[スポンサーリンク]

ケムステニュース

東レ、ナノ構造制御技術を駆使した半導体実装用接着シートを開発

[スポンサーリンク]

東レ株式会社(本社:東京都中央区、社長:榊原定征、以下「東レ」)は、この度、独自のナノ構造制御技術を駆使して、シリコンウェハー上にラミネートした後、未硬化のままウェハーと一括でダイシング(1)が可能なエポキシ系半導体実装用接着剤を開発し、これを用いたフリップチップ接続(2)用WL-NCF(3)(Wafer Level Non-conductive Film)の技術確立に成功しました。本技術により、LSI(4)実装面積の極小化(5)と工程簡略化(6)が実現でき、薄型ディスプレイの小型化や生産性向上などへの対応が期待されます。今後、半導体メーカーとの共同開発を進めることで1~2年後には世界初の実用化を目指してまいります。なお、本開発品は本年12月6~8日に幕張メッセで開催される「セミコン・ジャパン2006」に出展する予定です。(引用:日経プレスリリース)

 

関連書籍

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 薬の副作用2477症例、HP公開始まる
  2. リチウム金属電池の寿命を短くしている原因を研究者が突き止める
  3. 「科研費の採択を受けていない研究者」へ研究費進呈?
  4. 宝塚市立病院で職員が「シックハウス症候群」に…労基署が排気設備が…
  5. 実現思いワクワク 夢語る日本の化学者
  6. カフェインの覚醒効果を分子レベルで立証
  7. 科学的発見を加速する新研究ツール「SciFinder n」を発表…
  8. 「アジア発メジャー」狙う大陽日酸、欧州市場に参入

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 位置選択的C-H酸化による1,3-ジオールの合成
  2. 博士課程の夢:また私はなぜ心配するのを止めて進学を選んだか
  3. 脱法ドラッグ、薬物3成分を初指定 東京都
  4. ピナー ピリミジン合成 Pinner Pyrimidine Synthesis
  5. キレトロピー反応 Cheletropic Reaction
  6. 史跡 土肥金山
  7. ルーシェ還元 Luche Reduction
  8. 生物発光のスイッチ制御でイメージング
  9. 「社会との関係を見直せ」とはどういうことか
  10. 三井化学、機能性ポリマーのウェブサイト始動

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

炭素置換Alアニオンの合成と性質の解明

第249回のスポットライトリサーチは、名古屋大学大学院工学研究科(山下研究室)・車田 怜史 さんにお…

第59回―「機能性有機ナノチューブの製造」清水敏美 教授

第59回の海外化学者インタビューは日本から、清水敏美 教授です。独立行政法人産業技術総合研究所(AI…

高分子鎖デザインがもたらすポリマーサイエンスの再創造 進化する高分子材料 表面・界面制御アドバンスト コース

詳細・お申込みはこちら日時2020年 4月16日(木)、17日(金)全日程2日間  …

光で水素を放出する、軽量な水素キャリア材料の開発

第248回のスポットライトリサーチは、東京工業大学物質理工学院(宮内研究室)・河村 玲哉さんにお願い…

大幸薬品、「クレベリン」の航空輸送で注意喚起 搭載禁止物質や危険物に該当?

大幸薬品は、同社が展開する「クレベリンシリーズ」の航空輸送について、注意喚起を行っている。  (引用…

第58回―「集積構造体を生み出すポリマー合成」Barney Grubbs教授

第58回の海外化学者インタビューは、バーニー・グラブス教授です。ダートマス大学化学科に所属(訳注:現…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP