[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

ジョージ・クラフォード M. George Craford

 

M・ジョージ・クラフォード (M. George Craford、19xx年xx月xx日-)は米国の電気工学者である。黄色発光ダイオードの開発者として有名(写真:burux.com

経歴

1961 イリノイ大学 卒業
1963 イリノイ大学 修士号取得
1967 イリノイ大学 博士号取得
1967 モンサント社 勤務
1979 ヒューレット・パッカード社 勤務
1982 ヒューレット・パッカード社 電子光学部門 開発主任
1999 Lumileds Lighting 最高技術責任者

 

受賞歴

1995 IEEE Morris N. Liebmann Memorial Award
2002 National Medal of Technology

 

研究業績

黄色発光ダイオード(LED)の発明

1972年に窒素ドープ型ガリウム-ヒ素-リン材料を開発し、それを応用することで世界初の黄色発光LEDを発明。

yellowLED.JPG

関連動画

関連文献

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. ガボール・ソモライ Gabor A. Somorjai
  2. スティーブ・ケント Stephen B. H. Kent
  3. Mukaiyama Award―受賞者一覧
  4. ウィリアム・キャンベル William C. Campbell
  5. リッチー・サーポン Richmond Sarpong
  6. エリック・ソレンセン Eric J. Sorensen
  7. イー・タン Yi Tang
  8. カール−ヘインツ・アルトマン Karl Heinz Altman…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 水素ガス/酸素ガスで光特性を繰り返し変化させる分子
  2. ハンチュ ピロール合成 Hantzsch Pyrrole Synthesis
  3. 脂肪燃やすアミノ酸に効果 「カルニチン」にお墨付き
  4. 安定な環状ケトンのC–C結合を組み替える
  5. 秋の褒章2011-化学
  6. 捏造のロジック 文部科学省研究公正局・二神冴希
  7. 比色法の化学(前編)
  8. セリ科植物に含まれる生理活性成分
  9. カール−ヘインツ・アルトマン Karl Heinz Altmann
  10. メラトニン melatonin

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

サイエンスイングリッシュキャンプin東京工科大学

産業のグローバル化が進み、エンジニアにも国際的なセンスや語学力が求められているなか、東京工科大学(東…

特定の場所の遺伝子を活性化できる新しい分子の開発

ついにスポットライトリサーチも150回。第150回目は理化学研究所 博士研究員の谷口 純一 (たにぐ…

出光・昭和シェル、統合を発表

石油元売り2位の出光興産と4位の昭和シェル石油は10日、2019年4月に経営統合すると正式に発表した…

天然物の全合成研究ーChemical Times特集より

関東化学が発行する化学情報誌「ケミカルタイムズ」。年4回発行のこの無料雑誌の紹介をしています。…

「アジア発メジャー」狙う大陽日酸、欧州市場に参入

大陽日酸は北米に次ぐ成長が見込める欧州市場に参入を果たす。同業の米プラクスエアが欧州で展開する産業ガ…

典型元素触媒による水素を還元剤とする第一級アミンの還元的アルキル化

第149回のスポットライトリサーチは、大阪大学大学院工学研究科 博士後期課程3年の木下 拓也 (きの…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP