[スポンサーリンク]

化学者のつぶやき

スチレンにCoのHATをかぶせれば、インドールを不斉アルキル化

[スポンサーリンク]

コバルト触媒とスチレンを用いたインドールの不斉アルキル化が開発された。系中で生じるCo(III)–H種とアルケンの水素移動(HAT)反応と続く一電子酸化によりキラルなアルキルコバルト(IV)の形成が本反応の鍵である。

スチレンを用いたインドールの不斉アルキル化

アルキルインドールは天然物、医農薬分子などに多く存在する重要な骨格であり、その不斉合成法の開発が多く研究されている[1]。不飽和カルボニルなどの電子求引基をもつアルケンを用いるインドールの不斉アルキル化の例は多い。これら以外のアルケンに対する手法としては、キラルな酸触媒や遷移金属触媒を用いる分子内不斉アルキル化が近年多く知られる(図1A)[2]。それに対し、アルケンとインドールの分子間不斉アルキル化はアルケンまたはインドール上に配向基(DG)をもたせる必要がある(図1B)[3]。配向基をもたないアルケンやインドールを用いる分子間不斉アルキル化反応はほとんど例がないのが現状である[4]

一方、遷移金属ヒドリド触媒を用いたアルケンのヒドロ官能基化反応が最近数多く報告された[5]。本手法を用いるアルキルインドールの合成が一例知られる。BuchwaldらはCu–H触媒系により、スチレンを用いてN-ベンゾイルオキシルインドールの不斉アルキル化を報告した(図1C)[6]。銅ヒドリド種とスチレンから生じるアルキル銅種が、求電子的なN-ベンゾイルオキシルインドールと反応してアルキルインドールが得られる 。

今回、Zhang教授らはキラルなコバルトヒドリド(Co–H)触媒とスチレン類を用いて、インドールの分子間不斉アルキル化を開発した(図1D)。Co(III)–HとスチレンとのHAT反応で生成したアルキルコバルト(III)を一電子酸化し、アルキルコバルト(IV)種を発生させることで、インドールとの芳香族求電子置換反応が可能となったことが鍵である。

図1. [A] フリーデル・クラフツ型アルキル化 [B] 配向基を利用したC–Hアルキル化 [C] MH触媒によるヒドロ炭素官能基化 [D] 本研究

“Cobalt-Catalyzed Asymmetric Alkylation of (Hetero)Arenes with Styrenes”

Qin, T.; Lv, G.; Miao, H.; Guan, M.; Xu, C.; Zhang, G.; Xiong, T.; Zhang, Q.

Angew. Chem., Int. Ed. 2022,  61, e202201967. DOI: 10.1002/anie.202201967

論文著者の紹介

研究者:Qian Zhang (张 前)(研究室HP)

研究者の経歴:

1993 BSc., Northeast Normal University, China
1996 M.S., Northeast Normal University, China (Prof. Q. Liu)
1996–1999 Assistant Professor, Organic Chemistry Committee of Jilin Province Chemical Society, China
2003 Ph.D., Changchun Institute of Applied Chemistry, China (Prof. L.-X. Wang)
2004.2–2004.7 Visiting Scholar, Sydney University, Australia
2004 Associate Professor, Northeast Normal University, China
2008 Professor, Northeast Normal University, China

研究内容:新規C–N結合形成反応の開発、安価な遷移金属触媒によるクロスカップリング反応の開発

研究者:Ge Zhang (张 鸽)(研究室HP)

研究者の経歴:

2008–2012 BSc., Yanbian University, China
2017 Ph.D., Northeast Normal University, China (Prof. Q. Zhang)
2017–2020 Postdoc, Northeast Normal University, China (Prof. Q. Zhang)
2020 Assistant Professor, Northeast Normal University, China
2022 Associate Professor, Northeast Normal University, China

研究内容:遷移金属触媒を用いたアルケンの不斉ヒドロ官能基化反応の開発

論文の概要

著者らはキラルなコバルト触媒存在下、ペルオキシ安息香酸tert-ブチル(TBPB)とジメチルフェニルシランを用いて、スチレン1と1-メチルインドール(2a)を–20 °Cで反応させることで、アルキルインドール3が高エナンチオ選択的に得られることを見いだした(図2A)。メチル基、フェニル基、フルオロ基などをもつスチレンを用いても、良い収率かつエナンチオ選択性で対応するアルキルインドールを与えた(3a3c)。アルケン上にアルキル置換基をもつスチレンを用いても反応が進行し、3d3eが得られた。ブロモ、アルデヒド、ボロン酸エステルなどの高反応性官能基をもつインドール類も反応に適用できた(図2B, 3f3h)。なお、インドールの代わりに電子豊富なフェノール類を用いても反応が進行した(3i)。

反応機構に関する知見を得るべく著者らは、本反応条件にラジカル捕捉剤(TEMPO)を添加し、4-メチルスチレン(1a)と2aを反応させた。その結果、アルキルインドール3aは痕跡量しか生成せず、TEMPO付加体4が収率16%で得られた(図2C)。本結果から反応中間体にアルキルラジカルが生じることが示唆される。本結果とその他の機構解明研究の結果(本文とSI参照)に基づき、著者らは次のような反応機構を提唱した(図2D)。まず、コバルト(II)触媒がTBPBで酸化され、コバルト(III)種ABが生成する。錯体Aがシランと反応してコバルトヒドリド種Co(III)–Hを生じ、これが1とのHAT反応を介してアルキルラジカルCとなる。アルキルラジカルがコバルト(II)錯体と再結合してキラルなアルキルコバルト(III)Dを生成する。Dが錯体Bによって一電子酸化され、カチオン性アルキルコバルト(IV)Eとなる。このEが求電子的アルキル化剤として機能し、インドール2が芳香族求電子置換反応することで生成物3を与えるとともにコバルト触媒(II)が再生する。

図2. (A) スチレンの適用範囲 (B) インドール誘導体とその他のアレーンの適用範囲 (C) ラジカル捕捉実験 (D) 推定反応機構

 

以上、コバルトヒドリド触媒を用いてスチレンにHATをかぶせることでインドール類のエナンチオ選択的アルキル化が開発された。本反応は、Co–H触媒と炭素求核剤を用いるスチレンの不斉ヒドロ炭素官能基化の初めての例である。今後、他の求核剤を用いる類似反応への展開が期待できる。

参考文献

  1. Somei, M.; Yamada, F. Simple Indole Alkaloids and Those with a Non-Rearranged Monoterpenoid Unit. Nat. Prod. Rep. 2005, 22, 73–103. DOI: 10.1039/B316241A
  2. (a) Zhang, P.; Tsuji, N.; Ouyang, J.; List, B. Strong and Confined Acids Catalyze Asymmetric Intramolecular Hydroarylations of Unactivated Olefins with Indoles. J. Am. Chem. Soc. 2021, 143, 675–680. DOI: 10.1021/jacs.0c12042 (b) Chianese, A. R.; Lee, S. J.; Gagné, M. R. Electrophilic Activation of Alkenes by Platinum(II): So Much More Than a Slow Version of Palladium(II). Angew. Chem., Int. Ed. 2007, 46, 4042–4059. DOI: 10.1002/anie.200603954 (c) Liu, C.; Widenhoefer, R. A. Gold(I)-Catalyzed Intramolecular Enantioselective Hydroarylation of Allenes with Indoles. Org. Lett. 2007, 9, 1935–1938. DOI: 10.1021/ol070483c (d) Bandini, M.; Eichholzer, A. Enantioselective Gold-Catalyzed Allylic Alkylation of Indoles with Alcohols: An Efficient Route to Functionalized Tetrahydrocarbazoles. Angew. Chem., Int. Ed. 2009, 48, 9533–9537. DOI: 10.1002/anie.200904388 (e) Huang, H.; Peters, R. A. A Highly Strained Planar-Chiral Platinacycle for Catalytic Activation of Internal Olefins in the Friedel–Crafts Alkylation of Indoles. Angew. Chem., Int. Ed. 2009, 48, 604–606. DOI: 10.1002/anie.200804944.
  3. (a) Wang, H.; Bai, Z.; Jiao, T.; Deng, Z.; Tong, H.; He, G.; Peng, Q.; Chen, G. Palladium-Catalyzed Amide-Directed Enantioselective Hydrocarbofunctionalization of Unactivated Alkenes Using a Chiral Monodentate Oxazoline Ligand. J. Am. Chem. Soc. 2018, 140, 3542–3546. DOI: 10.1021/jacs.8b00641 (b) Zhang, C.; Santiago, C. B.; Crawford, J. M.; Sigman, M. S. Enantioselective Dehydrogenative Heck Arylations of Trisubstituted Alkenes with Indoles to Construct Quaternary Stereocenters. J. Am. Chem. Soc. 2015, 137, 15668–15671. DOI: 10.1021/jacs.5b11335 (c) Liu, Y.-H.; Xie, P.-P.; Liu, L.; Fan, J.; Zhang, Z.-Z.; Hong, X.; Shi, B.-F. Cp*Co(III)-Catalyzed Enantioselective Hydroarylation of Unactivated Terminal Alkenes via C–H Activation. J. Am. Chem. Soc. 2021, 143, 19112–19120. DOI: 10.1021/jacs.1c08562 (d) Loup, J.; Zell, D.; Oliveira, J. C. A.; Keil, H.; Stalke, D.; Ackermann, L. Asymmetric Iron-Catalyzed C−H Alkylation Enabled by Remote Ligand Meta-Substitution. Angew. Chem., Int. Ed. 2017, 56, 14197–14201. DOI: 10.1002/anie.201709075 (e) Loup, J.; Mller, V.; Ghorai, D.; Ackermann, L. Enantioselective Aluminum-Free Alkene Hydroarylations through C−H Activation by a Chiral Nickel/JoSPOphos Manifold. Angew. Chem., Int. Ed. 2019, 58, 1749–1753. DOI: 10.1002/anie.201813191
  4. Sevov, C. S.; Hartwig, J. F. Iridium-Catalyzed Intermolecular Asymmetric Hydroheteroarylation of Bicycloalkenes. J. Am. Chem. Soc. 2013, 135, 2116–2119. DOI: 10.1021/ja312360c
  5. (a) Cuesta-Galisteo, S.; Schörgenhumer, J.; Wei, X.; Merino, E.; Nevado, C. Nickel-Catalyzed Asymmetric Synthesis of α-Arylbenzamides. Angew. Chem., Int. Ed. 2021, 60, 1605–1609. DOI: 10.1002/anie.202011342 (b) He, Y.; Song, H.; Chen, J.; Zhu, S. NiH-Catalyzed Asymmetric Hydroarylation of N-Acyl Enamines to Chiral Benzylamines. Nat. Commun. 2012, 12, 638. DOI: 10.1038/s41467-020-20888-5 (c) Green, S. A.; Matos, J. L. M.; Yagi, A.; Shenvi, R. A. Branch-Selective Hydroarylation: Iodoarene–Olefin Cross-Coupling. J. Am. Chem. Soc. 2016, 138, 12779–12782. DOI: 10.1021/jacs.6b08507
  6. Ye, Y.; Kim, S.-T.; Jeong, J.; Baik, M.-H.; Buchwald, S. L. CuH-Catalyzed Enantioselective Alkylation of Indole Derivatives with Ligand-Controlled Regiodivergence. J. Am. Chem. Soc. 2019, 141, 3901–3909. DOI: 10.1021/jacs.8b11838

山口 研究室

投稿者の記事一覧

早稲田大学山口研究室の抄録会からピックアップした研究紹介記事。

関連記事

  1. 【読者特典】第92回日本化学会付設展示会を楽しもう!PartII…
  2. 信じられない!驚愕の天然物たち
  3. 2010年イグノーベル賞決定!
  4. 未来社会創造事業
  5. NMR化学シフト予測機能も!化学徒の便利モバイルアプリ
  6. マイルの寄付:東北地方太平洋沖地震
  7. 新規色素設計指針を開発 -世界最高の太陽光エネルギー変換効率の実…
  8. 留学せずに英語をマスターできるかやってみた(6年目)(留学後編)…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. サントリー白州蒸溜所
  2. 銅触媒によるアニリン類からの直接的芳香族アゾ化合物生成反応
  3. 「魔法の水でゴミの山から“お宝”抽出」
  4. 活性マグネシウム
  5. 有機合成の落とし穴
  6. 59年前製造の『ヒロポン』陳列
  7. アニリン類のC–N結合に不斉炭素を挿入する
  8. 死海付近で臭素が漏洩
  9. 第112回―「生体分子センサー・ドラッグデリバリーシステムの開発」Shana Kelley教授
  10. ルステム・イズマジロフ Rustem F. Ismagilov

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2022年7月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

注目情報

注目情報

最新記事

第173回―「新たな蛍光色素が実現する生細胞イメージングと治療法」Marina Kuimova准教授

第173回の海外化学者インタビューは、マリナ・クイモヴァ准教授です。インペリアル・カレッジ・ロンドン…

Biotage Selekt のバリュープライス版 Enkel を試してみた

Biotage の新型自動フラッシュクロマトシステム Selekt のバリュープライ…

【9月開催】第1回 マツモトファインケミカル技術セミナー 有機チタン、ジルコニウムが使用されている世界は?-オルガチックスの用途例紹介-

■セミナー概要当社ではチタン、ジルコニウム、アルミニウム、ケイ素等の有機金属化合物を“オルガチッ…

超分子ランダム共重合を利用して、二つの”かたち”が調和されたような超分子コポリマーを造り、さらに光反応を利用して別々の”かたち”に分ける

第407回のスポットライトリサーチは、千葉大学大学院 融合理工学府 先進理化学専攻 共生応用化学コー…

セレンディピティ:思いがけない発見・発明のドラマ

hodaです。今回は1993年に刊行され、2022年7月に文庫化された書籍について書いていき…

第29回 ケムステVシンポ「論文を書こう!そして…」を開催します

コロナ禍による規制も少しずつ緩和されてきて、逆にオンライン会議が逆に少し恋しくなっている今日この頃か…

マテリアルズ・インフォマティクス活用検討・テーマ発掘の進め方 -社内促進でつまずやすいポイントや解決策を解説-

開催日:2022/08/24 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

高分子固体電解質をAIで自動設計

第406回のスポットライトリサーチは、早稲田大学 先進理工学部 応用化学科 小柳津・須賀研究室の畠山…

スクショの友 Snagit

スクリーンショット(スクショ)は、手軽に画像や図をコピーすることができ、資料作成などにおいて便利な機…

第28回Vシンポ「電子顕微鏡で分子を見る!」を開催します!

こんにちは、今回第28回Vシンポの運営&司会を務めさせていただくMacyです、よろしくお願い…

Chem-Station Twitter

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP