[スポンサーリンク]

海外化学者インタビュー

第164回―「光・熱エネルギーを変換するスマート材料の開発」Panče Naumov教授

[スポンサーリンク]

第164回の海外化学者インタビューは、パンチェ・ナウモフ教授です。大阪大学大学院工学研究科 生命先端工学専攻(訳注・現在はニューヨーク大学アブダビ校)に在籍し、マケドニアのシリル&メトディウス大学の外部スタッフとして、固体化学と光化学、特に、不安定で「エキゾチック」な分子種に興味をもって研究しています。それではインタビューをどうぞ。

Q. あなたが化学者になった理由は?

私を化学に導いたのは、何よりも純粋でシンプルな好奇心でした。オタクの子供だった私は、物事を知りたいという生々しい欲求に駆られて、自宅の倉庫に作った仮設の実験室で数え切れないほどの時間を過ごしました。そして、キャリア全体を通して、好奇心が衰えることはありませんでした。それは、学生時代により強くなり、学生として実験をしている時も、現在自分の研究室過ごしてる時にも、同じように強まっています。「好奇心には、存在する理由がある」というE・アインシュタインの言葉が、心にいつも響いています。私はこう付け加えたいと思います―「そして、それは決して消えることはない」。

Q. もし化学者でなかったら、何になりたいですか?またその理由は?

おそらく天文学者になるでしょう。生物学、化学、物理学の分野は非常に幅広いですが、私たちが探求できるのは無限世界の一面に過ぎません。私たちは、生物、細胞、組織、分子、原子、クォーク、さらにはより小さな「粒子」を調べることをします。しかし、同じぐらい刺激的ながら技術的にもチャレンジングな、全く別の世界もあるのです。もし天文学者だったら、惑星、星、銀河、銀河団、さらにその先まで、研究しただろうものは、文字通り無限にあるでしょう。

Q. 現在取り組んでいることは何ですか?そしてそれをどう展開させたいですか?

歴史を振り返ると、私たちの世界が直面してきた問題は多岐にわたります。しかし、現代社会が直面しているのは、安全保障、環境、エネルギーという3つの大きな問題であることが明らかになってきました。私の研究グループでは、固体中の光・化学・熱・機械エネルギー変換プロセスの分子機構に興味を持っています。これらの機構的詳細を明らかにすることで、エネルギー変換を支配する構造的要因をより深く理解し、将来的にはその効率を高めることを目指しています。

Q.あなたがもし、歴史上の人物と夕食を共にすることができたら誰と?またその理由は?

実は、食事をしたい歴史上の人物は2人います。アレクサンダー大王ニコラ・テスラの2人と囲むディナーは、最高に刺激的で楽しい夜になるでしょう。

アレクサンダー大王はその先見性から、わずか30歳にして、当時の世界の大半を統一することに成功しました。彼が年齢や時代を超えて発揮した知恵は、我がマケドニア国の誇りとなっています。私の考えでは、「分割と征服」ではなく「征服と統一」に即したアレキサンダー大王の戦略は、米国や欧州連合などの現代的連合に見られるものとは異なり、実に先進的な概念でした。

ニコラ・テスラも、トーマス・エジソンと並んで、ノーベル賞を受賞すべきだった人物かも知れません。1893年にテスラが無線エネルギー伝送を実証していたならば、今日の社会的取り組み、さらにはテレポーテーションなどの未来的事業にとっても多大な貢献となったことは間違いないでしょう。想像するとおりに私たちの世界を変えてくれたかもしれません。その方法をぜひ聞いてみたいものです。

Q. あなたが最後に研究室で実験を行ったのはいつですか?また、その内容は?

数ヶ月前、重要な抗ウイルス化合物の結晶化を試みていました。グループリーダーを務めていることもあり、後の実験に直接関わる時間を割くことは残念ながらできませんでした。

Q.もしあなたが砂漠の島に取り残されたら、どんな本や音楽が必要ですか?1つだけ答えてください。

間違いなく『星の王子さま』を選ぶでしょうね。今でこそ大好きな本ですが、昔はそれほど高く評価していたわけではありません。7歳の時は大嫌いでした。14歳のときも、とても退屈な本だと思っていました。しかし、21歳のとき、何かのきっかけから大好きな本になりました。最終的に28歳のときには、友人のほとんどがこの本を持っているまでになりました。まだお持ちでない方には、ぜひお勧めしたい一冊です。

音楽に関しては、心を癒してくれるものが必要です。『ベスト・オブ・ニーナ・シモン』は、”青い “空の下で “青い “時間を過ごすのにぴったりだと思います。ただ、無人島ではどうやって再生すればいいのでしょう?このアルバムは、扇子やプレースマットとしても使えるんじゃないでしょうか!?

Q.「Reactions」でインタビューしてほしい化学者と、その理由を教えてください。

ニューヨーク大学のBart E. Kahr氏です。固体化学や超分子化学の知識を深めるために革新的な手法を用いており、素晴らしいチョイスだと思います。彼の仕事は啓発的で、時代を超越していると思います。

原文:Reactions – Panče Naumov

※このインタビューは2011年7月14日に公開されました。

関連動画

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。国立大学教員→国研研究員にクラスチェンジ。専門は有機合成化学、触媒化学、医薬化学、ペプチド/タンパク質化学。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 第172回―「小分子変換を指向した固体触媒化学およびナノ材料化学…
  2. 第117回―「感染症治療を志向したケミカルバイオロジー研究」Er…
  3. 第108回―「Nature Chemistryの編集長として」S…
  4. 第21回 バイオインフォ-マティクスによる創薬 – …
  5. 第30回 弱い相互作用を活用した高分子材料創製―Marcus W…
  6. 第129回―「環境汚染有機物質の運命を追跡する」Scott Ma…
  7. 第135回―「量子電気力学から光と分子の相互作用を理解する」Da…
  8. 反応化学と生命科学の融合で新たなチャレンジへ【ケムステ×Hey!…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. アミドをエステルに変化させる触媒
  2. 酸で活性化された超原子価ヨウ素
  3. 5歳児の唾液でイグ・ノーベル化学賞=日本人、13年連続
  4. 有機合成化学協会誌2021年7月号:PoxIm・トリアルキルシリル基・金触媒・アンフィジノール3・効率的クリック標識法・標的タンパク質指向型天然物単離
  5. タミフルの新規合成法・その4
  6. タキサン類の全合成
  7. ReadCubeを使い倒す!(2)~新着論文チェックにもReadCubeをフル活用!~
  8. セレンディピティ:思いがけない発見・発明のドラマ
  9. 光速の文献管理ソフト「Paperpile」
  10. 武田オレフィン合成 Takeda Olefination

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2021年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

注目情報

注目情報

最新記事

松田 豊 Yutaka Matsuda

松田 豊(まつだゆたか, 1985年07月04日-)は、抗体薬物複合体(ADC)の製造技術を開発して…

化学産業のサプライチェーンをサポートする新しい動き

長瀬産業株式会社、ナガセ情報開発株式会社は、2023年2月1日より、化学品ドキュメントの配付管理ツー…

シクロデキストリンの「穴の中」で光るセンサー

第468回のスポットライトリサーチは、上智大学理工学部 物質生命理工学科 分析化学研究グループ(早下…

Excelでできる材料開発のためのデータ解析[超入門]-統計の基礎や機械学習との違いを解説-

 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影響を受け、従来の経験と勘によ…

超原子価ヨウ素反応剤を用いたジアミド類の4-イミダゾリジノン誘導化

第468回のスポットライトリサーチは、岐阜薬科大学  合成薬品製造学研究室(伊藤研究室)に所属されて…

研究室でDIY!ELSD検出器を複数のLCシステムで使えるようにした話

先日のBiotage Selekt + ELSDの記事でちらっと紹介した、ELS…

第37回ケムステVシンポ「抗体修飾法の最前線 〜ADC製造の基盤技術〜」を開催します!

修論・卒論・博士論文で大忙しの2,3月ですが、皆さんいかがお過ごしでしょうか。まとめ作業とデスク…

有機合成化学協会誌2023年1月号:[1,3]-アルコキシ転位・クロロシラン・インシリコ技術・マイトトキシン・MOF

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2023年1月号がオンライン公開されました。す…

飲む痔の薬のはなし1 ブロメラインとビタミンE

Tshozoです。あれ(発端記事・その後の記事)からいろいろありました。一進一退とはいえ、咀…

深紫外光源の効率を高める新たな透明電極材料

第467回のスポットライトリサーチは、東京都立大学大学院 理学研究科 廣瀬研究室の長島 陽(ながしま…

Chem-Station Twitter

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP