[スポンサーリンク]


2021年 9月 29日

  1. なぜあの研究室の成果は一流誌ばかりに掲載されるのか【考察】

    Nature誌やScience誌は科学者ならば誰もが認める一流ジャーナルとして認識されています。そういった一流誌をチェックしていると、特定の研究室が定期的に論文を掲載しているように感じます。この記事では、そのような研究室ではいかにして一流の…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 「科学者の科学離れ」ってなんだろう?
  2. (-)-Cyanthiwigin Fの全合成
  3. 第26回「分子集合体の極限に迫る」矢貝史樹准教授
  4. テトロドトキシン Tetrodotoxin
  5. 第20回ケムステVシンポ『アカデミア創薬 A to Z』を開催します!
  6. アセトアルデヒドが香料に 食品添加物として指定了承
  7. 合成化学発・企業とアカデミアの新たな共同研究モデル

注目情報

最新記事

【ジーシー】新卒採用情報(2023卒)

弊社の社是「施無畏」は、「相手の身になって行動する」といった意味があります。これを具現化することで存…

有機合成のための新触媒反応101

(さらに…)…

化学者のためのエレクトロニクス講座~電解ニッケルめっき編~

この化学者のためのエレクトロニクス講座では半導体やその配線技術、フォトレジストやOLEDなど、エレク…

その病気、市販薬で治せます

(さらに…)…

チェーンウォーキングを活用し、ホウ素2つを離れた位置へ導入する!

第350回のスポットライトリサーチは、慶應義塾大学大学院理工学研究科 博士課程 2 …

PAGE TOP