[スポンサーリンク]

一般的な話題

アゾ重合開始剤の特徴と選び方

[スポンサーリンク]

ラジカル重合はビニルモノマーなどの重合に用いられる方法で、開始反応、成長反応、停止反応を素反応とする連鎖反応であり、主にアゾ化合物や過酸化物が開始剤として使用されています。アゾ重合開始剤は熱及び光により分解し、フリーラジカルを発生するアゾ基(R-N=N-R)を持った化合物です。この反応性に富んだフリーラジカルを利用し、各種ビニル系モノマーの重合や有機化合物のハロゲン化反応などに使用されております。

この記事では、アゾ重合開始剤の特徴やラジカルの発生機構について詳しく解説し、重合開始剤の選定方法についても紹介します。

ラジカル重合開始剤について                   

ラジカル重合開始剤は、大きく分けて下記の3種類があります。

・熱重合開始剤(熱による重合)

・レドックス開始剤(酸化還元反応による重合)

・光ラジカル開始剤(光による重合)

これらの中でも熱重合開始剤は広く利用されており、主に「アゾ化合物」と「過酸化物」が使用されます。アゾ重合開始剤は、過酸化物と比較して、安全性と反応制御の点でメリットがあります。

 

アゾ重合開始剤の特徴(過酸化物と比較して)                           

アゾ重合開始材は以下の特徴を有するため、安全かつ生成するポリマーを制御することができます。

・一次反応で分解します。

・誘発分解しません。(金属接触などで分解しません)

・分解時に溶媒の影響を受けません。

・炭素ラジカルを生成し、過酸化物と比べて副反応が少ないです。

・衝撃に対して安定であり、操作、輸送及び保管中の取り扱いが安全です。

 

富士フイルム和光純薬では、有機溶剤に可溶なタイプ、水に溶解するタイプなど様々な構造を有するアゾ重合開始剤を取り揃えております。お客様の用途に合わせて最適なご提案をさせていただきますので、お気軽にご相談ください。

ラジカルの発生機構

・アゾ重合開始剤が熱または光で分解し、窒素ガスと炭素ラジカルを発生する(1)。

(溶液での分解は一次反応速度式に従い、分解温度(分解活性)は開始剤の構造によって異なる)

・炭素ラジカルがビニルモノマーと付加反応(付加重合)し、ポリマーを生成する(2)。

・(ポリマー末端にアゾ開始剤が導入されるので、末端基の効果が期待される)

・一般的なアゾ重合開始剤の開始剤効率は0.5~0.7程度であり、残りは再結合(3)や不均化(4)を起こす。

アゾ重合開始剤の選定方法                                    

アゾ重合開始剤は、溶媒の種類、重合方法、重合時の温度の3つの観点から、何が適しているかを決めることができます。

(2)10時間半減期温度

溶液中でアゾ基の濃度が10時間で半分となる温度が10時間半減期温度です。この温度を参考に、重合温度に適する開始剤を選定します。

 

 

アゾ重合開始剤の使用環境がわかる!残存率計算ツールのご案内                                   

アゾ重合開始剤を用いた研究をする際、是非お使いいただきたい計算ツールをご紹介します。

通常、残存率や反応条件(分解反応時間、分解反応温度)を特定するためには、文献を参照したり複雑な計算式を用いて計算したりする必要がありますが、それらをワンクリックで算出できるのが『アゾ重合開始剤 残存率計算ツール』です。

是非研究にお役立てください!

アゾ重合開始剤とその関連技術について学べるシリーズ

 

ケムステPR

投稿者の記事一覧

ケムステのPRアカウントです。募集記事や記事体広告関連の記事を投稿します。

関連記事

  1. 脂質ナノ粒子によるDDS【Merck/Avanti Polar …
  2. 三角形ラジカルを使って発光性2次元ハニカムスピン格子構造を組み立…
  3. カイコが紡ぐクモの糸
  4. 【PR】 Chem-Stationで記事を書いてみませんか?【ス…
  5. 第22回次世代を担う有機化学シンポジウム
  6. 有機強相関電子材料の可逆的な絶縁体-金属転移の誘起に成功
  7. 新アルゴリズムで量子化学的逆合成解析の限界突破!~未知反応をコン…
  8. 光分解性シアニン色素をADCのリンカーに組み込む

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ライアン・シェンビ Ryan A. Shenvi
  2. 第13回 化学を楽しみ、創薬に挑み続ける ―Derek Lowe博士
  3. 新人化学者の失敗ランキング
  4. 求核剤担持型脱離基 Nucleophile-Assisting Leaving Groups (NALGs)
  5. ポンコツ博士の海外奮闘録⑥ 〜博士,アメ飯を食す。おうち系お肉編〜
  6. 真鍋良幸 Manabe Yoshiyuki
  7. スティーブ・ケント Stephen B. H. Kent
  8. 史 不斉エポキシ化 Shi Asymmetric Epoxidation
  9. 不斉カルボニル触媒で酵素模倣型不斉マンニッヒ反応
  10. 動画で見れる!アメリカ博士留学生の一日

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2023年12月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

注目情報

最新記事

【書評】スキルアップ有機化学 しっかり身につく基礎の基礎

東京化学同人より 2024 年 2 月 16 日に刊行された、「スキルアップ有機…

“逆転の発想”で世界最高のプロトン伝導度を示す新物質を発見

第594回のスポットライトリサーチは、東京工業大学 理学院 化学系 八島研究室の齊藤 馨(さいとう …

第17回日本化学連合シンポジウム「防災と化学」

開催趣旨能登半島地震で罹災された方々に、心からお見舞い申し上げます。自然災害、疾病、火災、事…

溶液中での安定性と反応性を両立した金ナノ粒子触媒の開発

第593回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院工学系研究科(山口研究室)博士後期課程3年の夏 …

DeuNet (重水素化ネットワーク)

Deunet とは?重水素化ネットワーク (The Duteration Network, De…

マテリアルズ・インフォマティクスにおける分子生成の応用 ー新しい天然有機化合物の生成を目指すー

開催日 2024/2/21 申し込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

有機合成化学協会誌2024年2月号:タンデムボラFriedel-Crafts反応・炭素-フッ素結合活性化・セリウム錯体・コバルト-炭素結合・ホスホロアミダイト法

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2024年2月号がオンライン公開されています。…

有機合成にさようなら!“混ぜるだけ”蛍光プローブ3秒間クッキング

第592回のスポットライトリサーチは、香港科技大学(Ben Zhong Tang研)の清川慎介さん(…

北九州における化学企業の盛んな生産活動

AGCは、このたび北九州事業所において、グリーン水素製造に適したフッ素系イオン交換膜の製造設備新…

【Q&Aシリーズ❷ 技術者・事業担当者向け】 マイクロ波による焼成・乾燥プロセス

<内容>※本セミナーは、技術者および事業担当者向けです。全3回にわたり、ガス…

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP