題のソリューションとして、マイクロ波の適用例や効…

バイオマスからブタジエンを生成する新技術を共同開発

日本ゼオンは、理研、横浜ゴムと共同で設置している「バイオモノマー生産研究チーム」の研究により、バイオ…

【ケムステSlackに訊いてみた②】化学者に数学は必要なのか?

日本初のオープン化学コミュニティ・ケムステSlackの質問チャンネルに流れてきたQ&Aの紹介…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP