[スポンサーリンク]


2021年 8月 22日

  1. ラジカルパスでアリールをホウ素から炭素へパス!

    ボロナート錯体を用いたラジカルアリール転位反応が開発された。本反応はホウ素から炭素へラジカルアリール転位させることを可能にした初めての例である。ラジカルアリール転位反応とボロナート化学ラジカルアリール転位反応は同一分子上に生じたラジ…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 【第二回】シード/リード化合物の合成
  2. 工程フローからみた「どんな会社が?」~タイヤ編 その2
  3. 柴田科学 合成反応装置ケミストプラザ CP-400型をデモしてみた
  4. 特許の基礎知識(2)「発明」って何?
  5. ジアステレオ逆さだぜ…立体を作り分けるIr触媒C–Hアリル化!
  6. シリル系保護基 Silyl Protective Group
  7. キラルLewis酸触媒による“3員環経由4員環”合成

注目情報

最新記事

松田 豊 Yutaka Matsuda

松田 豊(まつだゆたか, 1985年07月04日-)は、抗体薬物複合体(ADC)の製造技術を開発して…

化学産業のサプライチェーンをサポートする新しい動き

長瀬産業株式会社、ナガセ情報開発株式会社は、2023年2月1日より、化学品ドキュメントの配付管理ツー…

シクロデキストリンの「穴の中」で光るセンサー

第468回のスポットライトリサーチは、上智大学理工学部 物質生命理工学科 分析化学研究グループ(早下…

Excelでできる材料開発のためのデータ解析[超入門]-統計の基礎や機械学習との違いを解説-

 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影響を受け、従来の経験と勘によ…

超原子価ヨウ素反応剤を用いたジアミド類の4-イミダゾリジノン誘導化

第468回のスポットライトリサーチは、岐阜薬科大学  合成薬品製造学研究室(伊藤研究室)に所属されて…

PAGE TOP