[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

ジョージ・クラフォード M. George Craford

 

M・ジョージ・クラフォード (M. George Craford、19xx年xx月xx日-)は米国の電気工学者である。黄色発光ダイオードの開発者として有名(写真:burux.com

経歴

1961 イリノイ大学 卒業
1963 イリノイ大学 修士号取得
1967 イリノイ大学 博士号取得
1967 モンサント社 勤務
1979 ヒューレット・パッカード社 勤務
1982 ヒューレット・パッカード社 電子光学部門 開発主任
1999 Lumileds Lighting 最高技術責任者

 

受賞歴

1995 IEEE Morris N. Liebmann Memorial Award
2002 National Medal of Technology

 

研究業績

黄色発光ダイオード(LED)の発明

1972年に窒素ドープ型ガリウム-ヒ素-リン材料を開発し、それを応用することで世界初の黄色発光LEDを発明。

yellowLED.JPG

関連動画

関連文献

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. フィル・バラン Phil S. Baran
  2. 中村 正治 Masaharu Nakamura
  3. ヴァレリー・フォキン Valery V. Fokin
  4. グァンビン・ドン Guangbin Dong
  5. ギルバート・ストーク Gilbert Stork
  6. ジン=クアン・ユー Jin-Quan Yu
  7. アリ・ワーシェル Arieh Warshel
  8. ロジャー・チェン Roger Y. Tsien

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 四角い断面を持つナノチューブ合成に成功
  2. 化学の歴史
  3. 触媒的C-H酸化反応 Catalytic C-H Oxidation
  4. エリック・メガース Eric Meggers
  5. インタビューリンクー住化廣瀬社長、旭化成藤原社長
  6. 化学者たちのエッセイ集【Part1】
  7. 2007年度ノーベル化学賞を予想!(2)
  8. ネバー転位 Neber Rearrangement
  9. トロンボキサンA2 /Thromboxane A2
  10. 東亜合成と三井化学、高分子凝集剤の事業統合へ

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

持続可能性社会を拓くバイオミメティクス

内容生物に学ぶ考え方は,ナイロンに見られるように古くからあった.近年,ナノテクノロジーの飛躍…

鉄カルベン活性種を用いるsp3 C-Hアルキル化

2017年、イリノイ大学 M. Christina Whiteらは鉄フタロシアニン触媒から生成するメ…

「生合成に基づいた網羅的な天然物全合成」—カリフォルニア大学バークレー校・Sarpong研より

「ケムステ海外研究記」の第19回目は、向井健さんにお願いしました。向井さんはカリフォルニア大…

研究者向けプロフィールサービス徹底比較!

研究者にとって、業績を適切に管理しアピールすることは重要です。以前にも少し触れましたが、科研費の審査…

天然有機化合物の全合成:独創的なものづくりの反応と戦略

概要生物活性天然有機化合物(天然物)は生命の40億年にわたる進化によって選択された高機能分子…

細菌を取り巻く生体ポリマーの意外な化学修飾

地球上に最もたくさんある有機化合物は何でしょう?それは、野菜や果物、紙、Tシャツ、木材、etc…身の…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP