[スポンサーリンク]


2022年 7月 08日

  1. 新生HGS分子構造模型を試してみた

    先日速報にて、製造業者の廃業によって幻となった、分子模型モデルの復活をお知らせしました。記事:【速報】HGS 分子構造模型「 立体化学 学生用セット」販売再開!新たに販売のみならず制作を担うようになった丸善さん。今回、その丸善の担当…

  2. スチレンにCoのHATをかぶせれば、インドールを不斉アルキル化

    コバルト触媒とスチレンを用いたインドールの不斉アルキル化が開発された。系中で生じるCo(III)–H…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ダニエル レオノリ Daniele Leonori
  2. グリーンイノベーション基金事業でCO2などの燃料化と利用を推進―合成燃料や持続可能な航空燃料などの技術開発に着手―
  3. 第167回―「バイオ原料の活用を目指した重合法の開発」John Spevacek博士
  4. 第43回ケムステVシンポ「光化学最前線2024」を開催します!
  5. 染色なしで細胞を観察 阪大ベンチャーが新顕微鏡開発
  6. 嗚呼、美しい高分子の世界
  7. ダウ・ケミカル化学プラントで爆発死亡事故(米・マサチューセッツ)

注目情報

最新記事

“逆転の発想”で世界最高のプロトン伝導度を示す新物質を発見

第594回のスポットライトリサーチは、東京工業大学 理学院 化学系 八島研究室の齊藤 馨(さいとう …

第17回日本化学連合シンポジウム「防災と化学」

開催趣旨能登半島地震で罹災された方々に、心からお見舞い申し上げます。自然災害、疾病、火災、事…

溶液中での安定性と反応性を両立した金ナノ粒子触媒の開発

第593回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院工学系研究科(山口研究室)博士後期課程3年の夏 …

DeuNet (重水素化ネットワーク)

Deunet とは?重水素化ネットワーク (The Duteration Network, De…

マテリアルズ・インフォマティクスにおける分子生成の応用 ー新しい天然有機化合物の生成を目指すー

開催日 2024/2/21 申し込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

PAGE TOP