[スポンサーリンク]


2022年 4月 01日

  1. 創薬におけるモダリティの意味と具体例

    創薬の現場において、新規モダリティの開拓のようなフレーズが頻繁に使われるようになっています。しかし、具体的にどういう概念を指しているのか、説明に困る場合も多いのではないでしょうか。とりあえず、やれ低分子だ中分子だペプチドだ核…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ナノってなんナノ?~日本発の極小材料を集めてみました~
  2. ククルビットウリルのロタキサン形成でClick反応を加速する
  3. セルロースナノファイバーの真価
  4. ウォルター・コーン Walter Kohn
  5. ヴァレリー・フォキン Valery V. Fokin
  6. 有機硫黄ラジカル触媒で不斉反応に挑戦
  7. 光触媒で人工光合成!二酸化炭素を効率的に資源化できる新触媒の開発

注目情報

最新記事

二酸化炭素をほとんど排出せず、天然ガスから有用化学品を直接合成

第396回のスポットライトリサーチは、東京大学 大学院工学系研究科 応用化学専攻 山口研究室の和知 …

「mihub」を活用したマテリアルズインフォマティクスの実践 -実験条件の最適化を促すための活用ケース-

開催日:2022/07/13 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

【7/28開催】第3回TCIオンラインセミナー 「動物透明化試薬ウェビナー CUBICの基礎と実例」

第3回TCIオンラインセミナーを開催いたします。現在、動物透明化技術は注目の手技です。本セミ…

金属アルコキシドに新たなファミリー!Naでも切れない絆

アルカリ金属と1-アダマンタノール (HOAd1)の混合により、平面三角形構造かつ未還元のヒドロキシ…

理工系のAI英作文術

概要英語が苦手な人でもAI自動翻訳を使えば、短時間で英語が得意な人に匹敵する英文が書…

PAGE TOP