[スポンサーリンク]

海外化学者インタビュー

第164回―「光・熱エネルギーを変換するスマート材料の開発」Panče Naumov教授

[スポンサーリンク]

第164回の海外化学者インタビューは、パンチェ・ナウモフ教授です。大阪大学大学院工学研究科 生命先端工学専攻(訳注・現在はニューヨーク大学アブダビ校)に在籍し、マケドニアのシリル&メトディウス大学の外部スタッフとして、固体化学と光化学、特に、不安定で「エキゾチック」な分子種に興味をもって研究しています。それではインタビューをどうぞ。

Q. あなたが化学者になった理由は?

私を化学に導いたのは、何よりも純粋でシンプルな好奇心でした。オタクの子供だった私は、物事を知りたいという生々しい欲求に駆られて、自宅の倉庫に作った仮設の実験室で数え切れないほどの時間を過ごしました。そして、キャリア全体を通して、好奇心が衰えることはありませんでした。それは、学生時代により強くなり、学生として実験をしている時も、現在自分の研究室過ごしてる時にも、同じように強まっています。「好奇心には、存在する理由がある」というE・アインシュタインの言葉が、心にいつも響いています。私はこう付け加えたいと思います―「そして、それは決して消えることはない」。

Q. もし化学者でなかったら、何になりたいですか?またその理由は?

おそらく天文学者になるでしょう。生物学、化学、物理学の分野は非常に幅広いですが、私たちが探求できるのは無限世界の一面に過ぎません。私たちは、生物、細胞、組織、分子、原子、クォーク、さらにはより小さな「粒子」を調べることをします。しかし、同じぐらい刺激的ながら技術的にもチャレンジングな、全く別の世界もあるのです。もし天文学者だったら、惑星、星、銀河、銀河団、さらにその先まで、研究しただろうものは、文字通り無限にあるでしょう。

Q. 現在取り組んでいることは何ですか?そしてそれをどう展開させたいですか?

歴史を振り返ると、私たちの世界が直面してきた問題は多岐にわたります。しかし、現代社会が直面しているのは、安全保障、環境、エネルギーという3つの大きな問題であることが明らかになってきました。私の研究グループでは、固体中の光・化学・熱・機械エネルギー変換プロセスの分子機構に興味を持っています。これらの機構的詳細を明らかにすることで、エネルギー変換を支配する構造的要因をより深く理解し、将来的にはその効率を高めることを目指しています。

Q.あなたがもし、歴史上の人物と夕食を共にすることができたら誰と?またその理由は?

実は、食事をしたい歴史上の人物は2人います。アレクサンダー大王ニコラ・テスラの2人と囲むディナーは、最高に刺激的で楽しい夜になるでしょう。

アレクサンダー大王はその先見性から、わずか30歳にして、当時の世界の大半を統一することに成功しました。彼が年齢や時代を超えて発揮した知恵は、我がマケドニア国の誇りとなっています。私の考えでは、「分割と征服」ではなく「征服と統一」に即したアレキサンダー大王の戦略は、米国や欧州連合などの現代的連合に見られるものとは異なり、実に先進的な概念でした。

ニコラ・テスラも、トーマス・エジソンと並んで、ノーベル賞を受賞すべきだった人物かも知れません。1893年にテスラが無線エネルギー伝送を実証していたならば、今日の社会的取り組み、さらにはテレポーテーションなどの未来的事業にとっても多大な貢献となったことは間違いないでしょう。想像するとおりに私たちの世界を変えてくれたかもしれません。その方法をぜひ聞いてみたいものです。

Q. あなたが最後に研究室で実験を行ったのはいつですか?また、その内容は?

数ヶ月前、重要な抗ウイルス化合物の結晶化を試みていました。グループリーダーを務めていることもあり、後の実験に直接関わる時間を割くことは残念ながらできませんでした。

Q.もしあなたが砂漠の島に取り残されたら、どんな本や音楽が必要ですか?1つだけ答えてください。

間違いなく『星の王子さま』を選ぶでしょうね。今でこそ大好きな本ですが、昔はそれほど高く評価していたわけではありません。7歳の時は大嫌いでした。14歳のときも、とても退屈な本だと思っていました。しかし、21歳のとき、何かのきっかけから大好きな本になりました。最終的に28歳のときには、友人のほとんどがこの本を持っているまでになりました。まだお持ちでない方には、ぜひお勧めしたい一冊です。

音楽に関しては、心を癒してくれるものが必要です。『ベスト・オブ・ニーナ・シモン』は、”青い “空の下で “青い “時間を過ごすのにぴったりだと思います。ただ、無人島ではどうやって再生すればいいのでしょう?このアルバムは、扇子やプレースマットとしても使えるんじゃないでしょうか!?

Q.「Reactions」でインタビューしてほしい化学者と、その理由を教えてください。

ニューヨーク大学のBart E. Kahr氏です。固体化学や超分子化学の知識を深めるために革新的な手法を用いており、素晴らしいチョイスだと思います。彼の仕事は啓発的で、時代を超越していると思います。

原文:Reactions – Panče Naumov

※このインタビューは2011年7月14日に公開されました。

関連動画

cosine

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 第138回―「不斉反応の速度論研究からホモキラリティの起源に挑む…
  2. 第33回 新たな手法をもとに複雑化合物の合成に切り込む―Stev…
  3. 第126回―「分子アセンブリによって複雑化合物へとアプローチする…
  4. 第33回「セレンディピティを計画的に創出する」合田圭介 教授
  5. 第128回―「二核錯体を用いる触媒反応の開発」George St…
  6. 第63回―「生物のコミュニケーションを司る天然物化学」矢島 新 …
  7. 第一回 福山透教授ー天然物を自由自在につくる
  8. 第82回―「金属を活用する超分子化学」Michaele Hard…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. アジドの3つの窒素原子をすべて入れる
  2. ジアゾメタン原料
  3. 生合成研究の記事まとめ
  4. 【チャンスは春だけ】フランスの博士課程に応募しよう!【給与付き】
  5. ロバート・ノールズ Robert R. Knowles
  6. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」シリーズ
  7. シアノスター Cyanostar
  8. カガン・モランダーカップリング Kagan-Molander Coupling
  9. 第22回「ベンゼン環の表と裏を利用した有機合成」植村元一教授
  10. スケールアップ実験スピードアップ化と経済性計算【終了】

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2021年9月
« 8月   10月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

注目情報

注目情報

最新記事

エキノコックスにかかわる化学物質について

Tshozoです。40年以上前でしょうか、手塚治虫氏の有名な作品「ブラック・ジャック」でこう…

秋田英万 Akita Hidetaka

秋田 英万(あきた ひでたか)は、日本の有機化学者である。千葉大学薬学研究院および東北大学薬学研究院…

香料化学 – におい分子が作るかおりの世界

(さらに…)…

ギ酸ナトリウムでconPETを進化!

塩化アリールのラジカルカップリング反応が開発された。芳香環の電子状態にかかわらず種々の塩化アリールに…

料理と科学のおいしい出会い: 分子調理が食の常識を変える

(さらに…)…

シビれる(T T)アジリジン合成

電気化学的に不活性アルケンと一級アミンをカップリングさせることで、N-アルキルアジリジンが合成された…

mi3 企業研究者のためのMI入門③:避けて通れぬ大学数学!MIの道具として数学を使いこなすための参考書をご紹介

最近よく耳にするデジタル・トランスフォーメーション(DX)やマテリアルズ・インフォマティクス(MI)…

産総研より刺激に応じて自在に剥がせるプライマーが開発される

産業技術総合研究所機能化学研究部門スマート材料グループ 相沢 美帆 研究員は、刺激を加える前には接着…

マイクロ波の技術メリット・事業メリットをお伝えします!/マイクロ波化学(株)10月度ウェビナー

10月は当社(マイクロ波化学)の技術あるいは当社の事業に興味がある方、それぞれをテーマにしたウェビナ…

宮田完ニ郎 Miyata Kanjiro

宮田 完ニ郎 (みやた かんじろう) は、日本の有機化学者である。東京大学大学院工学系研究科マテリア…

Chem-Station Twitter

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP